ゼロの保管庫 別館

3-152

最終更新:

familiar

- view
だれでも歓迎! 編集

152 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:02:47 ID:MSsTQ+w2 平賀才人は普通の高校生である。 それが突然異世界に呼び出され、なんだかわからないうちに「使い魔」にされてしまった。 ご主人様はナマイキで、それでも可愛い、ルイズ。 しかし才人の迷い込んだ世界は、少し歪んでいた。

第1話「5人目の戦士」

その日、いつものように授業を受けていると、唐突に教室が揺れた。

ドカン!ズズズズズズ…。

慌てて立ち上がる生徒たち。しかしその生徒を、壇上の教師が制止した。

「いいですか皆さん!落ち着いてください!この教室にいる限りは安全です!」

彼の名はコルベール。二つ名は「炎蛇のコルベール」。生徒の間での通り名は、「閃光のコルベール」。 彼の言葉に、生徒たちはおとなしく従う。 しかし、その表情はいつものソレとはあからさまに違っていた。

「始まったか…!」

そして、コルベールは教室の扉を開け、外に駆け出していった。 コルベールが退出すると、俄かに教室は騒がしくなる。 その中で、4人だけ、落ち着いていた生徒がいた。

「ついに始まったってワケね」

長い真っ赤な髪をかき上げ、立ち上がったのは『微熱』のキュルケ。

「出番」

読みふけっていた本を閉じ、身体に見合わぬ大きな杖を手に取ったのは、『雪風』のタバサ。

「フッ…とうとう覚悟を決めるときが来たようだね…」

バラを模した杖を口に咥え、立ち上がったのは『青銅』のギーシュ。

「あーあ、来ちゃったかあ…」

仕方ない、と言わんばかりに立ち上がる、『香水』のモンモランシー。 4人は連れ立って、教室の扉から出て行った。

「あ、お前ら、大人しくしてろって先生が言ってたろ!」

才人は慌てて止めるが、4人は才人の制止など意にも介さず、出て行ってしまった。

「お前も止めろよ、ルイズ!」

しかし才人の呼びかけに、隣で座っている桃色の髪の少女は、応えない。 『ゼロ』のルイズ。

「私も行かなきゃ…でも…」

ブツブツと呟き、自分の手をじっと見つめている。

「お、おい。ルイズ?」 「サイト、アナタも一緒に来て!」

顔を上げたルイズは、才人の手を取り、教室から駆け出した。

153 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:03:36 ID:MSsTQ+w2 トリステイン魔法学院の正門が、襲われていた。 襲っていたのは、人ならざる軍隊。 魔法人形、アルヴィーの大群による、猛攻だった。 しかし、正門はトライアングルクラスの魔法使いたちによる結界術で守られていた。

「おのれバリアーか!小賢しい!」

アルヴィーの大群を率いているらしき妙に露出の高い女が、金切り声を上げていた。 そんな状況が、目の前の巨大スクリーンに映し出されていた。

「これが、正門前の現状です」

そこは、コルベールの実験室の、さらに奥。 巨大なスクリーンと数々の機器に彩られた、ファンタジーというよりSFな空間だった。 ここドコ。 才人の目が点になっていた。 目を点にしている才人を置いて、コルベールは淡々と説明を続ける。

「彼女は、暗黒神聖帝国ガリアの手先、「土くれのフーケ」。  その名の通り土の系統の、スクウェアメイジです」

「暗黒」なのか「神聖」なのかはっきりせんかい。 思わず才人はココロの中で突っ込む そして、画面が切り替わる。 そこには、巨大なゴーレムと、それに跨り、街を蹂躙するフーケの姿。

「アルヴィーにバリアーが敗れないと悟った彼女は、ゴーレムを出してくるでしょう。  そうなると、正門が落ちるのは時間の問題です」

最初っからゴーレムで突っ込めばいいんじゃあ…。 才人は思ったがあえて突っ込まない。

「そこで、あなたたちの出番です」

コルベールは、目の前に整列した5人の生徒を眺めた。 『微熱』のキュルケ。 『雪風』のタバサ。 『青銅』のギーシュ。 『香水』のモンモランシー。 そして、『ゼロ』のルイズ。

「出動!魔法戦隊『メイガスファイブ』!」

『ラジャー!』

「ちょっとまてええええええええええええ!!!」

さすがに今度は突っ込んだ。

「何か質問ですか?使い魔くん」

あまりにアレな展開に、流石に才人はついていけなくなっていた。

「なんだよ魔法戦隊って!なんだよ暗黒神聖ナントカって!」 「ふむ。順を追って説明しなくてはならないようだね」

154 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:04:22 ID:MSsTQ+w2 そして、コルベールは語りだした。 このハルケギニアには、昔から対立関係にある2つの勢力がある。 一方は善。一方は悪。 善の顕現が、トリステイン魔法王国であり、悪の顕現が、暗黒神聖帝国ガリアである。 この2つは数百年に一度、全力で戦い合う。 その際の準備機関として設立されたのが、トリステイン魔法学院であり、暗黒神聖帝国ガリアに対抗するべく生み出された、魔法科学技術の結晶が、『魔法戦隊メイガスファイブ』なのだ!

「そして私がメイガスファイブ司令、コルベールだよ」

才人は床に突っ伏していた。

「じゃ、じゃあなんで、コイツらが戦わなきゃいけないんだよ!」 「彼らが選ばれたスクウェアだからだよ」

さらに、コルベールは説明を続ける。 彼らは普段、その正体を悟られぬよう、トライアングル以下のメイジとして、学院の生徒を演じている。 しかし、一度ガリアとの戦闘になれば、その全ての力を解放し、戦うのだ。 『微熱』のキュルケの真の名は、『灼熱』のキュルケ。 『雪風』のタバサの真の名は、『烈風』のタバサ。 『青銅』のギーシュの真の名は、『金剛』のギーシュ。 『香水』のモンモランシーの真の名は、『怒涛』のモンモランシー。

「そう、彼らの普段の姿は世を忍ぶ仮の姿!彼らの正体は、正義のために戦うヒーロー、『魔法戦隊」 「…ルイズは?」

もっともな疑問である。

「実は彼女は、魔法が使えない」

コルベールの言葉に、ルイズはぎゅ、っと唇を噛む。

「ゆえに彼女は、『ゼロ』のルイズ。しかし彼女は選ばれた。彼女も立派なメイガスファイブの一員なのだ!」

その言葉と同時に、真っ赤な光とアラートが、部屋を包む。

「まずい!バリアーが限界だ!すぐ現場に向かってくれ、頼んだぞ!」 『ラジャー!』

5人は敬礼すると、司令室から飛び出していった。 才人は置いてけぼり。

「…あのー」 「君も逝き給え!きっと新しい世界が待ち受けているだろう!」

熱に浮かされたように語り掛けるコルベールに、才人はなんだかイヤになった。

155 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:05:54 ID:MSsTQ+w2 正門前では、今まさにバリアーが破られようとしていた。

「ほーっほっほっほ!トリステインの防御結界もたいしたことないわね!  やぁっておしまいアルヴィーども!」 『イーッ!』

なんだかフーケはノリノリだ。

「待ちなさいッ!」

光とともに、声が降ってくる。

「何奴っ!?」

門の上から聞こえた声に、フーケが見上げると、そこにいたのは長い赤い髪を風になびかせたキュルケ。

「ガリアの野望は、我らが砕く!とぅっ!」

そして門の上から飛び上がり、空中で高々と天空に杖を掲げる。

「チェンジ・フレイム!」

声とともに、空中にキュルケの使い魔、フレイムが姿を現す。 フレイムは一瞬にして炎に包まれると、巨大な竜と化し、キュルケを包み込む。 着地したキュルケは、やけに線の多い、真っ赤な鎧を身にまとっていた。

これこそが、スクウェア最大奥義、『合身』である。 メイジを守る使い魔と、メイジ自身が合体することで、最大の防御と攻撃を手に入れる。 『メイガスファイブ』のみが可能な、変身であった。

そして、キュルケは手に持った杖に軽く口付けする。 すると杖は炎に包まれ、巨大な銃へと姿を変えた。

「『灼熱』のキュルケ、見参!」

キュルケは結界に群がるアルヴィーに、銃口を向ける。

「私の『お熱』はちょっとアツいわよぉ…」

そして、トリガーを引く。 銃口から赤い光が迸り、アルヴィーたちを消し飛ばす。

「くっ、しかしまだまだアルヴィーはいるわよ!怯むな!突き進め!」

しかし、進軍を始めようとしたアルヴィーたちを、突風が押し返す。 突風の風上には、マントを翻した、タバサ。

156 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:06:36 ID:MSsTQ+w2 「させない」

タバサがルーンを唱えると、巨大な杖が二つの光に裂かれ、タバサの手の中に納まる。 すると、タバサの小さな両手には、黒光りするハンドガンが握られていた。 タバサはアルヴィーの大群に向かって走り出す。

「チェンジ・シルフィード」

小さく唱えたルーンに呼応して、疾る彼女に、彼女の使い魔、シルフィードが併走する。 シルフィードは高く嘶くと、その身体を白い風に変えた。 白い風がタバサに絡みつき、肝心な場所を巧みに隠しながら、変身を完了させる。 アルヴィーの大群に肉薄したタバサは、大きな鉄の翼を持った白い鎧を、身に纏っていた。 タバサは両手を交差し、前方のアルヴィーたちめがけてハンドガンを連射する。無数のアルヴィーがその銃弾に倒れる。 敵の真っ只中に躍り出たタバサに、アルヴィーたちが一斉に襲い掛かる。 しかし、その刹那、タバサは大きく上空に跳び、翼を閃かせながら回転する。そして、銃弾の雨をアルヴィーに降らせた。 撃ち終えたハンドガンを高速で回転させ、タバサは言った。

「『風』を捕らえられるものはいない。  …私は、『烈風』」

空に舞い上がったタバサに、フーケはアルヴィーたちに命令を下す。

「あの忌々しい風使いからやっておしまい!」

しかし、アルヴィーたちは動かない。 いや、動けないのだ。 大地から生えた無数の手が、アルヴィーの足を止めていた。 『土』の魔法だ。 フーケは、その魔法の源を、殺気のこもった目で睨む。

「ダメだよ、レディーにそんな顔は似合わない」

そこにいたのは、バラを模した杖を口に咥えた、ギーシュがいた。

「チェンジ・ヴェルダンデ」

ギーシュが囁くように言うと、彼の前の地面から巨大なモグラが姿を現した。 そのモグラの身体が金色に光り輝き、金色の龍に姿を変える。 そして、金色の龍がギーシュに絡みつき、金色の鎧に姿を変える。

「『金剛』のギーシュ。  推して参る」

鋭い眼光とともに、ギーシュは大地を蹴る。 口に咥えたバラの杖を横に薙ぎ払うと、バラの杖は巨大な槌に姿を変えた。

「砕けて散れ」

片手で真横に振り抜いた槌が、動きの取れないアルヴィーたちを粉々に打ち砕く。

「大地の女神は私にぞっこんなのだよ、レディー?」

157 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:07:31 ID:MSsTQ+w2 同じ『土』系統のメイジとしての実力を見せ付けられ、フーケは怒りに震える。

「おのれえ!まだ終わったわけではないぞ!アルヴィーはまだまだいるんだからな!」

そして、フーケの背後からゾロゾロと湧き出るアルヴィーたち。

「あとからあとからゾロゾロと…しつこいったらありゃしない」

呆れたような声で、そこに現れたのはモンモランシー。

「チェンジ・ロビン!」

彼女がルーンを唱えると、彼女の足元にいた小さなカエルが、一瞬で彼女を乗せられるほどに巨大化する。 その上に載ったモンモランシーに、天空から降り注いだ滝のような水が打ちつけられる。 水の引いたそこには、蒼い鎧に身を包んだモンモランシーがいた。

「私は『怒涛』のモンモランシー。  『怒涛』は全てを押し流す!」

そう言ってルーンを唱えると、彼女の手にしていた杖が光り輝き、二振りの小剣に姿を変える。

「押し流せ!タイダルウェイブ!」

モンモランシーが小剣を振り下ろすと、津波がアルヴィーたちを飲み込んだ。 しかしそれでも、フーケはそこに立っていた。 『土』の魔法で作り出した足場で、モンモランシーの津波に耐えたのだ。

「おのれ、おのれえ!神聖皇帝から頂いたアルヴィーたちをよくも!」

怒りに震え、フーケはルーンを唱える。

「出でよ、ゴーレム!」

ゴーレムとの戦いを門の影から見守りながら、才人は言った。

「お前も行かなくていいのかよ」

その傍らには、ルイズがいた。

「だって私…『合身』できないもん」

魔法の使えないルイズに、スクウェアクラスの力を必要とする『合身』は不可能だった。 しかも、ルイズの召喚した使い魔は才人。 つつつつつまり、才人と一つになるってことで。 そんな恥ずかしいこと、できるわけなくて。

「でも、押されてるぞ、あいつら」

確かに、4人は押されていた。 キュルケの炎弾は予備動作が大きすぎて、ゴーレムに届く前にフーケの魔法でかき消される。 タバサの風弾は威力が小さすぎ、ゴーレムの肌に弾かれる。 ギーシュは、無数に呼び出される小さなゴーレムの相手をしていた。 モンモランシーの津波は、乱戦では味方を巻き込んでしまう。

158 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:08:23 ID:MSsTQ+w2 「私にも…力が欲しい…」

悔しさに唇を噛むルイズ。 才人はそんなルイズを、いじらしい、と思った。 そんな時、ルイズの胸にかけたトリステインの印から、コルベールの声がした。

『使い魔くんとキスをしたまえ、ミス・ヴァリエール!』 「は?」 「はい?」

いきなりのコルベールの声に、二人の目が点になる。

『君の魔力を、使い魔くんに貸すのだ!君が魔法を使えなくとも、使い魔くんが力を引き出せる!』

そういうの、アリなのか? 思わず才人はルイズを見つめる。 才人に見つめられたルイズは、何かを覚悟したように、目を閉じた。

「こ、今回だけだかんね」 「わ、わかったよ」 「す、好きなわけじゃないんだかんね」 「わかってるよ」 「じゃあ…」

そして重なる、二人の唇。

「くっ、なかなかやるわね!」

4人は、いまだゴーレムに苦戦していた。 4人が弱いわけではない。フーケのゴーレムの使い方が巧みなのだ。

「アルヴィーの時はやられたけど、ゴーレムじゃそうはいかないよ!」

ゴーレムの拳が、4人を薙ぐ。 4人はなんとかそれをかわすと、間合いを取る。

「トリステインの魔法戦隊もたいしたことないねえ!」

いい気になり始めたフーケの耳に、鋭い声が届いた。

「いい気になってんじゃねえぞ、悪者!」

門の前には、才人がいた。 その顔は自身に満ち、なぜか少し赤くなっていた。

「目覚めたのね」 「遅い」 「5人目の到着だ!なんて素晴らしいんだ!」 「うるさいわよギーシュ」

うあー、やっぱやんないとダメなんかなー。 と考えていると、頭の中に声がした。 いいからさっさとやんなさい!バカ犬! 響くご主人様の声に、才人はしぶしぶ覚悟を決める。

159 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:09:19 ID:MSsTQ+w2 才人が天高く左拳を掲げると、その左手に刻まれたルーンが光り輝いた。

「チェンジ・ガンダールヴッ!」

才人が拳を振り下ろすと、光の柱が天から降り、才人の体が光に包まれ、漆黒の鎧を身にまとう。 そして、才人は内から流れ出る力に命じられるまま、彼は己が武器とするべき剣の名を呼んだ。

「来いっ、デルフリンガァぁぁーーーーーーッ!」

伸ばした才人の右手に吸い込まれるように、天空から一振りの大剣が舞い降りた。 才人はそれを 右手で軽々と受け取る。すると、大剣が才人に語りかけてきた。

「待ってたぜ相棒っ!いっちょ、暴れるかっ!」

大剣が楽しそうに才人に語りかける。 大剣の名はデルフリンガー。『虚無』のガンダールヴの武器となる、インテリジェンスソードだ。 才人はその重さを確かめるように振り回し、フーケのゴーレムに切っ先を突きつけた。

「『虚無』のガンダールヴ、平賀才人!  いざ、参るっ!」

大地を蹴り、肩口にデルフリンガーを構え、一直線にゴーレムめがけて突っ込んでいく。

「バカが!捻りつぶしてくれる!」

フーケが残酷な笑みを浮かべ、ゴーレムの拳が振り下ろされる。

「うおぉぉぉりゃあああああああ!」

その巨大な拳めがけて、才人はデルフリンガーを振り下ろす。 まるで巨大な刃に触れたかのように、ゴーレムの拳はやすやすと切り裂かれた。

「バカなっ!?」

驚くフーケに、デルフリンガーが勝ち誇ったように笑う。

「見たか!これが『虚無の剣』!見えない自在の刃さね!」

そして、才人にもう一度語りかける。

「相棒!遠慮はいらねえ!ぶったぎれ!」 「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉ!!」

才人は、ゴーレムより高く高く跳びあがる。

「トドメだっ!ゼロ・スラーーーーーッシュ!」

デルフリンガーから伸びた不可視の刃が、ゴーレムを真っ二つに切り裂いた。

ずがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!

巨大な爆発とともに、フーケのゴーレムは消し飛んだ。

160 名前:魔法戦隊メイガスファイブ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:10:16 ID:MSsTQ+w2 「お疲れ様!君たちのおかげでトリステインの平和は守られたよ!」

司令室に帰ると、コルベールがねぎらいの言葉を掛けてきた。 そして、4人は、新たな仲間に歓迎の言葉を投げかける。

「よろしくね、サイト♪」 「仲間」 「これからもよろしくやっていこうじゃないか!友よ!」 「暑苦しいわよギーシュ」

しかし、才人が気になっていたのは、その4人ではなく、自分の後ろに立つ、小さなご主人様の事だった。

「大丈夫」

才人は、所在なげにしているルイズの頭を優しく撫ぜた。

「俺が、お前の力になってやる。俺はお前の使い魔だしな」

第1話 完

次回予告 ついに5人そろったメイガスファイブ! しかしガリアの魔の手は、学院だけでなく街にまで及び…。 次回、『魔法戦隊メイガスファイブ』第2話

「妖精のシエスタ」

161 名前:あとがぬ[sage] 投稿日:2006/09/09(土) 14:12:30 ID:MSsTQ+w2 実は続きません(爆死) ていうか続けたら俺が死ぬ。59話も?だからwていうかゼロ魔じゃないしw まあ、パロの一種としてお楽しみ頂ければ幸いー。 お目汚し失礼しましたー