FEG@wiki

国家向け不動産会社ASEA(Bでの再スタート) 

最終更新:

feg2

- view
メンバー限定 登録/ログイン
大部品: 従業員の給与と休日 RD:20 評価値:7 キルケさん(暁の円卓)より流用

部品構造


  • 大部品: 国家向け不動産会社ASEA(Bでの再スタート) RD:86 評価値:10
    • 大部品: 国家向け不動産会社ASEA RD:77 評価値:10
      • 大部品: 概要(A&S) RD:4 評価値:3
        • 部品: 会社概要
        • 部品: 沿革
        • 部品: 実績
        • 部品: 業務内容
      • 大部品: A&S雇用 RD:40 評価値:9
        • 部品: 求人内容
        • 大部品: 求める人材 RD:8 評価値:5
          • 部品: 一般的道徳観
          • 大部品: 新人採用有 RD:7 評価値:4
            • 部品: 新人レベルの基本的能力とは
            • 大部品: 新人 RD:6 評価値:4
              • 部品: 必要教育レベル
              • 部品: 先輩の指導
              • 部品: 作業マニュアルの遵守
              • 部品: 指示の遵守
              • 部品: 基本職業倫理
              • 部品: 法令の遵守
        • 部品: 給与と保障
        • 部品: 人材の教育
        • 大部品: 雇用形態 RD:3 評価値:2
          • 部品: アルバイト
          • 部品: パート
          • 部品: 正社員
        • 大部品: 退職について RD:5 評価値:3
          • 部品: 自己都合退職
          • 部品: 懲戒退職
          • 部品: 定年退職
          • 部品: 解雇
          • 部品: 退職金
        • 部品: 守秘義務について
        • 大部品: 従業員の給与と休日 RD:20 評価値:7
          • 大部品: 給与支払いのルール RD:5 評価値:3
            • 部品: 通貨払いの原則
            • 部品: 直接払いの原則
            • 部品: 全額払いの原則
            • 部品: 毎月一回以上の原則
            • 部品: 一定期払いの原則
          • 大部品: 給与項目 RD:8 評価値:5
            • 部品: 基本給
            • 部品: 手当
            • 部品: 残業代
            • 部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
            • 部品: 月60時間を超えた時間外労働の割増率
            • 部品: 深夜残業手当
            • 部品: 休日勤務手当
            • 部品: 賞与
          • 大部品: 休憩 RD:3 評価値:2
            • 部品: 休憩時間
            • 部品: 休憩時間付与の原則
            • 部品: 手待ち時間
          • 大部品: 休日 RD:4 評価値:3
            • 部品: 休日の原則
            • 部品: 代休
            • 部品: 振替休日
            • 部品: 有給休暇
      • 大部品: 組織図 RD:18 評価値:7
        • 部品: 社長室の仕事
        • 大部品: 監査部 RD:2 評価値:1
          • 部品: 内部監査
          • 部品: 外部監査
        • 部品: 営業部の仕事
        • 部品: 営業企画部の仕事
        • 部品: 人事部の仕事
        • 部品: 人材開発研究部
        • 大部品: 法務部 RD:5 評価値:3
          • 部品: 契約・取引法務
          • 部品: コンプライアンス法務
          • 部品: 紛争対応法務
          • 部品: 組織法務
          • 部品: 契約管理業務
        • 大部品: 総務部 RD:5 評価値:3
          • 部品: 物品の管理
          • 部品: 保守管理
          • 部品: 社内規定の作成・改定
          • 部品: 文書管理
          • 部品: その他庶務
        • 部品: 保安部の仕事
      • 大部品: 役職 RD:9 評価値:5
        • 大部品: 役員 RD:3 評価値:2
          • 部品: 代表取締役社長
          • 部品: 業務執行取締役
          • 部品: 監査役
        • 部品: 本部長
        • 部品: 部長
        • 部品: 次長
        • 部品: 課長
        • 部品: 係長
        • 部品: 主任
      • 大部品: 建物ができるまで RD:6 評価値:4
        • 部品: 依頼
        • 部品: 設計
        • 部品: 建築確認申請
        • 部品: 施工業者の選定
        • 部品: 工事の開始
        • 部品: 引き渡し
    • 大部品: B世界での再スタート RD:7 評価値:4
      • 大部品: 復興計画受注 RD:4 評価値:3
        • 部品: 復興計画受注のお知らせ
        • 部品: 復興事業の流れ
        • 部品: 利益が出た場合
        • 部品: 公共事業終了後
      • 大部品: 勤労学生支援制度 RD:3 評価値:2
        • 部品: 学力などで雇用条件を満たせない場合の支援
        • 部品: 支援条件
        • 部品: 支援内容
    • 大部品: その他 RD:2 評価値:1
      • 部品: 森林組合支援
      • 部品: 混ぜるな危険



部品定義


部品: 会社概要

本社所在地:FEG
主な取り扱いは治安維持施設だが、その他医療施設や公共施設も取り扱う。
通称A&Sとも呼ばれる
現在は 久珂あゆみが代表取締役社長に就任している。

部品: 沿革

アイドレス各国での公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを販売する会社として設立。
各国足りないものやあったら嬉しいものを増やす一方藩国イグドラシル外での戦時対策をする目的ではじまりました。
http://blog.tendice.jp/200806/article_7.html

部品: 実績

撤去されてしまう仮設住宅など以外の物件 約250の案件を処理。
保険の導入 T17までの治安補正一覧管理。

部品: 業務内容

建築物の建造受注およびそれにかかわる手続き。
建築物のメンテナンスも請け負う。
一社ですべてをまかなっているわけではなく、子会社や外注も含む。

部品: 求人内容

「地図に残る仕事、してみませんか?」
A&Sでは公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを建築。
それに関わる人材を幅広く募集しています。
書類審査、面接有り。


部品: 一般的道徳観

道徳とは無意識の中に存在している善悪の規範のことで、個人の価値観に依存する。
自分の良心によって、善を行い悪を行わないこと。
そのうえで一般的、としているのは
自身が善だと思い込んでいても、悪とみなされることはあるからである。



部品: 新人レベルの基本的能力とは

その職業の新人と呼ばれるレベルに達した者。職業ごとに求められる学力、技術は変わってくる。これらを備えていることが採用の最低条件となる。
もちろん一人前やベテランも歓迎しております。

部品: 必要教育レベル

文字の読み書きができ、簡単な計算能力を持ち(計算器具を使えば四則演算が正しく出来る)、周囲とのコミュニケーションが行える程度の教育が施されていることが求められる。
学校のある藩国の場合、中学校卒業程度の能力に相当する。


部品: 先輩の指導

職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守

ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。

部品: 指示の遵守

上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 基本職業倫理

職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守

職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。


部品: 給与と保障

給与 業務内容、雇用形態、能力によって支給。
賞与年2回。働きによって臨時賞与あり。
交通費全額支給
社会保険完備
(給与額についてはあちらの物価にあわせ設定します。状況によって調整)


部品: 人材の教育

A&Sでは人材の教育にも力を入れます。
新人は先輩との2マンセルで担当事業にあたり、徐々に仕事を覚えてもらいます。
もちろん研修期間でも給与は発生します。

部品: アルバイト

非正規雇用形態の一種で、主に時間単位での契約となる。短期であることが多い。
法律上パートとの明確な区別はないがここでは学生の労働者をアルバイトと称する。
社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。

部品: パート

非正規雇用の一種。パートタイムと呼ばれ、企業の所定の労働時間より労働時間が短い。
社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。

部品: 正社員

正規雇用で雇われた社員のこと。役職を持つのは正社員のみである。社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。

部品: 自己都合退職

労働者個人の事情により本人が労働契約の解除を希望する場合。口頭、および書面での申請どちらも有効である。
多くの場合即日~14日後に解除されることになっている。

部品: 懲戒退職

会社が提示した労働条件が事実と違う場合において「労働者が会社を懲戒するために」労働者が即時労働契約を解除すること。

部品: 定年退職

指定した年齢に達すると労働契約が終了し定年退職となる。
A&Sでは60歳、希望者は65歳で定年となる。
(PL、ACEについては 年齢の感覚が違うため定年制には当てはまらないものとする)

部品: 解雇

普通解雇:就業規則違反などによる解雇
懲戒解雇:重大な法令違反に基づく解雇
人員整理、、整理解雇:経営上の都合や業務縮小による解雇。

どれも「正当な理由」がなければ不当解雇となる。

なお役員の解雇については役員会での解任決議によって行われる。

部品: 退職金

退職した労働者に払われる金銭のこと。
金額は、主に退職日における勤続年数と職能に応じて計算され
年数が長く、職能が高いほど、勤続年数当たりの単価が高額になる。
懲戒解雇などの場合は支払われないか、減額されることがある。

部品: 守秘義務について

職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさないことを義務としている。
これはどのような雇用形態でもあてはまり、雇用の際に提示され退職してからも続く。
違反した場合は法的措置をとる。

部品: 通貨払いの原則

賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。

部品: 直接払いの原則

ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。

部品: 全額払いの原則

給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。

部品: 毎月一回以上の原則

毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。

部品: 一定期払いの原則

一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。

部品: 基本給

文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。

部品: 手当

基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。

部品: 残業代

一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。

部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目

家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。

部品: 月60時間を超えた時間外労働の割増率

一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。

部品: 深夜残業手当

22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。

部品: 休日勤務手当

法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。

部品: 賞与

定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。

部品: 休憩時間

一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。

部品: 休憩時間付与の原則

休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)

部品: 手待ち時間

仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。

部品: 休日の原則

使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。

部品: 代休

休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。

部品: 振替休日

あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。

部品: 有給休暇

6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。

部品: 社長室の仕事

社長業務のサポートを行う部署のこと。秘書課ともいう。
社長室長という管理責任者がリーダーをつとめる。
ここでは秘書達ををとりまとめる存在のことを指す。秘書の中でもさらに有能さが求められる。

部品: 内部監査

経営者の下実施される
1.経営管理を目的として、自主的に業務や会計の状況を調査・分析する仕事。
2.内部統制報告を目的として、内部統制の整備および運用状況を評価する仕事

などがある。


部品: 外部監査

公認会計士等の組織体から独立した専門家によって実施される。
財務諸表監査、内部統制監査などがあり
いずれも経営者が報告書を提出し、監査を受ける。
内部監査とは互いに補完し合う関係である。
企業不正を防止するためにも、外部監査と内部監査は連携を取り合っている。

部品: 営業部の仕事

アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 営業企画部の仕事

営業戦略立案、目標設定、営業戦術の策定、営業実績の把握と対策、販促ツールの制作、営業コンテストの実施や資料作成など。
売れる環境を作る他、営業のモチベーションを上げることも大切になってくる。

部品: 人事部の仕事

社員を採用し、人事評価する部署であり 人事異動も担当する。
評価結果に基づいて給与などの労働条件について、取りまとめも行う。

部品: 人材開発研究部

経営人材・幹部育成など経営リーダーとなりうる人材の育成や
中堅社員の強化や新人教育研修の見直しなど、社員のスキルアップを担う部署。
(技術や知識の教育的な意味であり、人体改造とかそういう意味は全くない)

部品: 契約・取引法務

社内の各部門が作成する売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約に際してその条項に法的な問題がないかを審査する仕事。
契約文言があいまいになっていないか、関係法令に抵触していないか、契約相手との関係で不合理なリスクを負う内容になっていないか、将来紛争の原因になるような点がないか等についてチェックをする。

部品: コンプライアンス法務

コンプライアンスとは「法令順守」という意味で
コンプライアンス法務とは
社員の法務研修や社内の法律相談窓口、マニュアル作成などを行い
コンプライアンスについて社内にいきわたらせる仕事である。

部品: 紛争対応法務

企業が何らかの法的問題に問われたり、逆に問うたりする場合、弁護士らとともに訴訟や交渉に対応する仕事。

部品: 組織法務

組織法務とは、定期的に開催される取締役会の運営、法的諸業務(発行や分割)、定款の変更、子会社の設立など
組織構造、運営に関わる法務。


部品: 契約管理業務

基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。

部品: 物品の管理

筆記具やコピー用紙など事務用品の管理や、社員の名刺、会社封筒の発注といった消耗品の手配を行う。
消耗品はの在庫管理を行いきらさないようにする。

部品: 保守管理

会社の機器や設備の保守を行う。
施設の設備の保守契約を想定し、そのコストを比較検討して進める。
緊急時の故障に対応する準備も行っておく。

部品: 社内規定の作成・改定

「基本経営規定」「組織規定」「業務関連規定」「経理規定」「人事規定」「総務規定」など、
多岐に渡る社内規定を作成し、変更の必要が出た場合には都度改定する。

部品: 文書管理

株主総会、取締役会での議事録、社外との契約書、
その他社員名簿や株主名簿など、社内文書全般を整理してファイリングしておく仕事。


部品: その他庶務

その他、ほか部署の担当ではない一般庶務も仕事となる。
会社の規模によっては庶務課という専用の課をつくることもある。

部品: 保安部の仕事

火災などの対策(火災報知機、防災訓練、避難経路確保)施錠確認、
防犯カメラ導入、警備会社と契約し、社内への不審者侵入を防ぐ。
またこれらに関するメンテナンスも仕事内容である。


部品: 代表取締役社長

会社を代表する長であり、会社内部で業務執行を主導して指揮する役職のことである。会社業務における最高責任者。
会社において常時一人しか存在しない。


部品: 業務執行取締役

取締役は取締役会の一員として業務意思決定を行うほか、割り当てられた業務の執行を行う。
取締役となったものは会社に対する責任が発生する。

部品: 監査役

会社経営の業務監査および会計監査によって、違法または著しく不当な職務執行行為がないかどうかを調べ、それがあれば阻止・是正する機関。

部品: 本部長

部をいくつか束ねた本部の長。部がいくつも存在するのは規模の大きい会社であり、本部長は会社の上級管理職となる。

部品: 部長

部を統括する上位の管理職である。次長や課長以下の下位組織を部下として持つ他直属のスタッフも部下とすることがある。重要度の高い部には取締役などが当てられて兼務することも

部品: 次長

部長の下、課長の上に位置する立場。課や複数の下部組織を束ねた部において主に部内における運営事務の統括や部長の代理を業務とする。

部品: 課長

係より上の組織の区分である課の責任者を指す。課の事務を管理し、部下を監督する職である。中間管理職であり、中堅幹部でもある。

部品: 係長

業務を行う最小単位が係であり。係長とはその係の管理的立場にある者に対する役職である。主に、中堅、若手の管理職に与えられる役職。

部品: 主任

一般の従業員の中での熟練者をさす役職。管理職ではないがまとめ役といったような役割がある。チーフとも呼ばれる。

部品: 依頼

建築主から建築工事の依頼を受注するところから建築は始まる。建物の広さ・予算・利用用途などの建築にあたっての要望を聞き取り調査をおこなうことが満足のいく建物を作る第一歩となる。

部品: 設計

聞き取り調査の結果をもとに建物の設計図の作成をおこなう。どんな建物になるかを決める大切な工程で、建築主のイメージとの差異がないように平面設計図のほか立体図の作成などが行われる。

部品: 建築確認申請

作成した設計図を建築主に確認してもらい、了解が得られれば建築確認申請などの各種建築に必要な届け出をおこなう。

部品: 施工業者の選定

建築主は工事をおこなう施工業者を選定する。公共事業などの大規模な工事などでは公平な条件の下で競争入札をおこない、施工業者の選定をおこなう。

部品: 工事の開始

施工業者が決定すると実際の工事が始まる。設計図をもとに各種業者が集まって建築主の要望を満たす建物を作る。

部品: 引き渡し

工事の全工程が終了すると工事完了検査をおこない、問題がなければ建築主に引き渡しが行われる。この段階で建物は完成となり、依頼は完了する。

部品: 復興計画受注のお知らせ

このたびわが社は共和国復興計画の施設系建設を受注させていただきました。
もちろんわが社の力だけで成せることではなく、各国のご協力の下全力であたらせていただく次第です。
つきましては 各国の復興計画を聞き取りしご希望に沿った形での実現を目指したく思います。
藩国ごとに特色があり、目指す場所が違います。そのことを念頭において事業にあたらせていただきます。

部品: 復興事業の流れ

今回の公共事業は各国の復興のため 職のない方に一時的に職を与え、給与を支給し、生活を整えていただくという目的があります。
なのであくまでわが社は プランニングのご提案、とりまとめ、現地での人員確保、機材の調達、職業指導、有識者とのとりつなぎ、などのサポートに特化。
わが社を通じてFEGだけが潤う、という形ではなく 現地で雇用が発生し、現地の経済が活性化することを目標とします。
また、悪質な中抜き業者などが現れないよう監視、指導を徹底いたします。

部品: 利益が出た場合

今回の復興事業は公共事業であり、出た利益は国民の生活基盤となるべきであると会社の理念として考えます。
もちろんわが社の社員も国民の一員なので 労働の対価は支払い、規模に見合った雇用を増やし、経済活動へ貢献する所存です。
小さなことからこつこつと。よい仕事にはボーナスを。仕事が楽になるよう新しい機材を。有休、産休、育休は権利。目指せウルトラホワイト企業。
雇用者への賃金、経費、もろもろ払った上でさらに多く利益が出た場合は
学校、孤児院、病院などに寄付をし未来への投資としたく思います。
これはわが社のイメージアップと長期を見越した受注アップに繋がると考えております。
復興事業が終われば全国での建築規模は落ち着くでしょう、会社を大きくしすぎてつぶれぬようバランスをとります。

部品: 公共事業終了後

いただいた予算で公共事業が終了したあとは通常業務へと移行します。社員さんにはねぎらいをし、臨時ボーナスを出せるよう予算は別途組んでおきます。

部品: 学力などで雇用条件を満たせない場合の支援

人格、および技術(もしくは習得しようという意欲)に問題がなくとも
読み書きなどの問題で雇用条件を満たせない場合、最低限の読み書き、計算が出来るまで支援する制度。
希望者全員を支援できるわけではないが復興支援の一助として行う。
守秘義務については雇用者と同等に発生する。

部品: 支援条件

勤労学生支援としているが、若年者限定ではない。
就職の意思があり 一般的な読み書き計算を学ぶ意欲があり、またお金のない者。

部品: 支援内容

一時的にわが社の寮へ入寮していただき、日中は4~6時間の労働。夜間、寮内での1~2時間ほどの学習時間がある。
食事は朝、夜支給される。労働内容は支援者の技術レベルに応じて振り分けられる。
休憩時間は他の雇用者と同等に取得される。
給料も出るが、寮の維持費や食費にまわされるため そんなに多くはない。
学力レベルが向上し、支援の必要がなくなった時点で退寮していただく。

その後の わが社への就職義務はありません。
どうか貴方の好きな仕事を探して好きな勉強をしてください。

部品: 森林組合支援

A&Sは森林組合支援を表明している。
FEGは高物理国家であるが、かつて木がなくなることで土壌汚染が広がり多くの人が命を失ったことを覚えている。
また、建材となる木も無限ではない。
収益の一部を森林組合に寄付し、切り倒した分の植林を行う。

部品: 混ぜるな危険

異なる物理域の技術を混ぜるのは事故の元である。そう、たとえNWでも。
ファンタジー技術と科学技術を混ぜて使用しないよう厳重に注意をする。




提出書式


 大部品: 国家向け不動産会社ASEA(Bでの再スタート) RD:86 評価値:10
 -大部品: 国家向け不動産会社ASEA RD:77 評価値:10
 --大部品: 概要(A&S) RD:4 評価値:3
 ---部品: 会社概要
 ---部品: 沿革
 ---部品: 実績
 ---部品: 業務内容
 --大部品: A&S雇用 RD:40 評価値:9
 ---部品: 求人内容
 ---大部品: 求める人材 RD:8 評価値:5
 ----部品: 一般的道徳観
 ----大部品: 新人採用有 RD:7 評価値:4
 -----部品: 新人レベルの基本的能力とは
 -----大部品: 新人 RD:6 評価値:4
 ------部品: 必要教育レベル
 ------部品: 先輩の指導
 ------部品: 作業マニュアルの遵守
 ------部品: 指示の遵守
 ------部品: 基本職業倫理
 ------部品: 法令の遵守
 ---部品: 給与と保障
 ---部品: 人材の教育
 ---大部品: 雇用形態 RD:3 評価値:2
 ----部品: アルバイト
 ----部品: パート
 ----部品: 正社員
 ---大部品: 退職について RD:5 評価値:3
 ----部品: 自己都合退職
 ----部品: 懲戒退職
 ----部品: 定年退職
 ----部品: 解雇
 ----部品: 退職金
 ---部品: 守秘義務について
 ---大部品: 従業員の給与と休日 RD:20 評価値:7
 ----大部品: 給与支払いのルール RD:5 評価値:3
 -----部品: 通貨払いの原則
 -----部品: 直接払いの原則
 -----部品:  全額払いの原則
 -----部品:  毎月一回以上の原則
 -----部品: 一定期払いの原則
 ----大部品: 給与項目 RD:8 評価値:5
 -----部品: 基本給
 -----部品:  手当
 -----部品: 残業代
 -----部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
 -----部品:  月60時間を超えた時間外労働の割増率
 -----部品: 深夜残業手当
 -----部品: 休日勤務手当
 -----部品: 賞与
 ----大部品: 休憩 RD:3 評価値:2
 -----部品: 休憩時間
 -----部品: 休憩時間付与の原則
 -----部品: 手待ち時間
 ----大部品: 休日 RD:4 評価値:3
 -----部品: 休日の原則
 -----部品: 代休
 -----部品: 振替休日
 -----部品: 有給休暇
 --大部品: 組織図 RD:18 評価値:7
 ---部品: 社長室の仕事
 ---大部品: 監査部 RD:2 評価値:1
 ----部品: 内部監査
 ----部品: 外部監査
 ---部品: 営業部の仕事
 ---部品: 営業企画部の仕事
 ---部品: 人事部の仕事
 ---部品: 人材開発研究部
 ---大部品: 法務部 RD:5 評価値:3
 ----部品: 契約・取引法務
 ----部品: コンプライアンス法務
 ----部品: 紛争対応法務
 ----部品: 組織法務
 ----部品: 契約管理業務
 ---大部品: 総務部 RD:5 評価値:3
 ----部品: 物品の管理
 ----部品: 保守管理
 ----部品: 社内規定の作成・改定
 ----部品: 文書管理
 ----部品: その他庶務
 ---部品: 保安部の仕事
 --大部品: 役職 RD:9 評価値:5
 ---大部品: 役員 RD:3 評価値:2
 ----部品: 代表取締役社長
 ----部品: 業務執行取締役
 ----部品: 監査役
 ---部品: 本部長
 ---部品: 部長
 ---部品: 次長
 ---部品: 課長
 ---部品: 係長
 ---部品: 主任
 --大部品: 建物ができるまで RD:6 評価値:4
 ---部品: 依頼
 ---部品: 設計
 ---部品: 建築確認申請
 ---部品: 施工業者の選定
 ---部品: 工事の開始
 ---部品: 引き渡し
 -大部品: B世界での再スタート RD:7 評価値:4
 --大部品: 復興計画受注 RD:4 評価値:3
 ---部品: 復興計画受注のお知らせ
 ---部品: 復興事業の流れ
 ---部品: 利益が出た場合
 ---部品: 公共事業終了後
 --大部品: 勤労学生支援制度 RD:3 評価値:2
 ---部品: 学力などで雇用条件を満たせない場合の支援
 ---部品: 支援条件
 ---部品: 支援内容
 -大部品: その他 RD:2 評価値:1
 --部品: 森林組合支援
 --部品: 混ぜるな危険
 
 
 部品: 会社概要
 本社所在地:FEG
 主な取り扱いは治安維持施設だが、その他医療施設や公共施設も取り扱う。
 通称A&Sとも呼ばれる
 現在は 久珂あゆみが代表取締役社長に就任している。
 
 部品: 沿革
 アイドレス各国での公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを販売する会社として設立。
 各国足りないものやあったら嬉しいものを増やす一方藩国イグドラシル外での戦時対策をする目的ではじまりました。
 http://blog.tendice.jp/200806/article_7.html
 
 部品: 実績
 撤去されてしまう仮設住宅など以外の物件 約250の案件を処理。
 保険の導入 T17までの治安補正一覧管理。
 
 部品: 業務内容
 建築物の建造受注およびそれにかかわる手続き。
 建築物のメンテナンスも請け負う。
 一社ですべてをまかなっているわけではなく、子会社や外注も含む。
 
 部品: 求人内容
 「地図に残る仕事、してみませんか?」
 A&Sでは公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを建築。
 それに関わる人材を幅広く募集しています。
 書類審査、面接有り。
 
 
 部品: 一般的道徳観
 道徳とは無意識の中に存在している善悪の規範のことで、個人の価値観に依存する。
 自分の良心によって、善を行い悪を行わないこと。
 そのうえで一般的、としているのは
 自身が善だと思い込んでいても、悪とみなされることはあるからである。
 
 
 
 部品: 新人レベルの基本的能力とは
 その職業の新人と呼ばれるレベルに達した者。職業ごとに求められる学力、技術は変わってくる。これらを備えていることが採用の最低条件となる。
 もちろん一人前やベテランも歓迎しております。
 
 部品: 必要教育レベル
 文字の読み書きができ、簡単な計算能力を持ち(計算器具を使えば四則演算が正しく出来る)、周囲とのコミュニケーションが行える程度の教育が施されていることが求められる。
 学校のある藩国の場合、中学校卒業程度の能力に相当する。
 
 
 部品: 先輩の指導
 職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。
 
 部品: 作業マニュアルの遵守
 ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
 
 部品: 指示の遵守
 上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。
 
 部品: 基本職業倫理
 職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。
 
 部品: 法令の遵守
 職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。
 
 
 部品: 給与と保障
 給与 業務内容、雇用形態、能力によって支給。
 賞与年2回。働きによって臨時賞与あり。
 交通費全額支給
 社会保険完備
 (給与額についてはあちらの物価にあわせ設定します。状況によって調整)
 
 
 部品: 人材の教育
 A&Sでは人材の教育にも力を入れます。
 新人は先輩との2マンセルで担当事業にあたり、徐々に仕事を覚えてもらいます。
 もちろん研修期間でも給与は発生します。
 
 部品: アルバイト
 非正規雇用形態の一種で、主に時間単位での契約となる。短期であることが多い。
 法律上パートとの明確な区別はないがここでは学生の労働者をアルバイトと称する。
 社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。
 
 部品: パート
 非正規雇用の一種。パートタイムと呼ばれ、企業の所定の労働時間より労働時間が短い。
 社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。
 
 部品: 正社員
 正規雇用で雇われた社員のこと。役職を持つのは正社員のみである。社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。
 
 部品: 自己都合退職
 労働者個人の事情により本人が労働契約の解除を希望する場合。口頭、および書面での申請どちらも有効である。
 多くの場合即日~14日後に解除されることになっている。
 
 部品: 懲戒退職
 会社が提示した労働条件が事実と違う場合において「労働者が会社を懲戒するために」労働者が即時労働契約を解除すること。
 
 部品: 定年退職
 指定した年齢に達すると労働契約が終了し定年退職となる。
 A&Sでは60歳、希望者は65歳で定年となる。
 (PL、ACEについては 年齢の感覚が違うため定年制には当てはまらないものとする)
 
 部品: 解雇
 普通解雇:就業規則違反などによる解雇
 懲戒解雇:重大な法令違反に基づく解雇
 人員整理、、整理解雇:経営上の都合や業務縮小による解雇。
 
 どれも「正当な理由」がなければ不当解雇となる。
 
 なお役員の解雇については役員会での解任決議によって行われる。
 
 部品: 退職金
 退職した労働者に払われる金銭のこと。
 金額は、主に退職日における勤続年数と職能に応じて計算され
 年数が長く、職能が高いほど、勤続年数当たりの単価が高額になる。
 懲戒解雇などの場合は支払われないか、減額されることがある。
 
 部品: 守秘義務について
 職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさないことを義務としている。
 これはどのような雇用形態でもあてはまり、雇用の際に提示され退職してからも続く。
 違反した場合は法的措置をとる。
 
 部品: 通貨払いの原則
 賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。
 
 部品: 直接払いの原則
 ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。
 
 部品:  全額払いの原則
 給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。
 
 部品:  毎月一回以上の原則
 毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。
 
 部品: 一定期払いの原則
 一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。
 
 部品: 基本給
 文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。
 
 部品:  手当
 基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。
 
 部品: 残業代
 一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。
 
 部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
 家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。
 
 部品:  月60時間を超えた時間外労働の割増率
 一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。
 
 部品: 深夜残業手当
 22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。
 
 部品: 休日勤務手当
 法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。
 
 部品: 賞与
 定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。
 
 部品: 休憩時間
 一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。
 
 部品: 休憩時間付与の原則
 休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)
 
 部品: 手待ち時間
 仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。
 
 部品: 休日の原則
 使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。
 
 部品: 代休
 休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。
 
 部品: 振替休日
 あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。
 
 部品: 有給休暇
 6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。
 
 部品: 社長室の仕事
 社長業務のサポートを行う部署のこと。秘書課ともいう。
 社長室長という管理責任者がリーダーをつとめる。
 ここでは秘書達ををとりまとめる存在のことを指す。秘書の中でもさらに有能さが求められる。
 
 部品: 内部監査
 経営者の下実施される
 1.経営管理を目的として、自主的に業務や会計の状況を調査・分析する仕事。
 2.内部統制報告を目的として、内部統制の整備および運用状況を評価する仕事
 
 などがある。
 
 
 部品: 外部監査
 公認会計士等の組織体から独立した専門家によって実施される。
 財務諸表監査、内部統制監査などがあり
 いずれも経営者が報告書を提出し、監査を受ける。
 内部監査とは互いに補完し合う関係である。
 企業不正を防止するためにも、外部監査と内部監査は連携を取り合っている。
 
 部品: 営業部の仕事
 アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 
 部品: 営業企画部の仕事
 営業戦略立案、目標設定、営業戦術の策定、営業実績の把握と対策、販促ツールの制作、営業コンテストの実施や資料作成など。
 売れる環境を作る他、営業のモチベーションを上げることも大切になってくる。
 
 部品: 人事部の仕事
 社員を採用し、人事評価する部署であり 人事異動も担当する。
 評価結果に基づいて給与などの労働条件について、取りまとめも行う。
 
 部品: 人材開発研究部
 経営人材・幹部育成など経営リーダーとなりうる人材の育成や
 中堅社員の強化や新人教育研修の見直しなど、社員のスキルアップを担う部署。
 (技術や知識の教育的な意味であり、人体改造とかそういう意味は全くない)
 
 部品: 契約・取引法務
 社内の各部門が作成する売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約に際してその条項に法的な問題がないかを審査する仕事。
 契約文言があいまいになっていないか、関係法令に抵触していないか、契約相手との関係で不合理なリスクを負う内容になっていないか、将来紛争の原因になるような点がないか等についてチェックをする。
 
 部品: コンプライアンス法務
 コンプライアンスとは「法令順守」という意味で
 コンプライアンス法務とは
 社員の法務研修や社内の法律相談窓口、マニュアル作成などを行い
 コンプライアンスについて社内にいきわたらせる仕事である。
 
 部品: 紛争対応法務
 企業が何らかの法的問題に問われたり、逆に問うたりする場合、弁護士らとともに訴訟や交渉に対応する仕事。
 
 部品: 組織法務
 組織法務とは、定期的に開催される取締役会の運営、法的諸業務(発行や分割)、定款の変更、子会社の設立など
 組織構造、運営に関わる法務。
 
 
 部品: 契約管理業務
 基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。
 
 部品: 物品の管理
 筆記具やコピー用紙など事務用品の管理や、社員の名刺、会社封筒の発注といった消耗品の手配を行う。
 消耗品はの在庫管理を行いきらさないようにする。
 
 部品: 保守管理
 会社の機器や設備の保守を行う。
 施設の設備の保守契約を想定し、そのコストを比較検討して進める。
 緊急時の故障に対応する準備も行っておく。
 
 部品: 社内規定の作成・改定
 「基本経営規定」「組織規定」「業務関連規定」「経理規定」「人事規定」「総務規定」など、
 多岐に渡る社内規定を作成し、変更の必要が出た場合には都度改定する。
 
 部品: 文書管理
 株主総会、取締役会での議事録、社外との契約書、
 その他社員名簿や株主名簿など、社内文書全般を整理してファイリングしておく仕事。
 
 
 部品: その他庶務
 その他、ほか部署の担当ではない一般庶務も仕事となる。
 会社の規模によっては庶務課という専用の課をつくることもある。
 
 部品: 保安部の仕事
 火災などの対策(火災報知機、防災訓練、避難経路確保)施錠確認、
 防犯カメラ導入、警備会社と契約し、社内への不審者侵入を防ぐ。
 またこれらに関するメンテナンスも仕事内容である。
 
 
 部品: 代表取締役社長
 会社を代表する長であり、会社内部で業務執行を主導して指揮する役職のことである。会社業務における最高責任者。
 会社において常時一人しか存在しない。
 
 
 部品: 業務執行取締役
 取締役は取締役会の一員として業務意思決定を行うほか、割り当てられた業務の執行を行う。
 取締役となったものは会社に対する責任が発生する。
 
 部品: 監査役
 会社経営の業務監査および会計監査によって、違法または著しく不当な職務執行行為がないかどうかを調べ、それがあれば阻止・是正する機関。
 
 部品: 本部長
 部をいくつか束ねた本部の長。部がいくつも存在するのは規模の大きい会社であり、本部長は会社の上級管理職となる。
 
 部品: 部長
 部を統括する上位の管理職である。次長や課長以下の下位組織を部下として持つ他直属のスタッフも部下とすることがある。重要度の高い部には取締役などが当てられて兼務することも
 
 部品: 次長
 部長の下、課長の上に位置する立場。課や複数の下部組織を束ねた部において主に部内における運営事務の統括や部長の代理を業務とする。
 
 部品: 課長
 係より上の組織の区分である課の責任者を指す。課の事務を管理し、部下を監督する職である。中間管理職であり、中堅幹部でもある。
 
 部品: 係長
 業務を行う最小単位が係であり。係長とはその係の管理的立場にある者に対する役職である。主に、中堅、若手の管理職に与えられる役職。
 
 部品: 主任
 一般の従業員の中での熟練者をさす役職。管理職ではないがまとめ役といったような役割がある。チーフとも呼ばれる。
 
 部品: 依頼
 建築主から建築工事の依頼を受注するところから建築は始まる。建物の広さ・予算・利用用途などの建築にあたっての要望を聞き取り調査をおこなうことが満足のいく建物を作る第一歩となる。
 
 部品: 設計
 聞き取り調査の結果をもとに建物の設計図の作成をおこなう。どんな建物になるかを決める大切な工程で、建築主のイメージとの差異がないように平面設計図のほか立体図の作成などが行われる。
 
 部品: 建築確認申請
 作成した設計図を建築主に確認してもらい、了解が得られれば建築確認申請などの各種建築に必要な届け出をおこなう。
 
 部品: 施工業者の選定
 建築主は工事をおこなう施工業者を選定する。公共事業などの大規模な工事などでは公平な条件の下で競争入札をおこない、施工業者の選定をおこなう。
 
 部品: 工事の開始
 施工業者が決定すると実際の工事が始まる。設計図をもとに各種業者が集まって建築主の要望を満たす建物を作る。
 
 部品: 引き渡し
 工事の全工程が終了すると工事完了検査をおこない、問題がなければ建築主に引き渡しが行われる。この段階で建物は完成となり、依頼は完了する。
 
 部品: 復興計画受注のお知らせ
 このたびわが社は共和国復興計画の施設系建設を受注させていただきました。
 もちろんわが社の力だけで成せることではなく、各国のご協力の下全力であたらせていただく次第です。
 つきましては 各国の復興計画を聞き取りしご希望に沿った形での実現を目指したく思います。
 藩国ごとに特色があり、目指す場所が違います。そのことを念頭において事業にあたらせていただきます。
 
 部品: 復興事業の流れ
 今回の公共事業は各国の復興のため 職のない方に一時的に職を与え、給与を支給し、生活を整えていただくという目的があります。
 なのであくまでわが社は プランニングのご提案、とりまとめ、現地での人員確保、機材の調達、職業指導、有識者とのとりつなぎ、などのサポートに特化。
 わが社を通じてFEGだけが潤う、という形ではなく 現地で雇用が発生し、現地の経済が活性化することを目標とします。
 また、悪質な中抜き業者などが現れないよう監視、指導を徹底いたします。
 
 部品: 利益が出た場合
 今回の復興事業は公共事業であり、出た利益は国民の生活基盤となるべきであると会社の理念として考えます。
 もちろんわが社の社員も国民の一員なので 労働の対価は支払い、規模に見合った雇用を増やし、経済活動へ貢献する所存です。
 小さなことからこつこつと。よい仕事にはボーナスを。仕事が楽になるよう新しい機材を。有休、産休、育休は権利。目指せウルトラホワイト企業。
 雇用者への賃金、経費、もろもろ払った上でさらに多く利益が出た場合は
 学校、孤児院、病院などに寄付をし未来への投資としたく思います。
 これはわが社のイメージアップと長期を見越した受注アップに繋がると考えております。
 復興事業が終われば全国での建築規模は落ち着くでしょう、会社を大きくしすぎてつぶれぬようバランスをとります。
 
 部品: 公共事業終了後
 いただいた予算で公共事業が終了したあとは通常業務へと移行します。社員さんにはねぎらいをし、臨時ボーナスを出せるよう予算は別途組んでおきます。
 
 部品: 学力などで雇用条件を満たせない場合の支援
 人格、および技術(もしくは習得しようという意欲)に問題がなくとも
 読み書きなどの問題で雇用条件を満たせない場合、最低限の読み書き、計算が出来るまで支援する制度。
 希望者全員を支援できるわけではないが復興支援の一助として行う。
 守秘義務については雇用者と同等に発生する。
 
 部品: 支援条件
 勤労学生支援としているが、若年者限定ではない。
 就職の意思があり 一般的な読み書き計算を学ぶ意欲があり、またお金のない者。
 
 部品: 支援内容
 一時的にわが社の寮へ入寮していただき、日中は4~6時間の労働。夜間、寮内での1~2時間ほどの学習時間がある。
 食事は朝、夜支給される。労働内容は支援者の技術レベルに応じて振り分けられる。
 休憩時間は他の雇用者と同等に取得される。
 給料も出るが、寮の維持費や食費にまわされるため そんなに多くはない。
 学力レベルが向上し、支援の必要がなくなった時点で退寮していただく。
 
 その後の わが社への就職義務はありません。
 どうか貴方の好きな仕事を探して好きな勉強をしてください。
 
 部品: 森林組合支援
 A&Sは森林組合支援を表明している。
 FEGは高物理国家であるが、かつて木がなくなることで土壌汚染が広がり多くの人が命を失ったことを覚えている。
 また、建材となる木も無限ではない。
 収益の一部を森林組合に寄付し、切り倒した分の植林を行う。
 
 部品: 混ぜるな危険
 異なる物理域の技術を混ぜるのは事故の元である。そう、たとえNWでも。
 ファンタジー技術と科学技術を混ぜて使用しないよう厳重に注意をする。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "国家向け不動産会社ASEA(Bでの再スタート)",
     "children": [
       {
         "title": "国家向け不動産会社ASEA",
         "children": [
           {
             "title": "概要(A&S)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "会社概要",
                 "description": "本社所在地:FEG\n主な取り扱いは治安維持施設だが、その他医療施設や公共施設も取り扱う。\n通称A&Sとも呼ばれる\n現在は 久珂あゆみが代表取締役社長に就任している。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "沿革",
                 "description": "アイドレス各国での公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを販売する会社として設立。\n各国足りないものやあったら嬉しいものを増やす一方藩国イグドラシル外での戦時対策をする目的ではじまりました。\nhttp://blog.tendice.jp/200806/article_7.html",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "実績",
                 "description": "撤去されてしまう仮設住宅など以外の物件 約250の案件を処理。\n保険の導入 T17までの治安補正一覧管理。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "業務内容",
                 "description": "建築物の建造受注およびそれにかかわる手続き。\n建築物のメンテナンスも請け負う。\n一社ですべてをまかなっているわけではなく、子会社や外注も含む。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "A&S雇用",
             "children": [
               {
                 "title": "求人内容",
                 "description": "「地図に残る仕事、してみませんか?」\nA&Sでは公共施設、国営工場、その他公園、娯楽提供施設などを建築。\nそれに関わる人材を幅広く募集しています。\n書類審査、面接有り。\n",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "求める人材",
                 "children": [
                   {
                     "title": "一般的道徳観",
                     "description": "道徳とは無意識の中に存在している善悪の規範のことで、個人の価値観に依存する。\n自分の良心によって、善を行い悪を行わないこと。\nそのうえで一般的、としているのは\n自身が善だと思い込んでいても、悪とみなされることはあるからである。\n\n",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "新人採用有",
                     "children": [
                       {
                         "title": "新人レベルの基本的能力とは",
                         "description": "その職業の新人と呼ばれるレベルに達した者。職業ごとに求められる学力、技術は変わってくる。これらを備えていることが採用の最低条件となる。\nもちろん一人前やベテランも歓迎しております。",
                         "expanded": true,
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "新人",
                         "children": [
                           {
                             "title": "必要教育レベル",
                             "description": "文字の読み書きができ、簡単な計算能力を持ち(計算器具を使えば四則演算が正しく出来る)、周囲とのコミュニケーションが行える程度の教育が施されていることが求められる。\n学校のある藩国の場合、中学校卒業程度の能力に相当する。\n",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "先輩の指導",
                             "description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "作業マニュアルの遵守",
                             "description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "指示の遵守",
                             "description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "基本職業倫理",
                             "description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "法令の遵守",
                             "description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。\n",
                             "part_type": "part"
                           }
                         ],
                         "expanded": true,
                         "part_type": "group"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "給与と保障",
                 "description": "給与 業務内容、雇用形態、能力によって支給。\n賞与年2回。働きによって臨時賞与あり。\n交通費全額支給\n社会保険完備\n(給与額についてはあちらの物価にあわせ設定します。状況によって調整)\n",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "人材の教育",
                 "description": "A&Sでは人材の教育にも力を入れます。\n新人は先輩との2マンセルで担当事業にあたり、徐々に仕事を覚えてもらいます。\nもちろん研修期間でも給与は発生します。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "雇用形態",
                 "children": [
                   {
                     "title": "アルバイト",
                     "description": "非正規雇用形態の一種で、主に時間単位での契約となる。短期であることが多い。\n法律上パートとの明確な区別はないがここでは学生の労働者をアルバイトと称する。\n社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "パート",
                     "description": "非正規雇用の一種。パートタイムと呼ばれ、企業の所定の労働時間より労働時間が短い。\n社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "正社員",
                     "description": "正規雇用で雇われた社員のこと。役職を持つのは正社員のみである。社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "退職について",
                 "children": [
                   {
                     "title": "自己都合退職",
                     "description": "労働者個人の事情により本人が労働契約の解除を希望する場合。口頭、および書面での申請どちらも有効である。\n多くの場合即日~14日後に解除されることになっている。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "懲戒退職",
                     "description": "会社が提示した労働条件が事実と違う場合において「労働者が会社を懲戒するために」労働者が即時労働契約を解除すること。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "定年退職",
                     "description": "指定した年齢に達すると労働契約が終了し定年退職となる。\nA&Sでは60歳、希望者は65歳で定年となる。\n(PL、ACEについては 年齢の感覚が違うため定年制には当てはまらないものとする)",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "解雇",
                     "description": "普通解雇:就業規則違反などによる解雇\n懲戒解雇:重大な法令違反に基づく解雇\n人員整理、、整理解雇:経営上の都合や業務縮小による解雇。\n\nどれも「正当な理由」がなければ不当解雇となる。\n\nなお役員の解雇については役員会での解任決議によって行われる。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "退職金",
                     "description": "退職した労働者に払われる金銭のこと。\n金額は、主に退職日における勤続年数と職能に応じて計算され\n年数が長く、職能が高いほど、勤続年数当たりの単価が高額になる。\n懲戒解雇などの場合は支払われないか、減額されることがある。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "守秘義務について",
                 "description": "職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさないことを義務としている。\nこれはどのような雇用形態でもあてはまり、雇用の際に提示され退職してからも続く。\n違反した場合は法的措置をとる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "従業員の給与と休日",
                 "children": [
                   {
                     "title": "給与支払いのルール",
                     "children": [
                       {
                         "title": "通貨払いの原則",
                         "description": "賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "直接払いの原則",
                         "description": "ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。",
                         "expanded": true,
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": " 全額払いの原則",
                         "description": "給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。",
                         "expanded": true,
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": " 毎月一回以上の原則",
                         "description": "毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "一定期払いの原則",
                         "description": "一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   },
                   {
                     "title": "給与項目",
                     "children": [
                       {
                         "title": "基本給",
                         "description": "文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": " 手当",
                         "description": "基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "残業代",
                         "description": "一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目",
                         "description": "家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": " 月60時間を超えた時間外労働の割増率",
                         "description": "一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "深夜残業手当",
                         "description": "22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "休日勤務手当",
                         "description": "法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "賞与",
                         "description": "定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   },
                   {
                     "title": "休憩",
                     "children": [
                       {
                         "title": "休憩時間",
                         "description": "一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "休憩時間付与の原則",
                         "description": "休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "手待ち時間",
                         "description": "仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   },
                   {
                     "title": "休日",
                     "children": [
                       {
                         "title": "休日の原則",
                         "description": "使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "代休",
                         "description": "休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "振替休日",
                         "description": "あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "有給休暇",
                         "description": "6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。",
                         "expanded": true,
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "組織図",
             "children": [
               {
                 "title": "社長室の仕事",
                 "description": "社長業務のサポートを行う部署のこと。秘書課ともいう。\n社長室長という管理責任者がリーダーをつとめる。\nここでは秘書達ををとりまとめる存在のことを指す。秘書の中でもさらに有能さが求められる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "監査部",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "内部監査",
                     "description": "経営者の下実施される\n1.経営管理を目的として、自主的に業務や会計の状況を調査・分析する仕事。\n2.内部統制報告を目的として、内部統制の整備および運用状況を評価する仕事\n\nなどがある。\n",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "外部監査",
                     "description": "公認会計士等の組織体から独立した専門家によって実施される。\n財務諸表監査、内部統制監査などがあり\nいずれも経営者が報告書を提出し、監査を受ける。\n内部監査とは互いに補完し合う関係である。\n企業不正を防止するためにも、外部監査と内部監査は連携を取り合っている。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "営業部の仕事",
                 "description": "アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "営業企画部の仕事",
                 "description": "営業戦略立案、目標設定、営業戦術の策定、営業実績の把握と対策、販促ツールの制作、営業コンテストの実施や資料作成など。\n売れる環境を作る他、営業のモチベーションを上げることも大切になってくる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "人事部の仕事",
                 "description": "社員を採用し、人事評価する部署であり 人事異動も担当する。\n評価結果に基づいて給与などの労働条件について、取りまとめも行う。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "人材開発研究部",
                 "description": "経営人材・幹部育成など経営リーダーとなりうる人材の育成や\n中堅社員の強化や新人教育研修の見直しなど、社員のスキルアップを担う部署。\n(技術や知識の教育的な意味であり、人体改造とかそういう意味は全くない)",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "法務部",
                 "children": [
                   {
                     "title": "契約・取引法務",
                     "description": "社内の各部門が作成する売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約に際してその条項に法的な問題がないかを審査する仕事。\n契約文言があいまいになっていないか、関係法令に抵触していないか、契約相手との関係で不合理なリスクを負う内容になっていないか、将来紛争の原因になるような点がないか等についてチェックをする。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "コンプライアンス法務",
                     "description": "コンプライアンスとは「法令順守」という意味で\nコンプライアンス法務とは\n社員の法務研修や社内の法律相談窓口、マニュアル作成などを行い\nコンプライアンスについて社内にいきわたらせる仕事である。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "紛争対応法務",
                     "description": "企業が何らかの法的問題に問われたり、逆に問うたりする場合、弁護士らとともに訴訟や交渉に対応する仕事。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "組織法務",
                     "description": "組織法務とは、定期的に開催される取締役会の運営、法的諸業務(発行や分割)、定款の変更、子会社の設立など\n組織構造、運営に関わる法務。\n",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "契約管理業務",
                     "description": "基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "総務部",
                 "children": [
                   {
                     "title": "物品の管理",
                     "description": "筆記具やコピー用紙など事務用品の管理や、社員の名刺、会社封筒の発注といった消耗品の手配を行う。\n消耗品はの在庫管理を行いきらさないようにする。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "保守管理",
                     "description": "会社の機器や設備の保守を行う。\n施設の設備の保守契約を想定し、そのコストを比較検討して進める。\n緊急時の故障に対応する準備も行っておく。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "社内規定の作成・改定",
                     "description": "「基本経営規定」「組織規定」「業務関連規定」「経理規定」「人事規定」「総務規定」など、\n多岐に渡る社内規定を作成し、変更の必要が出た場合には都度改定する。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "文書管理",
                     "description": "株主総会、取締役会での議事録、社外との契約書、\nその他社員名簿や株主名簿など、社内文書全般を整理してファイリングしておく仕事。\n",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "その他庶務",
                     "description": "その他、ほか部署の担当ではない一般庶務も仕事となる。\n会社の規模によっては庶務課という専用の課をつくることもある。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "保安部の仕事",
                 "description": "火災などの対策(火災報知機、防災訓練、避難経路確保)施錠確認、\n防犯カメラ導入、警備会社と契約し、社内への不審者侵入を防ぐ。\nまたこれらに関するメンテナンスも仕事内容である。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "役職",
             "children": [
               {
                 "title": "役員",
                 "children": [
                   {
                     "title": "代表取締役社長",
                     "description": "会社を代表する長であり、会社内部で業務執行を主導して指揮する役職のことである。会社業務における最高責任者。\n会社において常時一人しか存在しない。\n",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "業務執行取締役",
                     "description": "取締役は取締役会の一員として業務意思決定を行うほか、割り当てられた業務の執行を行う。\n取締役となったものは会社に対する責任が発生する。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "監査役",
                     "description": "会社経営の業務監査および会計監査によって、違法または著しく不当な職務執行行為がないかどうかを調べ、それがあれば阻止・是正する機関。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "本部長",
                 "description": "部をいくつか束ねた本部の長。部がいくつも存在するのは規模の大きい会社であり、本部長は会社の上級管理職となる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "部長",
                 "description": "部を統括する上位の管理職である。次長や課長以下の下位組織を部下として持つ他直属のスタッフも部下とすることがある。重要度の高い部には取締役などが当てられて兼務することも",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "次長",
                 "description": "部長の下、課長の上に位置する立場。課や複数の下部組織を束ねた部において主に部内における運営事務の統括や部長の代理を業務とする。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "課長",
                 "description": "係より上の組織の区分である課の責任者を指す。課の事務を管理し、部下を監督する職である。中間管理職であり、中堅幹部でもある。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "係長",
                 "description": "業務を行う最小単位が係であり。係長とはその係の管理的立場にある者に対する役職である。主に、中堅、若手の管理職に与えられる役職。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "主任",
                 "description": "一般の従業員の中での熟練者をさす役職。管理職ではないがまとめ役といったような役割がある。チーフとも呼ばれる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "建物ができるまで",
             "children": [
               {
                 "title": "依頼",
                 "description": "建築主から建築工事の依頼を受注するところから建築は始まる。建物の広さ・予算・利用用途などの建築にあたっての要望を聞き取り調査をおこなうことが満足のいく建物を作る第一歩となる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "設計",
                 "description": "聞き取り調査の結果をもとに建物の設計図の作成をおこなう。どんな建物になるかを決める大切な工程で、建築主のイメージとの差異がないように平面設計図のほか立体図の作成などが行われる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "建築確認申請",
                 "description": "作成した設計図を建築主に確認してもらい、了解が得られれば建築確認申請などの各種建築に必要な届け出をおこなう。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "施工業者の選定",
                 "description": "建築主は工事をおこなう施工業者を選定する。公共事業などの大規模な工事などでは公平な条件の下で競争入札をおこない、施工業者の選定をおこなう。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "工事の開始",
                 "description": "施工業者が決定すると実際の工事が始まる。設計図をもとに各種業者が集まって建築主の要望を満たす建物を作る。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "引き渡し",
                 "description": "工事の全工程が終了すると工事完了検査をおこない、問題がなければ建築主に引き渡しが行われる。この段階で建物は完成となり、依頼は完了する。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "B世界での再スタート",
         "children": [
           {
             "title": "復興計画受注",
             "children": [
               {
                 "title": "復興計画受注のお知らせ",
                 "description": "このたびわが社は共和国復興計画の施設系建設を受注させていただきました。\nもちろんわが社の力だけで成せることではなく、各国のご協力の下全力であたらせていただく次第です。\nつきましては 各国の復興計画を聞き取りしご希望に沿った形での実現を目指したく思います。\n藩国ごとに特色があり、目指す場所が違います。そのことを念頭において事業にあたらせていただきます。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "復興事業の流れ",
                 "description": "今回の公共事業は各国の復興のため 職のない方に一時的に職を与え、給与を支給し、生活を整えていただくという目的があります。\nなのであくまでわが社は プランニングのご提案、とりまとめ、現地での人員確保、機材の調達、職業指導、有識者とのとりつなぎ、などのサポートに特化。\nわが社を通じてFEGだけが潤う、という形ではなく 現地で雇用が発生し、現地の経済が活性化することを目標とします。\nまた、悪質な中抜き業者などが現れないよう監視、指導を徹底いたします。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "利益が出た場合",
                 "description": "今回の復興事業は公共事業であり、出た利益は国民の生活基盤となるべきであると会社の理念として考えます。\nもちろんわが社の社員も国民の一員なので 労働の対価は支払い、規模に見合った雇用を増やし、経済活動へ貢献する所存です。\n小さなことからこつこつと。よい仕事にはボーナスを。仕事が楽になるよう新しい機材を。有休、産休、育休は権利。目指せウルトラホワイト企業。\n雇用者への賃金、経費、もろもろ払った上でさらに多く利益が出た場合は\n学校、孤児院、病院などに寄付をし未来への投資としたく思います。\nこれはわが社のイメージアップと長期を見越した受注アップに繋がると考えております。\n復興事業が終われば全国での建築規模は落ち着くでしょう、会社を大きくしすぎてつぶれぬようバランスをとります。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "公共事業終了後",
                 "description": "いただいた予算で公共事業が終了したあとは通常業務へと移行します。社員さんにはねぎらいをし、臨時ボーナスを出せるよう予算は別途組んでおきます。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "勤労学生支援制度",
             "children": [
               {
                 "title": "学力などで雇用条件を満たせない場合の支援",
                 "description": "人格、および技術(もしくは習得しようという意欲)に問題がなくとも\n読み書きなどの問題で雇用条件を満たせない場合、最低限の読み書き、計算が出来るまで支援する制度。\n希望者全員を支援できるわけではないが復興支援の一助として行う。\n守秘義務については雇用者と同等に発生する。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "支援条件",
                 "description": "勤労学生支援としているが、若年者限定ではない。\n就職の意思があり 一般的な読み書き計算を学ぶ意欲があり、またお金のない者。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "支援内容",
                 "description": "一時的にわが社の寮へ入寮していただき、日中は4~6時間の労働。夜間、寮内での1~2時間ほどの学習時間がある。\n食事は朝、夜支給される。労働内容は支援者の技術レベルに応じて振り分けられる。\n休憩時間は他の雇用者と同等に取得される。\n給料も出るが、寮の維持費や食費にまわされるため そんなに多くはない。\n学力レベルが向上し、支援の必要がなくなった時点で退寮していただく。\n\nその後の わが社への就職義務はありません。\nどうか貴方の好きな仕事を探して好きな勉強をしてください。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "その他",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "森林組合支援",
             "description": "A&Sは森林組合支援を表明している。\nFEGは高物理国家であるが、かつて木がなくなることで土壌汚染が広がり多くの人が命を失ったことを覚えている。\nまた、建材となる木も無限ではない。\n収益の一部を森林組合に寄付し、切り倒した分の植林を行う。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "混ぜるな危険",
             "description": "異なる物理域の技術を混ぜるのは事故の元である。そう、たとえNWでも。\nファンタジー技術と科学技術を混ぜて使用しないよう厳重に注意をする。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]