とある魔術の禁書目録 自作ss保管庫

559

最終更新:

NwQ12Pw0Fw

- view
だれでも歓迎! 編集

宿題ネタのような物



上条「よっしゃーー!!終わったーーー!!」

美琴「はい。お疲れ様でした~。」

上条「ほんといつもありがとうな!ビリビリ!上条さんはもう、感謝の気持ちでいっぱいですよ!夕飯まで作ってくれるし!」

美琴「ビリビリ言うな!…別に、いいのよ。私が好きでやってるんだから。」

上条「こんだけの事を無償でやっておいて、いいのよ、なんて!うう…上条さんは涙が…」

美琴「お、大袈裟よ。馬鹿。」




上条「しかしだなー。」

美琴「何よ?」

上条「これだけの事をしてもらいっぱなしってのはなー」

美琴「それについてはさっき言ったじゃない。私が好きでやってるんだから、別にいいのよ。ていうかアンタは私の命の恩人なんだから、これは恩返しとして、とってもらっていいのよ?」

上条「それとあれとは話が違うだろー。…なんかなー。お前に悪い気がしてなー…。」

美琴「だから、別にいいんだってば。」

上条「いや、やっぱり良くない!してもらいっぱなしで悪い!」

上条「と言う訳で、上条さんは恩返しをする事を決定致しました!ハイこれについてはお前何も意見できません!決定事項です!」

美琴「…ハァ…。分かったわよ。そこまでアンタが言うんだったら。」

上条「よし!と言う訳で!……」

美琴「…」

上条「………何をして欲しいよ?ビリビリ?」

美琴「ビリビリ言うなってば!…アンタ…普通自分で考えない?そういうこと…」

上条「だって、何も思いつかないんですもん…それに、せっかくした恩返しが、あまり喜ばれなかったらショックじゃん!」

美琴「わ、私はアンタがしてくれる事なら何にだって…」

上条「と言う訳で、ビリビリがしてもらいたい事決めちゃってくれよ。」

美琴「人の話を聞けー!!それとビリビリ言うなっていってんでしょうが!…そうねー…アンタにしてもらいたい事ねー…」

上条「おう。何でもいいぞ。お金が掛かりすぎない事なら、なんだって上条さんは実行してみせるからな。」

美琴「お金払わせる気なんて毛頭ないわよ。それにしても…お願いかー…。」

美琴「(毎朝、モーニングコールをさせる…とか…?
    上条「おはよう。ねぼすけさん。しっかり起きれたか?」
    美琴「ヤダー。当麻ったら!キャハ☆」
    あ、これやばい。超してもらいたい。
    いやまてまて、もっとよく考えてみよう。さらにすばらしい事があるかもしれないわ!)

上条「(やばい。御坂の顔がやばい。何かすごい事考えてる顔になってる。)」

美琴「(一週間、私専属の執事になってもらうとか!
    上条「美琴お嬢様。お荷物をお持ちします。」
    キャーッ!!これもすごくいいわ!!
    …?あれ…?
    何か違和感を感じるわ…?)」

美琴「何でだろ…こいつが執事だから…?いやいや違うわね……?

上条「(俺が…執事!?)」

美琴「一週間だけだから?永遠にやってもらえばいい話だわ…これも違和感の正体じゃないわね…」

上条「(永遠に…執事…!?……期間ちゃんと決めとけばよかった…)」

美琴「何で?……美琴お嬢様。お荷物をお持ちします。
   美琴お嬢様。…美琴?」

美琴「ああああああああああああっ!!!」

上条「うおおおおおおおおおおおっ!??」

美琴「そうよ!」

上条「何だよ!」

美琴「決まったわ!」

上条「そ、そうか…(あれに決まってしまったのか…)」

美琴「アンタの恩返しは…」

上条「ううう…」



美琴「私の事を下の名前で呼ぶ!これに決定だから!」


上条「……………………え?」

美琴「何よ。何でもしてくれるんでしょー?」

上条「いや、難しいとかそういうんじゃなくて…永遠に執事になるとばっかり思ってたから。」

美琴「そっちの方がいいのー?」

上条「喜んで名前をお呼びさせて頂きます」

美琴「じゃあ早速…どうぞ!」

上条「ああ…ええっと…み、美琴?」

美琴「!!!………………ふみゅぅ……ってぇぇ!!??危かったわ!!」

上条「何が!?」

美琴「(自分からお願いしといて何だけど…これは……破壊力のケタが…)」

上条「おい…大丈夫か?みs…み、美琴…(これは恥ずかしいな…名前で呼んでるだけなのに…)」

美琴「…ふny…っととおお!!意識を強く持つのよ!!私!!」

上条「何で雪山で遭難した時みたいになってんの!?」

美琴「似たようなものよ!本当にやばいんだからね!?」

上条「だから何がやばいんだよ!……っていうか、一つ提案していいか?」

美琴「何よ?名前で呼ぶの嫌だとか言う提案なら却下よ?」

上条「いや、違うけどさ…俺がいいたいのは、お前の事についてだよ」

美琴「何よ?」

上条「いや、これもいい機会だしさ。お前も俺の事、名前で呼ばないか?」

美琴「ぶっ!!ア、アンタは一体何を…!」

上条「ほら、それだよ。おま…ゴホン美琴はいつも俺を呼ぶ時、「アンタ」か「バカ」って言ってるだろ?この際、それもまとめて直さないか?

上条「別に下の名前じゃなくてもいいけどさ。アンタはちょっとな…」

美琴「(何よそれ~!?それだったら、下の名前呼ぶしかないじゃない!今更苗字で呼ぶなんて、今より距離が開いてるみたいじゃないの!)」

上条「何だよ……そんなに俺の名前呼ぶのが嫌なら、無理にとは言わないけど……」

美琴「いや…嫌なわけじゃ…ないんだけど…」

美琴「(あーもう!!美琴ちゃん!!腹をくくるのよ!!)」

美琴「と、とうま…君」

上条「お…おう…?(君?)」

美琴「と、とうま…」

上条「おう」

美琴「…とう、ま」

上条「…おう?」

美琴「とうま」

上条「美琴…?」

美琴「とうま!当麻!」

上条「ああ…?」

美琴「やったぁぁぁぁぁぁぁ!!」

上条「(美琴が壊れた)」







美琴「とにかく!これがお願いだから!これからどんな時でも、私を「美琴」って呼ぶ事!分かった?当麻?」

上条「分かったよ…ms…美琴」

美琴「ふふん。それでいいのよん♪」

上条「ったく…名前で呼んでるだけなのに……何でそんなにうれしそうなんだ?」

美琴「決まってるじゃない!
   


   私、御坂美琴が、アンタ、上条当麻の事が好きだからよ。」


タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー