【種別】
異世界・魔術理論

【初出】
二十二巻。アレイスターとフィアンマの対話にて
「異世界」としては四巻で言及あり

【解説】
「真なる科学の世界」「純粋な物理法則の世界」の上に人が投影し、塗り重ねた宗教概念のこと。
即ち、
十字教・イスラム教・仏教・カバラ・日本神話・北欧神話・ケルト神話・ギリシャ神話・エジプト神話・アステカ神話・インカ神話などの
宗教・神話に語られる
「天国」「地獄」「六道」「四界」「黄泉」「ユグドラシル」「アヴァロン」「オリンポス」「冥界」「ミクトラン」「ティティカカ」といった
神、天使や悪魔などの超越存在が住まう異世界を指す。
また、上記の事実から単に「フィルター」とも通称される。
とあるシリーズの世界における魔術の源であり、魔術以外にもさまざまな形で現実世界に影響を与えている。

作中の世界においては、この宗教概念は単なる空虚な妄想というわけではなく、
位相の異なる異世界として確かに実体を持って存在し、現実世界に影響を及ぼすことさえある。
例えば、魔術はこれら異世界における法則を強引に現実世界へ適用することで超自然現象を引き起こしている。
学園都市製の超能力が発しているAIM拡散力場の集合である虚数学区・五行機関も、限定的なものであることを除くと上記の異世界に相当する。

こうした宗教概念・異世界のことを、作中では(別位相の世界という意味で)主に「位相」と呼んでいる。
上記の宗教・神話由来のもの以外では隠世が該当している。
なお、新たな天地に関しては確かに異世界ではあるものの、「同一時間軸上の余剰領域」であるが故に該当はしない。

これら異世界は現実世界と位相、つまり次元が異なるため、人の身では如何なる手段を用いても観測することは出来ないし、
侵入することも不可能に近い。
但し、「不可能に近い」だけであって例外も存在し、
作中ではアレイスターが「存在しない数で埋め尽くされた座標を十進法に変換する」ことで
無理やり隠世に侵入している。その後隠世は崩壊し、「世界」としての体を成さなくなった。

魔術を用いる用いないに関わらず、人の目に映る世界はこうした宗教概念という色眼鏡を介した歪んだ景色に過ぎない。
故にもし、その色眼鏡を変化させる程の力があれば、世界の「見え方」はがらりと変わってしまうことになる。
その場合、向こう側にある「真なる科学の世界」そのものを直接弄っているわけではないが、
人の主観で言えば、世界そのものが作り替えられているのと全く変わらない。

魔神とは魔術を極め、人の身でありながら神格へと至ることで、位相を操り世界改変を行える程の力を得た者のことである。
魔神は「真なる科学の世界」と無数の位相から成る既存の世界の上に、
新しい位相を差し込むことで「世界の見え方」を変え、世界改変を行っている。
改変された世界は魔神の思い通りとなり、天国のように幸福な世界も、地獄のように不幸な世界も自由自在に作れる。

細かいところまで完全に掌握しているわけではないらしく、
オティヌス曰く
「事象の全てを一つずつ自分の手で設計するわけではなく、計算された中心核から無限に広がる雪の結晶を眺めるようなもの」らしい。
基本的に既存の位相は破壊せず、新しい位相を差し込んで「世界の見え方」を変化させるが、
唯一「黒一色の世界」だけは、重なった全ての位相を破壊して生まれる世界である。
(実際のところオティヌスは隠世の存在に気付いていなかったため、
「全ての位相」を破壊していたのかは疑問であるが。)

なお魔神ほどではないにせよ、通常の魔術師たちも魔術を使う度に位相に干渉している。
結果、位相と位相の間に力が生じて衝突し、大小様々な「火花」が生まれる。
この「火花」こそが人々の運命・不幸と呼ばれるものの正体である。


最終更新:2019年04月24日 11:02