【種別】
超能力

【元ネタ】
Telepath=「精神感応者」

【初出】
一巻

【解説】
自分の思考を相手に読ませる能力。
遠距離にいる相手に対して使える能力者もおり、その場合念話能力としても数えられるようだ。
読みが同じなのも恐らくそのため。
ミサカネットワークと同じく、代理演算を行うことも可能な模様。
テレスティーナ曰く、高位の『精神感応』は希少であるらしい。

作中で判明している情報としては、
風紀委員四葉がレベル4の『精神感応』を有するらしい。
二之腕付属中学には、齧歯類限定の精神感応能力者が2名所属。
アニメ版とある科学の超電磁砲では、レベル2相当の能力者である春上衿衣が登場した。
なお、春上の能力のルビは「テレパシー」だった。

一般的に他作品においては、
精神感応(テレパス)は相手の思考を読む事が出来る能力として登場する。
精神感応(テレパシー)は離れた相手と心で会話出来る能力として登場する。

【備考】
「とある三月の贈与交換&とある三月の二〇一巻」では『意思疎通』と表記されていたが、本編に適用される設定かは不明。