コンビ別戦術

特性の近い機体同士の対戦やガチで辛い弱機体は割愛します。

ガブ+275vs.非可変310+275】
かなりの頻度で起こる組み合わせ。
ガブ側:展開としては非可変310に近づかれたら追い払いつつ275を片追い2落ちさせるのが理想。
相手310は275を狩らせまいとガブ狙いを止めに来る事が多い。掴まったら死ぬので距離感が大事。
敵310が前に出すぎならば310狙いに移行するのも良いが、釣りという可能性もある。
後半削られると逆転は難しいので、先出し覚醒(機動強襲どっちもアリ)で予め敵275を削ってしまうのも良いだろう。
非可変310側:310は相方275を守るためガブに粘着。2回落とせそうなら一気に勝負を決めてしまうのもアリ。
被片追いには機動安定なイメージもあるが、ギャプ絡みかつチャンスを逃さない自信があるなら強襲も。

【乙br+cメタスvs.ガブ+275】
乙側:理想論から行くと、メタスの足止めが機能している間に片方を狩り殺す。擬似タイマンでは負ける要素が無い。
cは低火力でダウンも奪いづらく放置されやすい。貧弱brも差しまくれば良い火力、くれぐれも丁寧な展開を。相手にアッシがいるならc単機で粘着もあり。
しかし低コが狙われると途端に厳しい。ダラダラした展開は要らぬ事故を招くので、乙が変形ビームなどで速攻を掛ける必要すらある。
ガブ+275側:できれば乙を適宜削りつつ低コ2落ちを狙いたい。
放置するには面倒なメタス追うより放置が楽なcと相手機体にもよるが、敢行できれば乙の残弾と残コスト補正の兼ね合いから火力差で有利に立てる。
ただし195の3落ちへシフトされると残コ補正が平たくなり、195を4回落とすのは流石に厳しいので速攻が大事。


【乙br+cメタスvs.非可変310+275】
乙側:cメタスで非可変310を足止めするのは相当難しいため、いっそ徹底して275を片追いしてしまおう。cは相変わらず片追い参加だが、やはり当てる力量が無いと放置が辛い。
275に対するダメージ源は殆ど乙任せでcメタスは適宜310の邪魔をしつつ、事故には細心の注意を。
非可変310側:安全策は乙に粘着。でないと275が一瞬で狩られる危険も。
しかし310で低コを捕えた場合は一気に落としてしまおう。狩る速度はこちらの方が早い。

【310+275vs.犬+225】
310側:ガブシャゲギャプなら有利。どちらが上下から挟み込んでステ取りと変形撃ちが非常に有効。
ゲルならば意地でも落とさないこと。
犬側:相方がゲルなら丁寧に動いてクロス狙い。ゲルが弾切れすると終わる。犬はタイマンに持ち込もう。

【乙br絡みvs.犬+225】
乙側:犬と悠長にタイマンしないこと。コストを鑑みると相性が悪いので、釣りながら225を狩るか全力で犬を片追いしたい。ゲルなら極力無視。
犬側:乙を追いかけたい所だが、いかんせん火力と装甲が足りない。機動力だけは足りているが相方は非可変のゲル。
乙は高誘導射撃が変形撃ちのみなので、基本ガン待ちでゲルとクロスを狙えるといいかも。
ゲル先落ちは厳禁。強襲乙は機動でも逃げ切れない。

【vs.wブラ】
残弾の関係で先に落とした方を片追い。注意すべきは一発ダウンの変形brと空d格による高ダメージカット。腕ビクロスが出来る相手だと更に厄介。

転ばされてペースを崩されるのは避けたい。
可変機としては小回りが利く方なので、あっさりダウンを取られて1on2で囲まれフルボッコというのが一番怖い。
ブラは自分から攻める武器こそ多いが、攻められると背ビくらいしか追い払う手段が無いので、逆に2on1の状況を取れたら何もさせず落としたい。
最終更新:2022年03月22日 06:33
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。