※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アムダプールAmdapor


かつて黒衣森外縁部に存在していた都市国家。
第五星暦時代に白魔法を編み出したことで繁栄を極めたと伝えられている。
しかし、魔大戦を経て、第六霊災によって滅び去ってしまった。

歴史

どのような経緯で勃興したのかは、現時点では判明していない。
しかし、敵対勢力が破壊の力として「黒魔法」を編み出したことに対抗し、
癒やしと浄化の力「白魔法」を編み出したことが判明している。
その後、エオルゼア全土を巻き込む戦争「魔大戦」が勃発。
敵対陣営によって、市街地に侵攻されたうえ、妖異ディアボロス」を召喚されるなど、多大な損害を被った。
なお、ディアボロス自体はアムダプールの白魔道士の奮戦により、封印されたものの、
その後の「第六霊災」による大洪水には耐えられず、アムダプール文明は滅んでしまったようだ。

精霊による秘匿

アムダプール文明の存在は、つい最近まで白魔法の継承者である「角尊」たちしか知らなかった。
環境エーテルを用いる「白魔法」が、再び乱用されることがないようにと、精霊たちが森を押し広げ、
アムダプールの遺跡を呑み込んだうえに魔法的に秘匿していたためである。
これにより遺跡は、人々の目から隠されていたという。
しかし、第七霊災によって封印にほころびが生じ、そこに存在していた遺跡に、人々が気付くようになってしまったようだ。

関連する遺跡

古城アムダプール 黒衣森:南部森林 アムダプール文明が誇る城塞の遺跡
古アムダプール市街 黒衣森:南部森林 アムダプールの市街地跡。ディアボロスが封印されている