累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

術伝流・先急一本鍼・運動器偏 16.鞭打ち・顎関節症

鞭打ち・顎関節症

(1) はじめに

 鍼灸の運動器系の治療の基本は「遠くに強く、患部は軽く」
で、「動作制限には動作鍼」でした。今まで説明してきた、腰、
肩、膝、肘など以外の運動器系の疾患も、同じように治療でき
ます。

 例えば、鞭打ち、顎関節症、寝違いなどは、「手足の甲への
引き鍼」と「動作鍼」が非常に効果的な典型例です。

 みな肩から上なので、肩から上の運動器系の応急処置の基本
手順を復習しておきましょう。

(2) 肩から上の運動器系処置の基本手順

1.先ず症状を確認

 やりにくい動作を痛くなる一歩手前までしてもらい、向きと
限界を確かめます。

 その動作で最も伸びるラインと最も縮むラインを確かめ、そ
の中でも、最も伸びようとしている所、最も縮もうとしている
所を探します。

 特に、伸びようとしている所にツボが出ていて、そこが伸び
ないために動作制限があることが多いです。

 触れるようなら、その辺りの皮膚や筋肉の状態も調べておき
ます。

2.手甲に刺鍼しながら運動鍼

 動作制限の原因のツボに経絡的に関連する手甲にツボを探し
ます。見付けたツボに強めに引き鍼しながら、痛くない、無理
の無い範囲で、動作制限のある関節をゆっくり動かしてもらい
ます。

 経絡的な関連は、「左か、右か」と「前か、横か、後ろか」。
手甲の骨間の中で、患部が右なら右、左なら左の、鼻など前側
なら1~2間、顎関節なら2~3間、耳など横側なら3~4間、後頚
部など後ろ側なら4~5間、それらの骨間にツボを探します。隣
の骨間に出ることもあります。

 軽い寝違いなどは、これで、半分位は改善してしまうことも
多いです。

3.熱い所が有れば散鍼、良く出るツボが出てれば刺鍼

 患部の近く、これから刺鍼する辺りで熱い所が有れば散鍼し
ておきます。特に急性期に炎症を起こしているときなどは、散
鍼を丁寧にやります。

 腰や肩などと同じように、その症状で高い確率でツボが出や
すい所を知っていたら調べてみます。ツボが出ていたら、刺鍼
します。

4.動作鍼

 動作制限を確認し、痛む直前の姿勢で最も伸びるラインの中
で最も伸びようとしている所を押して痛ければ、その痛む直前
の姿勢のまま、そこに刺鍼していきます。

 抜鍼したら、一度ラクな姿勢に戻ってもらってから、また同
じ動作を繰り返してもらいます。先程よりも少し余分に動くよ
うになっていると思います。また、痛む直前の姿勢でツボを探
して刺鍼します。

 日常生活に不自由が無くなるまで繰り返します。

 数少ないですが、最も縮む側が悪い場合もありますが、手順
は同じです。

 急性期で炎症を起こしているとき場合には深く刺さず、接触
鍼をしながら動作鍼をします。

5.付け足し

 付け足しした方が良いことが有れば、しておきます。

6.頭散鍼と手甲引き鍼で仕上げ

 以上の刺鍼で頭に邪気が登ることもあるので、熱い所が有れ
ば散鍼しておきます。

 おわりに、もう一度、手甲にツボを探し、強めに引いておき
ます。初めと同じ骨間になった場合には、八邪を使います。

(3)顎関節症

1.症状確認

 顎関節症の場合には、口の開き加減(写真1)と、奥歯の噛
みしめ具合を確認しておきます。

写真1

2.手甲に引き鍼しながら運動鍼

 手甲にツボを探します(写真2)。

写真2

 他に症状がなければ、顎関節の位置から、3~4間に多いです。
もちろん両隣に出ている場合もあります。見付けたツボに引き
鍼しながら、無理の無い範囲で、ゆっくり、口を開けたり閉じ
たりしてもらいます(写真3、4)。

写真3

写真4

 軽いものなら、これだけで、かなり改善してしまうことが多
いです。

3.散鍼とツボの出やすい所の刺鍼

 顎関節症の場合には、症状が出始めでも、経過としては長い
ことが多いです。ですから、他に症状が無ければ、熱い所は余
り無いことが多いと思います。また、ツボの出やすい所も、動
作鍼の要領で探した方が見付けやすいです。

4.顎関節に動作鍼

 口を無理の無い範囲で開けてもらい、顎関節の近くで、制限
の原因になっている所を見付けます。それから、顎関節を開く
ときに伸びる筋の筋腹など、開くときに患者さんが痛みや引っ
かかる感じを受ける所を探します。

 顎関節の辺りに付着する腱の筋腹が関係していることが多い
です。その場合には、顎関節から少し離れた所にツボが出ます。
特に、顎関節の骨の上の浅い部分が障害になっている(写真5)
場合には、そこに付着している筋の筋腹を調べます。

写真5

 頭側、つまり、下顎を釣っている筋の筋腹が多いです(写真
6)。

写真6

 ツボが細かいことが多いので、指で特定が難しいときには、
指への灸のときに使ったツボ探し棒を使って特定します。

 見付けたツボに刺鍼します(写真7)。

写真7

 1回でダメなときには、動作鍼を繰り返します(写真8)。

写真8

 こういう現象が起きるのは、顎関節症が、歯を食いしばって
辛さに耐え続けた結果として、症状が出るからのようです。

 こういう例は、肘や踵(かかと)、指なども含め、小さめの
関節の浅い所の痛みに多く、そこを引っ張る筋肉の筋腹にツボ
を探し刺鍼します。

5.その他の刺鍼

 顎関節症の場合には、頸椎4番付近の督脈や華陀経にもツボ
が出ていることもあり、出ていれば刺鍼します。

 心に辛さを抱えていることが多いので、余裕が有れば、心を
鎮めることに関係するツボが出やすい所を調べ、ツボが出てい
たら刺鍼します。

 また、頭刺(写真9)が効果的なことも多いです。

写真9

 頭のツボと経絡的相関(左右×陰陽×前横後ろ)から足甲へ
引き鍼しておくのも効果的なことが多いです。

 「心を鎮める」に関しては、「養生の一本鍼」の応用例とし
て、のちほど詳しく解説したいと思います。

6.仕上げ

 頭に散鍼してから(写真10)手甲に引き鍼(写真11)。

写真10

写真11

 特に頭の散鍼は丁寧に行った方が、気分がすっきり、心が晴
れ晴れしやすいです。

(4)鞭打ち

 鞭打ちの場合に症状確認のときに注意するのは、事故などで、
どういう方向から衝撃を受けたかということです。衝撃を受け
た方向を可能な限り詳しく聞きます。衝撃の方向と動作制限の
有るラインが一致することが多いので。

 念のため、実際にやりにくい動作を無理の無い範囲でしても
らい確認しておきます。また、日常生活で特にできなくて困る
動作が有れば、確認しておきます。

 時間が経過している場合には、動作制限のライン上にペッコ
リ穴が空いたような所が見付かります。見た目にも凹んでいる
ことが多いし、指で押してみると指が奥まで入ってしまうこと
が多いです。そこが改善すべきツボの出ている場所であること
が多いです。

 経過が長いので麻痺して痛まないことも多いので、患者さん
が痛くないと言ったからと言う理由で選穴しない理由にはなり
ません。

 一番大きな衝撃を受けたラインか、日常生活で一番困ってい
る動作制限で最も伸びるライン、この二つのライン上で、一番
凹んでいる所が候補になります。

 手順は、顎関節症と同じです。先ず、手甲に引き鍼し、その
後に、見付けておいた衝撃を受けたラインなどのツボに刺鍼。
動作制限が残っているようなら動作鍼。頭の散鍼と手甲への引
き鍼で仕上げます。

 重い人の場合には、1回の治療で1方向の動作制限の改善と
言う感じで数回治療することもありました。が、軽い人の場合
は、1度の治療で、すっかり良くなってしまうことも多かった
です。

 重い方の場合は、体全体の調子を整えるために、腹診なども
含め、養生の一本鍼を併用して治療した方が改善が早かったで
す。

 鞭打ちは、十数例経験しているのですが、術伝流の写真を撮
り始めてからは、モデルになってくださる患者さんが見付から
ないでいます。モデルになってくださる方をご存知の方は、紹
介してくださるよう、お願いします。(>>>術伝流のモデル

追記:ムチウチの人がモデルになってくださり、
術伝流一本鍼no.22に症例を書くことができました。


   つぎへ>>>術伝流一本鍼no.17



   >>>目次へ・・・・・・・・・術伝流一本鍼(あ)

   >>>このページのトップヘ・・術伝流一本鍼no.16

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」


お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想など

 感想などありましたら、「術伝」掲示板に書いてください。

 また、「術伝」掲示板でも、旧掲示板「養生の杜」と同じように、
養生についての雑談や症例相談などもしていきたいと思っています。


 よろしくお願いします。

間違いなど

 間違いなど見つけた方は、術伝事務局あてにメールをください。

 よろしくお願いします。

「術伝」症例相談用メーリングリストの参加者募集

 「術伝」では症例相談用メーリングリスト( 術伝ML(muchukand))の
参加者を募集しています。

 よろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ