累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

術伝流一本鍼no.15 指の使い過ぎで動かしづらい

(1)先急一本鍼 (運動器) 指の使い過ぎで動かしづらい
 先回は、指周りの辛さを糸状灸で改善する方法を紹介しまし
た。

 今回は、その応用で、バイトで重い物を持ちすぎて、指が動
かしづらくなってしまった状態の二人を、鍼灸で改善した例を
解説します。熱さが苦手な人もいるので、片方は、あえて、鍼
のみで試させてもらいました。

1.依頼の経過

 互いに症例などを相談し合うメーリングリストを開いていま
す。そこに、前に日曜講座1期に出ていた鍼灸学校生から、相
談のメールが来ました。

 クラスメートがバイトで重い物を上げ下げした結果、両手の
指が曲げづらく、握ったり開いたりの動きが、寒さでかじかん
だような、ぎこちない感じになってしまったということでした。

 メールでやり方を伝えて、お灸をしてもらったのですが、改
善がイマイチだったようです。

 そこで、メールをなんどかやりとりして相談し、そのクラス
メートと、そのバイト先の同僚で似た症状の人の二人を、日曜
の鍼灸講座で施術して見せ、紹介者とクラスメートの人には、
治療の仕方を覚えてもらうということになりました。

 事前に送ってもらった二人の症状は、以下の通りでした。

ーーーーー
(1)Hさん(20代女性)、クラスメイトです。
主訴:手を握る動作がしづらい(両手)。動きもぎこちないで
すし、痛むときもあるそうです。

 週に1回、飲食店のアルバイトで15,6キロのお釜を毎日5,6回
かなりの高低差を上げ下げしています。ただ、最近はアルバイ
トの回数を減らしたので、辛さは軽減しているそうです。

(2)30代男性、Hさんのアルバイト先の人です。
主訴:腱鞘炎で、手を握る動作がかなり制限される(両手)。

 この人は毎日勤めています。整形外科で腱鞘炎の診断を受け、
ロキソニンを服用。「手を休めるしかない」と言われているそ
うです。
ーーーーー

2.鍼灸学校生を鍼で改善

 先ずは、比較的軽い鍼灸学校生から。講座の終わり際を使う
ため、二人で30分しか取なかったので、一番痛む所のみを改
善し、後は、本人や紹介の鍼灸学校生に施術してもらうことを
了承してもらいました。

 聞いてみたら、手を握るときに左手の中指の甲側の関節が
痛くて、握る動作がしづらいということでした(写真1)。

写真1

 鍼灸学校生なので、鍼に慣れていると思い、鍼で治療しても
良いか聞いたところ、鍼でも良いということでしたので、鍼で
治療してみることにしました。

 先ずは、患部の左中指の井穴をツボ探し棒で押して比べてみ
ると、薬指よりが痛いということでした。念のため、隣の薬指
も調べたら、中指よりの井穴も痛いということで、その2カ所
の井穴に鍼をしました。

 こういう井穴のように細かいツボに鍼するには、No.12にも
書きましたように、先ずツボ探し棒などで少し強めに押して痕
(あと)を付け、その痕に鍼先を置いてから鍼管をかぶせ、軽
く彈入してから、鍼管を取り去ります(写真2)。

写真2

それから、少し旋撚などの手技(写真3)をした後、素早く抜
鍼します。

写真3

 すると、この場合のように、経絡的に関係する所に炎症性疾
患が有る場合には、点状出血することがある(写真4)ので、
アルコール綿で拭いておきます。

写真4

 カゼなどで発熱しているときにも、井穴に上記のような感じ
で鍼をすると、点状出血することがあります。

 それから、手を握る動作で、中指を動かしてもらい、その動
作で伸びようとしている筋肉と縮もうとしている筋肉を調べ、
ツボを探しました。

 中指の場合は、伸びようとしている方は、前腕の一番太い辺
りの手小陽経に、縮もうとしている方は、前腕の一番太い辺り
の手厥陰経に、それぞれツボが出ていることが多いです。

 指を辛くない範囲で曲げたり伸ばしたりしてもらい、その時
に前腕の一番太い辺りで動いている部分を見付け、その辺りを
探り、凹んでいて押して痛い所を見付けます。

 陽経側(写真5)、陰経側(写真6)の順で刺鍼しました。

写真5
写真6

 その後、握る動作をして確かめてもらったら改善していたの
で、仕上げに移りました。もちろん、重い場合には、日常生活
に支障がない程度になるまで繰り返す必要があります。

 仕上げは、中指の根元の八邪を比べ、痛かった方の薬指側の
八邪に引き鍼しました(写真7)。

写真7

3.バイト先の同僚の治療

 次は、バイト先の同僚の人で、こちらの人の方が重いのです
が、やはり時間がないので、一番辛い所だけにしてもらいまし
た。

 手を握る動作(写真8)をしてもらったら、特に、右手の中
指と拇指が痛いということでした。

写真8

 そこで、詳しく調べたら、中指は、鍼灸学校生とほぼ同じ辺
りの陽経側(写真9)と陰経側(写真10)にツボが出ていまし
た。

写真9
写真10

 拇指では、拇指を握る動作の時に伸びる方は、前腕の太い部
分の陽経側(写真11)に出ていました。

写真11

 拇指を握る時に縮む方では、前腕の太い部分の陰経側(写真
12)だけでなく、手平の拇指の付け根の膨らみ(拇指球)のほ
ぼ中央(写真13)にもツボが出ていました。手の拇指の屈筋は
拇指球にもあるので、当たり前ですが。

写真12
写真13

 色々な方法を見てもらった方がいいし、指への鍼は初めての
人は痛がる場合が多いこともあり、灸で施術してみることにし
ました。

 拇指と中指の井穴をツボ探し棒で押してみて痛い方を選びま
した。拇指は外側、中指は示指側でした。拇指、中指の順で、
灸点墨を付けた手指用糸モグサを灸点に立て、灸をしました
(写真14、15)。

写真14
写真15

 その後、手平の拇指球に出ていたツボをツボ探し棒で押して
場所を特定してから、灸をしました(写真16)。

写真16

 それから、前腕のツボを施術したのですが、前腕のツボは、
指などに比べると深いことが多く、灸の場合、腕を置く位置に
よって効果が出にくいこともあるので、鍼の方が確実なことを
説明し、了解したもらった上で、鍼をしました。

 もちろん、灸でも丁寧に腕を置く位置を決めていけば効果が
出るのですが、この時は時間が無かったことも鍼を選ぶ要因の
一つでした。

 陽経側、陰経側の順で、拇指と中指を動かす筋の筋腹に出て
いたツボに順番に刺鍼しました(写真17,18,19,20)。

写真17
写真18
写真19
写真20

 途中で、確か1カ所、鍼先が当たったと思うのに効果が出ず、
鍼先の向きを変えたとたんに鍼の響きが出た所がありました。
やはり、灸でなく鍼を選んで、この場合は正解だったかなと思
いました。

 手を握る動作をしてもらったら(写真21)、痛む所が無く
なったということで、仕上げに移りました。もちろん、痛む所
が残った場合には、日常生活に支障がない程度まで、動作鍼を
繰り返す必要があります。

写真21

 仕上げは、右手の八邪を調べ、一番痛かった中指と薬指の間
に引き鍼をしました(写真22)。

写真22

4.その後

 終わった後に来たメールでは以下の通りでした。

「先日はモデル患者を治療していただき、ありがとうございま
した。帰り道での彼らの明るい表情が印象的でした」

 そこで、施術後に表情が明るいと予後が良いことが多いとい
うこと、紹介者やクラスメートの人が同じように鍼灸していけ
ば、たとえ仕事でぶり返してもどんどん改善すること、仕事の
合間に指を反らしたり揉んだりするとよいことを伝えました。

 その後に来たメールでは、手指用糸モグサ、灸点墨、ツボ探
し棒などを揃え、養生を続けているようです。

 こういう風に自分の周りの運動器系疾患の人を鍼灸させても
らうことで、鍼灸の技術を身に付け向上させてていくことが可
能ですので、どんどん試してみてください。


   つぎへ>>>術伝流一本鍼no.16


   >>>目次へ・・・・・・・・・術伝流一本鍼(あ)

   >>>このページのトップヘ・・術伝流一本鍼no.15

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」


お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想など

 感想、間違いなどありましたら、術伝事務局までメールをください。

よろしくおねがいします。

術伝事務局メルアド :jutsuden-jmkkあまググどこ
(この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe)
(「あま」を「@」に、)(以下無視kuaniu、nteyu、lPpkiumo)
(「ググ」を「googlegroups」に、)(以下無視mesiun、kiuen)
(「どこ」を「.com」に変えて送信してください。)
(面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ