※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

矢倉 三星/やぐら みつぼし




性別 学年 所持武器
女性/普通 教師 グラサン
部活動 委員会 所属校
SLGの会 - 妃芽薗
攻撃 防御 体力 精神 FS:1/Λ
10 8 7 5 0

パッシブスキル 評価点数
普通[normal] 300

特殊能力:プラズマ
効果:体力3ダメージ
対象:周囲1マス敵全員
時間:2ターン
時間付属:死亡非解除

非消費制約1:能力の評価点数が60以下の敵には効かない
(パッシブ上乗せ計算前の点数のこと。例えば評価点数が60×5=300みたいな敵には効かない)
消費制約:味方3人の魔人能力永続使用不能※

※1:自分も選択可能
※2:パッシブ能力は消費できない
※3:既に能力が使用できなくなった味方は選択できない:
(例えば、選ばれた時点で味方本人のリソースから本人の消費制約を満たせず、明らかに能力を使用できない場合、その味方は選ぶことができない。
ただし、味方永続行動不能の消費制約と同じく、最終ターンで味方を選択することは可能)
能力原理
『プラズマ』
他人の魔人能力をプラズマ化し、自在に操る能力。
プラズマ化には、事前に相手の承諾が必要。
その件に関して彼女は『だってそうしないと失礼じゃないか』と意見を述べている。
また、弱能力者は攻撃できない。これも『だって弱能力者は私の可愛い生徒だから』といった不可解な意見を述べている。
いずれも彼女の深層心理(表層意識も明言しているが)が能力に影響を及ぼしているものと思われる。
発動率 成功率
100% 100%

キャラクター説明
●矢倉三星(やぐらみつぼし)
「ふ、ふふ、プラスマ使いどもが、調子ノッてるねぇ……」

●女性教員。物理教師。22歳。あだ名は「グラさん」。
●長身で色白の美人だが、黒のサングラスに白衣という妙な出で立ちがまず目を引く。長い黒髪は、いつも乱雑に後ろにまとめられている。
●プラズマに異常なこだわりをもち、この世の魔人能力の正体は全て “プラズマによるもの” だと考えている。UFOや幽霊の存在は信じているらしい。
●他人の魔人能力をプラズマ化して無効化する能力の持ち主。その能力ゆえ、学園中心部の高2力フィールドの低さを補い、生徒の魔人能力を封じるために採用された。しかし、彼女が魔人能力をプラズマ化するには、相手魔人の承諾が必要なことが分かり、学園側からは役立たず扱いされている。
●弱い能力を持つ魔人はその代償に身体ステータスの高い者が多く、彼女はそれら魔人との相性が良い。そのため、SLG(弱能力)の会の顧問として受け入れられている(ただし、学園はSLGの会の存在を認めていない)。