参謀

部品構造


  • 大部品: 参謀 RD:10 評価値:5
    • 大部品: 参謀の要点 RD:5 評価値:3
      • 部品: 参謀への起家
      • 部品: 初級参謀
      • 部品: 三年の参謀経験
      • 部品: 中級参謀
      • 部品: 職業参謀
    • 大部品: 参謀の編成行為 RD:1 評価値:0
      • 部品: 編成
    • 大部品: 参謀の作戦立案行為 RD:2 評価値:1
      • 部品: 戦況分析
      • 部品: 作戦立案
    • 大部品: 参謀の助言行為 RD:1 評価値:0
      • 部品: 参謀の助言
    • 大部品: 参謀の指揮行為 RD:1 評価値:0
      • 部品: 指揮代行



部品定義


部品: 参謀への起家

初級参謀資格取得条件。戦争への編成作業に関係するボランティアに従事した実績が必要。(各参加者の名簿化、危険性の有無のチェックなど)

部品: 初級参謀

起家した段階の参謀。見習いと言ったところで、ここから一定の資格(編成など)を持つためには作業実績を積んでいく必要がある。

部品: 三年の参謀経験

三年の実務経験。三年間で、中級参謀の資格を得るのに必要。戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が出来る程度の能力を習得する。

部品: 中級参謀

三年の実務経験と試験で栄達できる。
戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が可能と見なされる。
また、実際の戦争での作戦立案や編成を任されたりする。

部品: 職業参謀

職業としての参謀は藩王の任命が必要で、2人前後までが認められる。
実務をこなせる必要があり、場合によっては藩王会議にも出る。
必然的に中級以上の参謀経験を必要とした。

部品: 編成

用意された作戦案をもとに必要な戦力を集めて配置する能力。
必要な人員、兵器、燃料など集める項目は多岐にわたる。

部品: 戦況分析

参謀の能力。敵味方の戦力を正確に分析する。
所有戦力、敵のデータを熟知する必要がある。
分析の戦力を元に、適当な作戦を立案し、必要な戦力を編成する。

部品: 作戦立案

分析した彼我の戦力を元に作戦を立案する能力。
一つの案だけでなく複数の案を用意し、考え得る様々な状況に対応できるようにせねばならない。

部品: 参謀の助言

戦況分析、作戦立案、編成の能力を持って、戦闘の助言を行う能力。
上記に踏まえ、多種多様な戦略・戦術知識が必要になる。

部品: 指揮代行

指揮官がいない場合に、指揮を代行する。
作戦をそのまま兵士に命令するため、目の前の作戦にかかりきりになり大局を掴むことが困難になる。



提出書式


 大部品: 参謀 RD:10 評価値:5
 -大部品: 参謀の要点 RD:5 評価値:3
 --部品: 参謀への起家
 --部品: 初級参謀
 --部品: 三年の参謀経験
 --部品: 中級参謀
 --部品: 職業参謀
 -大部品: 参謀の編成行為 RD:1 評価値:0
 --部品: 編成
 -大部品: 参謀の作戦立案行為 RD:2 評価値:1
 --部品: 戦況分析
 --部品: 作戦立案
 -大部品: 参謀の助言行為 RD:1 評価値:0
 --部品: 参謀の助言
 -大部品: 参謀の指揮行為 RD:1 評価値:0
 --部品: 指揮代行
 
 
 部品: 参謀への起家
 初級参謀資格取得条件。戦争への編成作業に関係するボランティアに従事した実績が必要。(各参加者の名簿化、危険性の有無のチェックなど)
 
 部品: 初級参謀
 起家した段階の参謀。見習いと言ったところで、ここから一定の資格(編成など)を持つためには作業実績を積んでいく必要がある。
 
 部品: 三年の参謀経験
 三年の実務経験。三年間で、中級参謀の資格を得るのに必要。戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が出来る程度の能力を習得する。
 
 部品: 中級参謀
 三年の実務経験と試験で栄達できる。
 戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が可能と見なされる。
 また、実際の戦争での作戦立案や編成を任されたりする。
 
 部品: 職業参謀
 職業としての参謀は藩王の任命が必要で、2人前後までが認められる。
 実務をこなせる必要があり、場合によっては藩王会議にも出る。
 必然的に中級以上の参謀経験を必要とした。
 
 部品: 編成
 用意された作戦案をもとに必要な戦力を集めて配置する能力。
 必要な人員、兵器、燃料など集める項目は多岐にわたる。
 
 部品: 戦況分析
 参謀の能力。敵味方の戦力を正確に分析する。
 所有戦力、敵のデータを熟知する必要がある。
 分析の戦力を元に、適当な作戦を立案し、必要な戦力を編成する。
 
 部品: 作戦立案
 分析した彼我の戦力を元に作戦を立案する能力。
 一つの案だけでなく複数の案を用意し、考え得る様々な状況に対応できるようにせねばならない。
 
 部品: 参謀の助言
 戦況分析、作戦立案、編成の能力を持って、戦闘の助言を行う能力。
 上記に踏まえ、多種多様な戦略・戦術知識が必要になる。
 
 部品: 指揮代行
 指揮官がいない場合に、指揮を代行する。
 作戦をそのまま兵士に命令するため、目の前の作戦にかかりきりになり大局を掴むことが困難になる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "参謀",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "参謀の要点",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "参謀への起家",
             "description": "初級参謀資格取得条件。戦争への編成作業に関係するボランティアに従事した実績が必要。(各参加者の名簿化、危険性の有無のチェックなど)",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "初級参謀",
             "description": "起家した段階の参謀。見習いと言ったところで、ここから一定の資格(編成など)を持つためには作業実績を積んでいく必要がある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "三年の参謀経験",
             "description": "三年の実務経験。三年間で、中級参謀の資格を得るのに必要。戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が出来る程度の能力を習得する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "中級参謀",
             "description": "三年の実務経験と試験で栄達できる。\n戦力分析、作戦立案や編成(評価値計算や、編成案の提出など)が可能と見なされる。\nまた、実際の戦争での作戦立案や編成を任されたりする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職業参謀",
             "description": "職業としての参謀は藩王の任命が必要で、2人前後までが認められる。\n実務をこなせる必要があり、場合によっては藩王会議にも出る。\n必然的に中級以上の参謀経験を必要とした。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "参謀の編成行為",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "編成",
             "description": "用意された作戦案をもとに必要な戦力を集めて配置する能力。\n必要な人員、兵器、燃料など集める項目は多岐にわたる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "参謀の作戦立案行為",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "戦況分析",
             "description": "参謀の能力。敵味方の戦力を正確に分析する。\n所有戦力、敵のデータを熟知する必要がある。\n分析の戦力を元に、適当な作戦を立案し、必要な戦力を編成する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "作戦立案",
             "description": "分析した彼我の戦力を元に作戦を立案する能力。\n一つの案だけでなく複数の案を用意し、考え得る様々な状況に対応できるようにせねばならない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "参謀の助言行為",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "参謀の助言",
             "description": "戦況分析、作戦立案、編成の能力を持って、戦闘の助言を行う能力。\n上記に踏まえ、多種多様な戦略・戦術知識が必要になる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "参謀の指揮行為",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "指揮代行",
             "description": "指揮官がいない場合に、指揮を代行する。\n作戦をそのまま兵士に命令するため、目の前の作戦にかかりきりになり大局を掴むことが困難になる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2017年08月19日 12:33