灼き尽くす炎の檻

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィッカーマン
作品名:Fate/Grand Order
使用者:クー・フーリン(キャスター)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具の一つ。形状は炎を纏った木の巨人。
炎を纏った木の巨人を召喚し、対象へと襲いかからせる

+詠唱
我が魔術は炎の檻、茨の如き緑の巨人

因果応報、人事の厄を清める社──

倒壊するはウィッカーマン





術技についての詳細

来歴

  • ドルイドの祭儀
    • ルーン魔術の使い手ではなくケルト神話に多く登場するドルイド達の一員として使う宝具。
これはルーン魔術の奥義ではなく、炎熱を操る「ケルトの魔術師」として現界したクーフーリンに与えられた、ケルトの
ドルイドたちが操るべき宝具である。

基本性能

宝具のランク B
種別 対軍宝具
レンジ 1~50
最大捕捉 100人
宝具による効果 灼熱・炎ダメージをばらまくウィッカーマンを召喚

燃えるウィッカーマンの召喚

  • 細木の枝で構成された巨人「ウィッカーマン」を召喚する
    • 巨人は燃えており、対象に襲いかかって炎熱ダメージを与える。
      • アニメだと手のみの召喚も行った。
    • 本来ならば胸部に神々への生贄を入れて燃やす儀式だが召喚されたウィッカーマンの胸部は空洞となっている。
      • 神々への生け贄を求めるという意味でも巨人は荒れ狂う。
無数の細木の枝で構成された巨人が出現。巨人は火炎を身に纏い、対象に襲い掛かって強烈な熱・火焔ダメージを与え
る。
この巨人の胸部は檻となっており、本来はそこに生贄を押し込める。しかし宝具として出現した巨人は生贄を収納して
おらず、本来納めるべき神々への贄を求め荒れ狂う。


元ネタ

ウィッカーマン(wicker man
ドルイド教における供犠・人身御供の一種。
巨大な人型の檻の中に家畜や人間を閉じ込め焼き殺す祭儀。
……と古代ガリアでは信じられていた。


関連項目

灼き尽くす炎の檻の武器分類。

使用者のもう一つの宝具。

関連タグ


リンク