• atwiki
  • Françoise Hardy @ wiki

Françoise Hardy @ wiki

最終更新:

hardy

- view
管理者のみ編集可

Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ @ wikiへようこそ


日本のアルディ・ファンの皆さんでフランソワーズ・アルディwikiを作っていきましょう。
  • Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ @ wiki』は誰でも閲覧可能です。
  • ページの新規作成、既存ページの編集は、メンバー登録をすることにより、誰でも自由に出来ます。寄せ書き感覚でどんどん情報を増やしていきましょう!
  • 伝言板】でも、御意見・御質問・御要望などお待ちしています。



フランソワーズ・アルディ Françoise Hardy
フル・ネーム: フランソワーズ・マドレーヌ・アルディ Françoise Madeleine Hardy
生年月日: 1944年1月17日
出生地: フランス、パリ
身長: 172cm
体重: 49kg
(1962年のプロフィールより)

  • 1962年、フランス版ロックン・ロール « yé-yé » ブームが吹き荒れる最中、自作の『男の子女の子 (Tous les
    garçons et les filles)
    』でデビュー。 « Yé-yé » とは程遠い6/8拍子の曲だが、新時代の若者の純愛を歌った歌詞が同世代に大いにアピールし、ロングラン・ヒット。翌年にはセールス200万枚を記録し、「エディット・ピアフが18年かかった記録を18ヶ月で塗り替えた」と喧伝されるようになる。
  • 1964年からロンドンにてレコーディングを開始し、60年代のスウィンギング・ロンドン華やかなりし頃のUKポップ・シーンにも深く関わる。60年代のUKシングル・チャートにTOP40ヒットを複数放った唯一のフランス人アーティストでもある。
  • 70年代以降もシンガー・ソング・ライターとして人気を維持。日本では特に1973年、本国では68年にリリースされていた『さよならを教えて (Comment te dire adieu) 』が洋楽TOP10にランク・インする大ヒットを記録。今やフランスでは最も有名な大御所アーティストのひとりである。
  • 音楽面のみならず、Vogue、Elle、Marie Claire等、モード・マガジンの表紙を飾り、また、ロジェ・ヴァディムやジャン=リュック・ゴダール等の映画にも起用されるなど、フランスを代表するポップ・アイコンとなる。占星術への造詣も深く、近年では、占星術の書籍を執筆したり、ラジオ番組の占星術コーナーを担当するなど、その多才ぶりを発揮。
  • 現在、シンガーとしても、もちろん現役。2008年1月現在の最新オリジナル・アルバムは2006年リリースの «(Parenthèses)»(日本未発売)。
    • 1963年、シャルル・クロ・アカデミー、レコード大賞受賞。
    • 2000年、SACEM フランス語歌謡(シャンソン)大賞受賞。
    • 2006年、アカデミー・フランセーズ、フランス語歌謡(シャンソン)大賞受賞。



2008-04-13~
-