「非則霊夢対策」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

非則霊夢対策」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *博麗 霊夢
 
 **特徴
 同キャラ、全ての距離において五分五分。
 他キャラから見て、霊夢同士の同キャラ対戦は結構楽しいとも言われている。
 自分が普段使っているスキル、スペカがどんだけ脅威なのか味わういい機会。
 特にバスター、青玉については恐怖を覚えやすい。
 通常技の振り方、固めを参考にして戦っていこう。
 他の人たちの動きを真似たりしてレベルを上げるいい機会。
 
 なお溜Cを使うと圧倒的有利に立ち回れる(相手がこれを消すのには同じく溜Cを投げるくらいしか道がない。)
 中距離~遠距離で亜空や奇襲等に注意して投げれば非常に有利に立ち回る事が出来る。
 逆に溜Cと一緒に来られた場合には素直に高飛びやガードをすることを推奨。
 ガードの拘束力が半端ない、そこにも注意しておきたい。
 
 さらに銭があるとこれまた強い、JAを中央地上ガードした後に一回銭を発動すれば固めを終わらせる事が可能。
 
 **警戒すべきスキル/スペカ
 -博麗アミュレット
 --素アミュ、バスターが弱体した為、使う人はそれなりにいる。
 --座布団一枚投げると簡単に消えてくれるが、同キャラではそれなりに機能したりする。
 
 -妖怪バスター
---甘えた射撃には容赦なく刺さるドゴゴゴンドゴゴゴゴンドゴゴゴン
+--甘えた射撃には容赦なく刺さる
 --中距離での速射は脅威となる。
 
 -拡散アミュレット
 --座布団やアミュやバスターで簡単に消えるので同キャラでは使い道があまりないと思われる。
 
 -昇天脚
 --安易な空中打撃のカウンター手段として使える。リバサ昇天脚は2Aを重ねれば一方的に勝てる。
 --判っているだろうけど、疎雨の打撃無敵には一応注意。
 
 -抄地昇天脚
 --使う人はあまりいないと思われる。
 --固めでのわからん殺しに注意、B版、C版共に初段が下段、二段目が中段、三段目が中段。
 
 -雨乞祈り
 --1.10より強化、死にスキルじゃなくなったが、使う人は相変わらずいない。
 --当ててもリターンが低く、フォロースペカをたくさん積まないと非常にきつい。
 --J6A、J8A後に安易にグレイズすると狩られる
 --中央固めからのいきなりめくられる時もあるので要注意。
 --これを使われると6A、J6A、J8Aが結界ポイントじゃなくなる。
 
 -警醒陣
 --警醒陣を張られたら警醒陣でやり返すと○、相殺はしないがお互いの警醒陣が残り近寄りづらくなる。
 --相手の警醒陣を貫通する為、これを盾にしてカード等を使っている相手のド肝を抜く事も出来る。
 
 -繋縛陣
 --レベルマックスになったら受身は基本やめておいたほうがいい。
 --使われて初めてわかる繋縛陣の脅威、川霧、レベルマックスのこのスキルは地獄と化す。
 --固めで使ってくる場合もあるので注意、ややシビアだが見てから亜空で逃げたりCサマーで突っ込む手もある。
 
 -常置陣
 --これをお互いが使うとクソゲー率がアップする。
 --発生保障がある脅威のスキルカード、これのおかげで助かった場面も多いはず(特にレミリア、妖夢相手)
 --置かれた部分には突撃しないこと、消えるまで我慢しよう。(お互いが置くとお互いが待ちになってしまうので我慢合戦。)
 
 -亜空穴
 --めくりB亜空には注意。B亜空ガン読み前DしたらC亜空でしたーとかもあるので大人しくガードかバックステップ推奨。
 
 -封魔亜空穴
 --針を投げる、同キャラだと機能はしづらい為使ってくる人は少ないかと思われる。
 
 -刹那亜空穴
 --連ガにならない構成に割り込み余裕でしたをする上級者がちらほら見られる。
 --このスキカを構えられたら固めといきなりやめるのもいいかもしれない。
 
 
 以下スペカ
 
 -珠符「明珠暗投」
---おんみょうだまを喰らえ~!
 --主に隙消し、使われた場合無理に突っ込まない事、自分が玉に当たってダメ負けする場面も多い。
 --甘い明珠暗投には3Aとかでぶっ飛ばす事も可能、Cサマーで突っ込んでみても面白い。
 
 -霊符「夢想妙珠」
 --画面端2C>夢想妙珠 の流れに要注意したい。霊力を3持って行く。
 --普段使う人があまりいない為、なおさら。
 
 -宝符「陰陽宝玉」
 --霊夢を象徴するスペカの一つ、全キャラの2コスの中でも随一の性能を誇る。
 --基本はDAから使ってくる、DA>陰陽宝玉をガード後は有利、ターンを奪って固めに移行したい所(反確は取れない。)
 
 -夢符「封魔陣」
 --使ってる人はあまりいないと思われる。
 --使われるのを見てから青玉を入れたりする事も出来る。
 
 -神技「天覇風神脚」
 --主に切り返し、持たれた時は要注意。逆にガードするとフルコンが可能。
 
 -結界「拡散結界」
 --ほぼ台風専用。
 
 -八方鬼縛陣
 --当たらないからぶっぱするなよ! 絶対だぞ!
 
 -陰陽鬼神玉
 --自分で受けて判るこのスペカの恐ろしさ。2AやDAから4000ダメージ。
 --6A/2A誤ガ>2B>青玉>2Bの確定割から2000~3000ダメージ取られる。
 --このスペカ自体をどうこうするのは無理なので、食らわないように動くしかない。
 //--攻撃判定出現後2秒少々で結界可能だが打撃重ねには注意。適当に結界すると2A、6A、J6Aなどが刺さって結局フルコンになる事も
 
 -夢想封印
---ムソーフーイン!
 --高空JAガードしたらほぼ確定割、それを逆手にとって結界ポイントじゃないところでいきなり結界すると避けやすい。
 
 -夢想天生
 --テーレッテー
 --端射撃クラッシュ確定コン、昇龍スカし、CH始動打撃4hitコン等ロマン溢れる最高のスペルカード。
 --他キャラにはない音楽とダメージをぜひ同キャラでも決めてほしい。
 --お互いがこれを使うと15秒間、まさに手に汗握る&del(){世紀末星七つを取り合う、死兆星を相手に輝かせてやろう。}
 --展開している玉が非常に邪魔でお互い使用時に固められている時はクラッシュモーションが非常に見えづらいので注意。
 
 **クラッシュ属性攻撃
 -中段 B亜空穴、H6A
 -下段 H3A
 
 **空中ガード不可攻撃
 A連、遠A、6A、2A、DA、DB、抄地昇天脚1段目
 
 
 **各状況の対策
 
 -近距離
 --五分五分。
 --JAを当てるため飛べ!ヤツよりも高く!&br()自分が上だからといってむやみやたらにお払いしようとすると、さきに射撃され当たったり、&br()無敵になったサマーくらったりするので注意、まあほかのキャラとの対戦でもいえるんだけど。&br()そのへんを考えて相手に自分のJA差しこみセンスを魅せつけろ!
 --上手い霊夢使いはJ2A、J6A、J8Aをいった他の技も的確に差し込んでくる、そこを利用し、自分の打撃センスを見せつける事も大事である。
 --特にJ8Aは同キャラでも要の技となる。
 
 -中距離
 --五分五分
 --前方向にグレイズしない。霊夢のテンプレ行動Corアミュ>JAに引っかかる。&br()という訳でこの距離で相手の射撃に対して前グレイズするのはやめましょう。&br()射撃の隙が見えてくるまで我慢比べ。
 --溜Cを投げると圧倒的に有利に立ち回れる、使われた場合は素直に逃げるかガードしたい。
 
 -遠距離
 --五分五分
 --B亜空に注意したい、お互いが同じタイミングでB亜空をしたらその光景はシュールである。
  
 -空対空
 --五分五分、相手が上にいた場合は即座にJ8Aで蹴り上げたい。
 --技の使い方のセンスが明確に現れる。この差込が勝利に即決すると言っても過言ではない。
 
 -地対空
 --基本的に空中側のJAによる押し込みが有利だが、霊夢は対空手段も豊富。
 --6B、3A、Bサマーといった手段をフルに生かそう。
 --なお他キャラの例にもれず霊夢JAを対空2AでJAをスカらせる事も可能。完全密着じゃなくてもスカせる。
 
 -空対地
 --基本はJAで押し付けていきたいがJ2Aも忘れずに。
 --相手の6B、3Aに特に注意しておきたい。J2B等を撒いているとC亜空でぶっ飛ばされる時もある。
 
 **固め、運び対策
 5B、6A、J6Aでしっかり抜ける事が大事。
 
 |No.|>|パーツレシピ、対応|その後の連携|備考|
 |1|6A|結界||安定かつ推奨ポイント|
 |~|~|結界|昇天脚|結界狩り、B版をガードできた場合フルコン可能。|
 |~|~|結界|B射|B射1発目で結界してもよい。|
 |~|~|前D|B射|勘、上手くグレイズできたらラッキー程度で、フルコン確定。|
 |2|B|結界||1発目結界ド安定、画面端最低空J6Aさえ避けれる。|
 |~|~|結界|昇天脚|結界狩り|
 |~|~|結界|最低空J6A|1発目結界だと安定、それ以降だと当たりやすい。|
 |3|2B|結界||最低空J6Aに刺さるので注意。|
 |~|~|7j|最低空J6A|最低空J6Aをガード出来る。|
 |4|最低空J6A|結界|何かしらの射撃|J6Aに前結界安定。|
 
 霊夢の固めは基本的に6A、B射一発目、J6A、J8Aに対し結界すればほぼ避けれる。
 しかし空中固めでもJA>JB等で揺さぶられたり繋縛陣を出されたりしてつらい場面もある。
 殆どチキガをして耐えたい所だが、時にはいきなり前Dしたりするのも大事と思われる。
 
 **コメント
 #pcomment(,reply)