※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浮鞭 蝋燭/うきぶち ろうそく


性別 学年 所持武器
女性/貧乳 中等部3年 拘束具と特殊ローソク
部活動 委員会 所属校
- 風紀委員会 妃芽薗
攻撃 防御 体力 精神 FS:女王の風格
5 7 10 3 5

パッシブスキル 評価点数
慧眼[insight] 320+150=470

特殊能力:兵均値(フラットソルジャー)
効果:攻撃力平均化(単発効果)
範囲:隣接1マス範囲内全員・敵味方無差別
時間:一瞬
非消費制約:敵陣でないと使えない

やりたいこと:
自分を起点に隣接1マスの範囲(5マス)にいるキャラ全員(浮鞭も含む)の攻撃力の平均を取り、
全員の攻撃力を平均値に書き換える。(端数は四捨五入)
能力原理
所持品の長い特殊ローソクに火を付けて溶かし、その光景を見た周囲の人間に『ロウが溶けて地面に広がる』イメージを植え付ける。
イメージを植え付けられた者達は無意識下でクラウドコンピュータの如くつながり、その結果として攻撃力が平均化される。
ローソクの火が消えると、無意識下のつながりは消えるが平均化された力はそのまま残る。
発動率 成功率
100% 100%

キャラクター説明
うきぶち ろうそく。

妃芽薗中等部三年。
中学生離れした長身と、鋭い切れ長の目が特徴的な美人。
中等部風紀委員会の実働部隊長を務め、学園内の風紀を厳しく取り締まるクールビューティーとして知られる。

が、年上の人間しかいない場では極端に緊張し、デレデレになってしまう。
そのゆるみっぷりがさながら溶けたローソクのようなので、高等部のお姉様方からは
こっそり「キャンドルちゃん」という愛称で親しまれる。
蝋燭も先輩相手にはしぶしぶその呼称を見逃しているが、同級生以下の相手がそう呼ぶと烈火の如く怒る。