満天星国

「キャプテンタルク」(TV番組)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 「キャプテンタルク」(TV番組) RD:40 評価値:9
    • 部品: 概要
    • 部品: STORY
    • 大部品: CHARACTER RD:3 評価値:2
      • 部品: タルク
      • 部品: グランパ
      • 部品: キンスキン・キンニール
    • 大部品: あらすじ RD:9 評価値:5
      • 部品: 第1話「故郷は果て無き空の彼方」
      • 部品: 第2話「其の船の名は」
      • 部品: 第3話「銀色、涙、居住区にて」
      • 部品: 第4話「道は閉ざされ」
      • 部品: 第5話「されど心は折れず」
      • 部品: 第6話「ひとまずの区切り」
      • 部品: 第7話「The Viper and Spiders」
      • 部品: 第8話「病室にて」
      • 部品: 第9話「“故郷”へ再び」
    • 大部品: アニメ制作体制 RD:26 評価値:8
      • 部品: アニメーション監督
      • 部品: シリーズ構成
      • 部品: 脚本
      • 部品: 絵コンテ
      • 部品: 演出
      • 部品: キャラクターデザイン
      • 部品: 作画監督
      • 部品: 原画マン
      • 部品: 動画マン
      • 部品: 動画検査
      • 部品: 美術監督
      • 部品: 背景
      • 部品: 色彩設計
      • 部品: 仕上げ
      • 部品: 3D監督
      • 部品: 3Dアニメーター
      • 部品: 撮影監督
      • 部品: 特殊効果
      • 部品: 編集
      • 部品: 音響監督
      • 部品: 音響効果
      • 部品: 音楽
      • 部品: 声優
      • 部品: 制作デスク
      • 部品: 設定制作
      • 部品: 制作進行



部品定義


部品: 概要

「キャプテンタルク」とは、満天星国に住む青年タルクがグランパという名のBALLS(絢爛世界出身のロボット)と共に宇宙を目指す冒険の旅を描いたアニメーション作品である。

部品: STORY

タルクは満天星国に住む青年(隠居したメード)である。ある日、彼はとあるきっかけからグランパという名のBALLS(絢爛世界のロボット)と出会い、グランパと共に太陽系の果てを目指す旅に出ることになった。グランパの旅の目的とは。そして彼らを待ち受けるものは何か。

部品: タルク

満天星国(旧ビギナーズ王国)に住む青年。かつてメードガイとして任務に付いていたが、隠居して静かに暮らしていた。宇宙にあこがれを持つ。

部品: グランパ

絢爛世界発祥の球形ロボットであるBALLSの中で最も旧式な第一世代型BALLS。最初期に製造された12機のうちの1機であり、性能は最弱だが200年に及ぶ膨大な戦闘経験とこれまで共に歩んだ人間達の思い出でこれをカバーする。どの機械よりも気合と根性と忠誠に満ち溢れ、全てのBALLSから<BALLSの神様>と尊敬される存在。それがグランパである。身長60cm、体重50kgと最新世代のBALLSより一回り大きい。

部品: キンスキン・キンニール

キャプテン・タルクとグランパがミアキスの中で出会った銀髪の少女。詩歌藩国の出身。少し甲高い声が特徴。宇宙へ来るのはこれが初めてだった。

部品: 第1話「故郷は果て無き空の彼方」

何やら宇宙に燃料があるらしいと、小耳に挟んだタルク。これを口実に、かねてから一度会ってみたかったグランパに会いに行くことに。宰相府の桜舞う春の園でのんびり話をして終わるはずが……?


部品: 第2話「其の船の名は」

グランパの導きにより、宇宙へ旅立つことになったキャプテン・タルクはFVBを訪れる。明かされる旅の終着点、そしてその目的。果たして、グランパの言う“世界最速の船”とは?

部品: 第3話「銀色、涙、居住区にて」

出港してはや七日、重力から解き放たれた世界にもようやく慣れたキャプテン・タルクは、ミアキスの船内を見学する事に。そんな中、彼は自分と同じ銀色の髪の少女と出会う。だが、その時……。

部品: 第4話「道は閉ざされ」

突然ミアキスを襲った爆発によりキンキンが船の外へ吸い出されそうになってしまう。ぎりぎりの所で救出には成功したものの、ミアキスには戻れずそのまま救命ポッドに乗り込み脱出することに。痛みに苦しむキンキンを前に、自らの無力を噛み締めるキャプテン・タルク。窓には何者かのレーザー攻撃により爆発、四散するミアキスの姿が映っていた……。

部品: 第5話「されど心は折れず」

救命ポッドが破壊され、虚空に投げ出されるキャプテン・タルクとキンキン。グランパの助力により残存するミアキスへ避難するもののすでに酸素は無く、辛くも別の救命ポッドへ転がり込んだのであった。依然として意識の戻らないキンキンの看病を続けながら、キャプテン・タルクは自分の見た大型I=Dについてグランパに伝える。しかし、グランパは該当する電子的データは無いと告げたのだった。

部品: 第6話「ひとまずの区切り」

大型I=Dの情報を伝えるため、何よりもキンキンを生きてteraに連れて帰るため、teraに戻る方法を模索する一人と一機。大型I=Dのレーザー発射が刻一刻と迫る中、彼らの取った行動とは?そして破壊をまぬがれたミアキスのクルーが取った行動とは……?

部品: 第7話「The Viper and Spiders」

入院しているキンキンの治療のため、医師のアポロさんの協力を得て詩歌藩国を訪れたキャプテン・タルク達。だが、彼らの行く手に待ち受けていたのは巨大な蜘蛛の大群だった。ウイングバイパーの力を借りて人々の避難を行うキャプテン達。避難は果たして間に合うのか、そして治療は出来るのか。

部品: 第8話「病室にて」

アポロさんによるキンキンの治療は無事成功した。キャプテン・タルクとグランパは彼女の病室を訪れる。キンキンが語る、彼女があの船に乗り合わせていた理由とは。

部品: 第9話「“故郷”へ再び」

一連の騒動がようやく落ち着き、グランパと共に故郷である満天星国を散歩するキャプテン・タルク。平和を享受する人々の姿に決意を新たにした彼はグランパにある話を持ち掛けるのだった。

部品: アニメーション監督

アニメーション監督は、アニメ作品の内容に関するすべてについての責任者である。作品の完成形についてのグランドデザインを描き、各セクションへ指示を出し、世界観や演技・演出のイメージを共有する。また、制作の実作業に入る以前の企画段階からプロジェクトに参加するケースもある。

部品: シリーズ構成

シリーズ構成は、複数の脚本家が作品に参加する場合、そのシリーズ全体の脚本を統括する役職である。原作が既存の作品の場合は、そこからどのエピソードを採用するかといった基礎設計も行う。

部品: 脚本

脚本は、キャラクターのセリフと行動、シチュエーションを文章で表したものであり、物語の設計図としての役割を持つ。また、その作成を行う脚本家を「脚本」としてクレジットする。

部品: 絵コンテ

絵コンテは、脚本をもとに、カット割りのタイミング、レイアウト、セリフやカメラワークなどをイラストと文字で表したものであり、その作成者が「絵コンテ」としてクレジットされる。

部品: 演出

演出は、絵コンテの内容を各セクションにより具体的な演技や映像イメージとして指示し、実際の映像に落とし込むセクションである。また、作成された成果物のチェックも行う。

部品: キャラクターデザイン

キャラクターデザインは、個々のアニメーターがキャラクターを描く際にもととする基礎的な設計を作成する役職である。大勢のスタッフが参加するアニメーションの性質上、キャラクターはアニメーターにとって把握しやすく動かしやすい絵柄、フォルムにデザインされる。

部品: 作画監督

作画監督は、担当する話数の作画に関する要素についての責任者である。作成されたレイアウトや原画をチェックし、クオリティや絵柄の統一、演技の修正を行う。

部品: 原画マン

原画は、アニメの動きの節目となるポイントを描いた絵素材である。また、セクションを担当するスタッフを原画マンと呼ぶ。多くの場合、動画マンとして経験を積み実力を身に付けたものが原画マンに昇格する。

部品: 動画マン

動画は、原画のクリンナップを行い、さらに原画と原画の間に動きを足して(中割り)、最終的な動画を作成するセクションであり、担当するスタッフを動画マンと呼ぶ。アニメ作品を作るにあたっては大勢の動画マンの作業が必要となる。

部品: 動画検査

動画検査は、動画スタッフが作成した動画が指示通りに作業されているか、ミスがないかをチェックするセクションである。動画に不十分な点があればリテイクの指示をしたり、場合によっては自ら修正したりする。

部品: 美術監督

美術監督は、作品の背景美術に関する要素についての責任者である。作品の世界観やリアリティに合わせて美術設定を行い、それをもとに美術ボードを描いて、その後の個々の背景作業の指針を定める。

部品: 背景

背景は、カットごとの背景美術を描くセクションである。背景は大人数での作業となるため、指針となる美術ボードが美術監督などによってあらかじめ描かれ、それをもとに描かれることが多い。

部品: 色彩設計

色彩設計は、キャラクターや小物の基本となる大元の色と、昼や夜といったシーンにあわせた色のバリエーションを作成するセクションである。

部品: 仕上げ

仕上げは、キャラクターや小物の線画に、色指定が決めた色に合わせて着彩するセクションである。デジタル環境ではデータ上での作業となるが、デジタル環境に移行する前はセルに絵の具で色を塗っていた。

部品: 3D監督

3D監督は、作品に用いられる3DCGに関する要素の責任者である。3DCGにアニメーターが作成した素材のチェックや管理、スケジュールの管理などを行う。

部品: 3Dアニメーター

アニメ作品で用いられる3DCGに携わる技術者の形態は様々であるが、ここでは3DCGモデルの作成やそのモーションの作成を行うセクションを広い意味で3DCGアニメーターと呼ぶ。また、レイアウトの作成から特殊効果までの広い範囲を受け持つケースもある。

部品: 撮影監督

撮影とは、キャラクターなどのセルと背景といった素材を合成し、様々な特殊効果を加えて映像化するセクションであり、撮影監督はその責任者である。デジタル環境ではソフトウェア上で作業を行うが、デジタル環境に移行する前は実際にカメラで撮影を行っていた。

部品: 特殊効果

特殊効果は、セルと背景を合成した映像に、ソフトウェア上での処理もしくは光学的な技法を用いて効果を加えるセクションである。効果には、光や水といった自然環境の様子を再現するものや、爆発やレーザー光線などの表現、またはカメラによる撮影時のレンズ効果を再現するものなど、多様な種類がある。

部品: 編集

編集は、カットごとに撮影された映像を、尺を調整しながらつなぎ合わせるセクション。より演出意図に沿った映像になるよう、尺を削ったり伸ばしたり、カットを入れ替えたりといった作業も行う。

部品: 音響監督

音響監督は、作品の音響に関わる要素についての責任者である。声優のキャスティング、アフレコ時の演技指導、劇伴作曲家への発注、映像へつけるBGMや効果音のチョイスなどを行う。

部品: 音響効果

音響効果は、映像にあわせて効果音をつけていくセクションである。効果音はサウンドエフェクトとも言い、環境音(足音や木々の葉擦れなど)や心情音(登場人物の心象を象徴させる音)などがある。

部品: 音楽

「音楽」とクレジットされるのは、劇中で流れる音楽、いわゆる劇伴の作曲家である。音響監督や監督から伝えられたイメージや想定使用場面に応じて、様々なBGM、時には歌ものの作曲を行う。

部品: 声優

声優は、声による演技を行う俳優であり、アニメーションにおいてはキャラクターのセリフの吹き込みや吹き替えを行う。

部品: 制作デスク

制作デスクは、各話を担当する制作進行をまとめて、全話数のスケジュール管理を行う役職である。また、監督も出席するような大きな打ち合わせの管理も行うなど、作品全体を把握しながら中間管理職として現場を監督するポジションである。

部品: 設定制作

設定制作は、作品に使用されるキャラクターやメカ、小物などに関する設定についての設定の発注や管理を行う役職である。また、設定制作に必要な資料を集めたり、表現に誤りがないかのチェックを行うこともある。

部品: 制作進行

制作進行は、コンテの完成から納品までの制作工程全体を管理するセクションである。原則として1話ごとに一人の制作進行が配され、進捗や素材の管理やスタッフの手配など、担当話に関する諸々の業務に関わる。



提出書式


 大部品: 「キャプテンタルク」(TV番組) RD:40 評価値:9
 -部品: 概要
 -部品: STORY
 -大部品: CHARACTER RD:3 評価値:2
 --部品: タルク
 --部品: グランパ
 --部品: キンスキン・キンニール
 -大部品: あらすじ RD:9 評価値:5
 --部品: 第1話「故郷は果て無き空の彼方」
 --部品: 第2話「其の船の名は」
 --部品: 第3話「銀色、涙、居住区にて」
 --部品: 第4話「道は閉ざされ」
 --部品: 第5話「されど心は折れず」
 --部品: 第6話「ひとまずの区切り」
 --部品: 第7話「The Viper and Spiders」
 --部品: 第8話「病室にて」
 --部品: 第9話「“故郷”へ再び」
 -大部品: アニメ制作体制 RD:26 評価値:8
 --部品: アニメーション監督
 --部品: シリーズ構成
 --部品: 脚本
 --部品: 絵コンテ
 --部品: 演出
 --部品: キャラクターデザイン
 --部品: 作画監督
 --部品: 原画マン
 --部品: 動画マン
 --部品: 動画検査
 --部品: 美術監督
 --部品: 背景
 --部品: 色彩設計
 --部品: 仕上げ
 --部品: 3D監督
 --部品: 3Dアニメーター
 --部品: 撮影監督
 --部品: 特殊効果
 --部品: 編集
 --部品: 音響監督
 --部品: 音響効果
 --部品: 音楽
 --部品: 声優
 --部品: 制作デスク
 --部品: 設定制作
 --部品: 制作進行
 
 
 部品: 概要
 「キャプテンタルク」とは、満天星国に住む青年タルクがグランパという名のBALLS(絢爛世界出身のロボット)と共に宇宙を目指す冒険の旅を描いたアニメーション作品である。
 
 部品: STORY
 タルクは満天星国に住む青年(隠居したメード)である。ある日、彼はとあるきっかけからグランパという名のBALLS(絢爛世界のロボット)と出会い、グランパと共に太陽系の果てを目指す旅に出ることになった。グランパの旅の目的とは。そして彼らを待ち受けるものは何か。
 
 部品: タルク
 満天星国(旧ビギナーズ王国)に住む青年。かつてメードガイとして任務に付いていたが、隠居して静かに暮らしていた。宇宙にあこがれを持つ。
 
 部品: グランパ
 絢爛世界発祥の球形ロボットであるBALLSの中で最も旧式な第一世代型BALLS。最初期に製造された12機のうちの1機であり、性能は最弱だが200年に及ぶ膨大な戦闘経験とこれまで共に歩んだ人間達の思い出でこれをカバーする。どの機械よりも気合と根性と忠誠に満ち溢れ、全てのBALLSから<BALLSの神様>と尊敬される存在。それがグランパである。身長60cm、体重50kgと最新世代のBALLSより一回り大きい。
 
 部品: キンスキン・キンニール
 キャプテン・タルクとグランパがミアキスの中で出会った銀髪の少女。詩歌藩国の出身。少し甲高い声が特徴。宇宙へ来るのはこれが初めてだった。
 
 部品: 第1話「故郷は果て無き空の彼方」
 何やら宇宙に燃料があるらしいと、小耳に挟んだタルク。これを口実に、かねてから一度会ってみたかったグランパに会いに行くことに。宰相府の桜舞う春の園でのんびり話をして終わるはずが……?
 
 
 部品: 第2話「其の船の名は」
 グランパの導きにより、宇宙へ旅立つことになったキャプテン・タルクはFVBを訪れる。明かされる旅の終着点、そしてその目的。果たして、グランパの言う“世界最速の船”とは?
 
 部品: 第3話「銀色、涙、居住区にて」
 出港してはや七日、重力から解き放たれた世界にもようやく慣れたキャプテン・タルクは、ミアキスの船内を見学する事に。そんな中、彼は自分と同じ銀色の髪の少女と出会う。だが、その時……。
 
 部品: 第4話「道は閉ざされ」
 突然ミアキスを襲った爆発によりキンキンが船の外へ吸い出されそうになってしまう。ぎりぎりの所で救出には成功したものの、ミアキスには戻れずそのまま救命ポッドに乗り込み脱出することに。痛みに苦しむキンキンを前に、自らの無力を噛み締めるキャプテン・タルク。窓には何者かのレーザー攻撃により爆発、四散するミアキスの姿が映っていた……。
 
 部品: 第5話「されど心は折れず」
 救命ポッドが破壊され、虚空に投げ出されるキャプテン・タルクとキンキン。グランパの助力により残存するミアキスへ避難するもののすでに酸素は無く、辛くも別の救命ポッドへ転がり込んだのであった。依然として意識の戻らないキンキンの看病を続けながら、キャプテン・タルクは自分の見た大型I=Dについてグランパに伝える。しかし、グランパは該当する電子的データは無いと告げたのだった。
 
 部品: 第6話「ひとまずの区切り」
 大型I=Dの情報を伝えるため、何よりもキンキンを生きてteraに連れて帰るため、teraに戻る方法を模索する一人と一機。大型I=Dのレーザー発射が刻一刻と迫る中、彼らの取った行動とは?そして破壊をまぬがれたミアキスのクルーが取った行動とは……?
 
 部品: 第7話「The Viper and Spiders」
 入院しているキンキンの治療のため、医師のアポロさんの協力を得て詩歌藩国を訪れたキャプテン・タルク達。だが、彼らの行く手に待ち受けていたのは巨大な蜘蛛の大群だった。ウイングバイパーの力を借りて人々の避難を行うキャプテン達。避難は果たして間に合うのか、そして治療は出来るのか。
 
 部品: 第8話「病室にて」
 アポロさんによるキンキンの治療は無事成功した。キャプテン・タルクとグランパは彼女の病室を訪れる。キンキンが語る、彼女があの船に乗り合わせていた理由とは。
 
 部品: 第9話「“故郷”へ再び」
 一連の騒動がようやく落ち着き、グランパと共に故郷である満天星国を散歩するキャプテン・タルク。平和を享受する人々の姿に決意を新たにした彼はグランパにある話を持ち掛けるのだった。
 
 部品: アニメーション監督
 アニメーション監督は、アニメ作品の内容に関するすべてについての責任者である。作品の完成形についてのグランドデザインを描き、各セクションへ指示を出し、世界観や演技・演出のイメージを共有する。また、制作の実作業に入る以前の企画段階からプロジェクトに参加するケースもある。
 
 部品: シリーズ構成
 シリーズ構成は、複数の脚本家が作品に参加する場合、そのシリーズ全体の脚本を統括する役職である。原作が既存の作品の場合は、そこからどのエピソードを採用するかといった基礎設計も行う。
 
 部品: 脚本
 脚本は、キャラクターのセリフと行動、シチュエーションを文章で表したものであり、物語の設計図としての役割を持つ。また、その作成を行う脚本家を「脚本」としてクレジットする。
 
 部品: 絵コンテ
 絵コンテは、脚本をもとに、カット割りのタイミング、レイアウト、セリフやカメラワークなどをイラストと文字で表したものであり、その作成者が「絵コンテ」としてクレジットされる。
 
 部品: 演出
 演出は、絵コンテの内容を各セクションにより具体的な演技や映像イメージとして指示し、実際の映像に落とし込むセクションである。また、作成された成果物のチェックも行う。
 
 部品: キャラクターデザイン
 キャラクターデザインは、個々のアニメーターがキャラクターを描く際にもととする基礎的な設計を作成する役職である。大勢のスタッフが参加するアニメーションの性質上、キャラクターはアニメーターにとって把握しやすく動かしやすい絵柄、フォルムにデザインされる。
 
 部品: 作画監督
 作画監督は、担当する話数の作画に関する要素についての責任者である。作成されたレイアウトや原画をチェックし、クオリティや絵柄の統一、演技の修正を行う。
 
 部品: 原画マン
 原画は、アニメの動きの節目となるポイントを描いた絵素材である。また、セクションを担当するスタッフを原画マンと呼ぶ。多くの場合、動画マンとして経験を積み実力を身に付けたものが原画マンに昇格する。
 
 部品: 動画マン
 動画は、原画のクリンナップを行い、さらに原画と原画の間に動きを足して(中割り)、最終的な動画を作成するセクションであり、担当するスタッフを動画マンと呼ぶ。アニメ作品を作るにあたっては大勢の動画マンの作業が必要となる。
 
 部品: 動画検査
 動画検査は、動画スタッフが作成した動画が指示通りに作業されているか、ミスがないかをチェックするセクションである。動画に不十分な点があればリテイクの指示をしたり、場合によっては自ら修正したりする。
 
 部品: 美術監督
 美術監督は、作品の背景美術に関する要素についての責任者である。作品の世界観やリアリティに合わせて美術設定を行い、それをもとに美術ボードを描いて、その後の個々の背景作業の指針を定める。
 
 部品: 背景
 背景は、カットごとの背景美術を描くセクションである。背景は大人数での作業となるため、指針となる美術ボードが美術監督などによってあらかじめ描かれ、それをもとに描かれることが多い。
 
 部品: 色彩設計
 色彩設計は、キャラクターや小物の基本となる大元の色と、昼や夜といったシーンにあわせた色のバリエーションを作成するセクションである。
 
 部品: 仕上げ
 仕上げは、キャラクターや小物の線画に、色指定が決めた色に合わせて着彩するセクションである。デジタル環境ではデータ上での作業となるが、デジタル環境に移行する前はセルに絵の具で色を塗っていた。
 
 部品: 3D監督
 3D監督は、作品に用いられる3DCGに関する要素の責任者である。3DCGにアニメーターが作成した素材のチェックや管理、スケジュールの管理などを行う。
 
 部品: 3Dアニメーター
 アニメ作品で用いられる3DCGに携わる技術者の形態は様々であるが、ここでは3DCGモデルの作成やそのモーションの作成を行うセクションを広い意味で3DCGアニメーターと呼ぶ。また、レイアウトの作成から特殊効果までの広い範囲を受け持つケースもある。
 
 部品: 撮影監督
 撮影とは、キャラクターなどのセルと背景といった素材を合成し、様々な特殊効果を加えて映像化するセクションであり、撮影監督はその責任者である。デジタル環境ではソフトウェア上で作業を行うが、デジタル環境に移行する前は実際にカメラで撮影を行っていた。
 
 部品: 特殊効果
 特殊効果は、セルと背景を合成した映像に、ソフトウェア上での処理もしくは光学的な技法を用いて効果を加えるセクションである。効果には、光や水といった自然環境の様子を再現するものや、爆発やレーザー光線などの表現、またはカメラによる撮影時のレンズ効果を再現するものなど、多様な種類がある。
 
 部品: 編集
 編集は、カットごとに撮影された映像を、尺を調整しながらつなぎ合わせるセクション。より演出意図に沿った映像になるよう、尺を削ったり伸ばしたり、カットを入れ替えたりといった作業も行う。
 
 部品: 音響監督
 音響監督は、作品の音響に関わる要素についての責任者である。声優のキャスティング、アフレコ時の演技指導、劇伴作曲家への発注、映像へつけるBGMや効果音のチョイスなどを行う。
 
 部品: 音響効果
 音響効果は、映像にあわせて効果音をつけていくセクションである。効果音はサウンドエフェクトとも言い、環境音(足音や木々の葉擦れなど)や心情音(登場人物の心象を象徴させる音)などがある。
 
 部品: 音楽
 「音楽」とクレジットされるのは、劇中で流れる音楽、いわゆる劇伴の作曲家である。音響監督や監督から伝えられたイメージや想定使用場面に応じて、様々なBGM、時には歌ものの作曲を行う。
 
 部品: 声優
 声優は、声による演技を行う俳優であり、アニメーションにおいてはキャラクターのセリフの吹き込みや吹き替えを行う。
 
 部品: 制作デスク
 制作デスクは、各話を担当する制作進行をまとめて、全話数のスケジュール管理を行う役職である。また、監督も出席するような大きな打ち合わせの管理も行うなど、作品全体を把握しながら中間管理職として現場を監督するポジションである。
 
 部品: 設定制作
 設定制作は、作品に使用されるキャラクターやメカ、小物などに関する設定についての設定の発注や管理を行う役職である。また、設定制作に必要な資料を集めたり、表現に誤りがないかのチェックを行うこともある。
 
 部品: 制作進行
 制作進行は、コンテの完成から納品までの制作工程全体を管理するセクションである。原則として1話ごとに一人の制作進行が配され、進捗や素材の管理やスタッフの手配など、担当話に関する諸々の業務に関わる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "「キャプテンタルク」(TV番組)",
     "description": "Default Root",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "「キャプテンタルク」とは、満天星国に住む青年タルクがグランパという名のBALLS(絢爛世界出身のロボット)と共に宇宙を目指す冒険の旅を描いたアニメーション作品である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "STORY",
         "description": "タルクは満天星国に住む青年(隠居したメード)である。ある日、彼はとあるきっかけからグランパという名のBALLS(絢爛世界のロボット)と出会い、グランパと共に太陽系の果てを目指す旅に出ることになった。グランパの旅の目的とは。そして彼らを待ち受けるものは何か。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "CHARACTER",
         "children": [
           {
             "title": "タルク",
             "description": "満天星国(旧ビギナーズ王国)に住む青年。かつてメードガイとして任務に付いていたが、隠居して静かに暮らしていた。宇宙にあこがれを持つ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "グランパ",
             "description": "絢爛世界発祥の球形ロボットであるBALLSの中で最も旧式な第一世代型BALLS。最初期に製造された12機のうちの1機であり、性能は最弱だが200年に及ぶ膨大な戦闘経験とこれまで共に歩んだ人間達の思い出でこれをカバーする。どの機械よりも気合と根性と忠誠に満ち溢れ、全てのBALLSから<BALLSの神様>と尊敬される存在。それがグランパである。身長60cm、体重50kgと最新世代のBALLSより一回り大きい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "キンスキン・キンニール",
             "description": "キャプテン・タルクとグランパがミアキスの中で出会った銀髪の少女。詩歌藩国の出身。少し甲高い声が特徴。宇宙へ来るのはこれが初めてだった。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "あらすじ",
         "children": [
           {
             "title": "第1話「故郷は果て無き空の彼方」",
             "description": "何やら宇宙に燃料があるらしいと、小耳に挟んだタルク。これを口実に、かねてから一度会ってみたかったグランパに会いに行くことに。宰相府の桜舞う春の園でのんびり話をして終わるはずが……?\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第2話「其の船の名は」",
             "description": "グランパの導きにより、宇宙へ旅立つことになったキャプテン・タルクはFVBを訪れる。明かされる旅の終着点、そしてその目的。果たして、グランパの言う“世界最速の船”とは?",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第3話「銀色、涙、居住区にて」",
             "description": "出港してはや七日、重力から解き放たれた世界にもようやく慣れたキャプテン・タルクは、ミアキスの船内を見学する事に。そんな中、彼は自分と同じ銀色の髪の少女と出会う。だが、その時……。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第4話「道は閉ざされ」",
             "description": "突然ミアキスを襲った爆発によりキンキンが船の外へ吸い出されそうになってしまう。ぎりぎりの所で救出には成功したものの、ミアキスには戻れずそのまま救命ポッドに乗り込み脱出することに。痛みに苦しむキンキンを前に、自らの無力を噛み締めるキャプテン・タルク。窓には何者かのレーザー攻撃により爆発、四散するミアキスの姿が映っていた……。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第5話「されど心は折れず」",
             "description": "救命ポッドが破壊され、虚空に投げ出されるキャプテン・タルクとキンキン。グランパの助力により残存するミアキスへ避難するもののすでに酸素は無く、辛くも別の救命ポッドへ転がり込んだのであった。依然として意識の戻らないキンキンの看病を続けながら、キャプテン・タルクは自分の見た大型I=Dについてグランパに伝える。しかし、グランパは該当する電子的データは無いと告げたのだった。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第6話「ひとまずの区切り」",
             "description": "大型I=Dの情報を伝えるため、何よりもキンキンを生きてteraに連れて帰るため、teraに戻る方法を模索する一人と一機。大型I=Dのレーザー発射が刻一刻と迫る中、彼らの取った行動とは?そして破壊をまぬがれたミアキスのクルーが取った行動とは……?",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第7話「The Viper and Spiders」",
             "description": "入院しているキンキンの治療のため、医師のアポロさんの協力を得て詩歌藩国を訪れたキャプテン・タルク達。だが、彼らの行く手に待ち受けていたのは巨大な蜘蛛の大群だった。ウイングバイパーの力を借りて人々の避難を行うキャプテン達。避難は果たして間に合うのか、そして治療は出来るのか。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第8話「病室にて」",
             "description": "アポロさんによるキンキンの治療は無事成功した。キャプテン・タルクとグランパは彼女の病室を訪れる。キンキンが語る、彼女があの船に乗り合わせていた理由とは。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "第9話「“故郷”へ再び」",
             "description": "一連の騒動がようやく落ち着き、グランパと共に故郷である満天星国を散歩するキャプテン・タルク。平和を享受する人々の姿に決意を新たにした彼はグランパにある話を持ち掛けるのだった。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "アニメ制作体制",
         "children": [
           {
             "title": "アニメーション監督",
             "description": "アニメーション監督は、アニメ作品の内容に関するすべてについての責任者である。作品の完成形についてのグランドデザインを描き、各セクションへ指示を出し、世界観や演技・演出のイメージを共有する。また、制作の実作業に入る以前の企画段階からプロジェクトに参加するケースもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "シリーズ構成",
             "description": "シリーズ構成は、複数の脚本家が作品に参加する場合、そのシリーズ全体の脚本を統括する役職である。原作が既存の作品の場合は、そこからどのエピソードを採用するかといった基礎設計も行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "脚本",
             "description": "脚本は、キャラクターのセリフと行動、シチュエーションを文章で表したものであり、物語の設計図としての役割を持つ。また、その作成を行う脚本家を「脚本」としてクレジットする。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "絵コンテ",
             "description": "絵コンテは、脚本をもとに、カット割りのタイミング、レイアウト、セリフやカメラワークなどをイラストと文字で表したものであり、その作成者が「絵コンテ」としてクレジットされる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "演出",
             "description": "演出は、絵コンテの内容を各セクションにより具体的な演技や映像イメージとして指示し、実際の映像に落とし込むセクションである。また、作成された成果物のチェックも行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "キャラクターデザイン",
             "description": "キャラクターデザインは、個々のアニメーターがキャラクターを描く際にもととする基礎的な設計を作成する役職である。大勢のスタッフが参加するアニメーションの性質上、キャラクターはアニメーターにとって把握しやすく動かしやすい絵柄、フォルムにデザインされる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "作画監督",
             "description": "作画監督は、担当する話数の作画に関する要素についての責任者である。作成されたレイアウトや原画をチェックし、クオリティや絵柄の統一、演技の修正を行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "原画マン",
             "description": "原画は、アニメの動きの節目となるポイントを描いた絵素材である。また、セクションを担当するスタッフを原画マンと呼ぶ。多くの場合、動画マンとして経験を積み実力を身に付けたものが原画マンに昇格する。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "動画マン",
             "description": "動画は、原画のクリンナップを行い、さらに原画と原画の間に動きを足して(中割り)、最終的な動画を作成するセクションであり、担当するスタッフを動画マンと呼ぶ。アニメ作品を作るにあたっては大勢の動画マンの作業が必要となる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "動画検査",
             "description": "動画検査は、動画スタッフが作成した動画が指示通りに作業されているか、ミスがないかをチェックするセクションである。動画に不十分な点があればリテイクの指示をしたり、場合によっては自ら修正したりする。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "美術監督",
             "description": "美術監督は、作品の背景美術に関する要素についての責任者である。作品の世界観やリアリティに合わせて美術設定を行い、それをもとに美術ボードを描いて、その後の個々の背景作業の指針を定める。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "背景",
             "description": "背景は、カットごとの背景美術を描くセクションである。背景は大人数での作業となるため、指針となる美術ボードが美術監督などによってあらかじめ描かれ、それをもとに描かれることが多い。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "色彩設計",
             "description": "色彩設計は、キャラクターや小物の基本となる大元の色と、昼や夜といったシーンにあわせた色のバリエーションを作成するセクションである。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "仕上げ",
             "description": "仕上げは、キャラクターや小物の線画に、色指定が決めた色に合わせて着彩するセクションである。デジタル環境ではデータ上での作業となるが、デジタル環境に移行する前はセルに絵の具で色を塗っていた。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "3D監督",
             "description": "3D監督は、作品に用いられる3DCGに関する要素の責任者である。3DCGにアニメーターが作成した素材のチェックや管理、スケジュールの管理などを行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "3Dアニメーター",
             "description": "アニメ作品で用いられる3DCGに携わる技術者の形態は様々であるが、ここでは3DCGモデルの作成やそのモーションの作成を行うセクションを広い意味で3DCGアニメーターと呼ぶ。また、レイアウトの作成から特殊効果までの広い範囲を受け持つケースもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "撮影監督",
             "description": "撮影とは、キャラクターなどのセルと背景といった素材を合成し、様々な特殊効果を加えて映像化するセクションであり、撮影監督はその責任者である。デジタル環境ではソフトウェア上で作業を行うが、デジタル環境に移行する前は実際にカメラで撮影を行っていた。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "特殊効果",
             "description": "特殊効果は、セルと背景を合成した映像に、ソフトウェア上での処理もしくは光学的な技法を用いて効果を加えるセクションである。効果には、光や水といった自然環境の様子を再現するものや、爆発やレーザー光線などの表現、またはカメラによる撮影時のレンズ効果を再現するものなど、多様な種類がある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "編集",
             "description": "編集は、カットごとに撮影された映像を、尺を調整しながらつなぎ合わせるセクション。より演出意図に沿った映像になるよう、尺を削ったり伸ばしたり、カットを入れ替えたりといった作業も行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "音響監督",
             "description": "音響監督は、作品の音響に関わる要素についての責任者である。声優のキャスティング、アフレコ時の演技指導、劇伴作曲家への発注、映像へつけるBGMや効果音のチョイスなどを行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "音響効果",
             "description": "音響効果は、映像にあわせて効果音をつけていくセクションである。効果音はサウンドエフェクトとも言い、環境音(足音や木々の葉擦れなど)や心情音(登場人物の心象を象徴させる音)などがある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "音楽",
             "description": "「音楽」とクレジットされるのは、劇中で流れる音楽、いわゆる劇伴の作曲家である。音響監督や監督から伝えられたイメージや想定使用場面に応じて、様々なBGM、時には歌ものの作曲を行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "声優",
             "description": "声優は、声による演技を行う俳優であり、アニメーションにおいてはキャラクターのセリフの吹き込みや吹き替えを行う。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "制作デスク",
             "description": "制作デスクは、各話を担当する制作進行をまとめて、全話数のスケジュール管理を行う役職である。また、監督も出席するような大きな打ち合わせの管理も行うなど、作品全体を把握しながら中間管理職として現場を監督するポジションである。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "設定制作",
             "description": "設定制作は、作品に使用されるキャラクターやメカ、小物などに関する設定についての設定の発注や管理を行う役職である。また、設定制作に必要な資料を集めたり、表現に誤りがないかのチェックを行うこともある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "制作進行",
             "description": "制作進行は、コンテの完成から納品までの制作工程全体を管理するセクションである。原則として1話ごとに一人の制作進行が配され、進捗や素材の管理やスタッフの手配など、担当話に関する諸々の業務に関わる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]