クーラ・ダイアモンド キャラ対策

対キム・カッファン

【対空について】
まずは距離に注意。
キムの中J攻撃が届かない距離ではノーマル・大J攻撃を警戒する。
この距離で前方ノーマル・大Jされた場合は、まずは飛翔脚を警戒。飛翔脚を出されなかった場合は落ち着いて強バイツで迎撃。出されなかった場合は強バイツを出すのを我慢する。

中J攻撃が届く場合はまずは小・中Jを警戒。
Jされたらまずはジャンプの高さを確認し、低い場合は飛翔脚を出せないので強バイツか屈みCで落とすといい。
この距離でノーマル・大Jされた場合に焦って強バイツを出してしまうと、下降してくるキムの下をすり抜けてしまい背向けで連続技を食らってしまうことになるので注意すべし。きちんとひきつけて強バイツで迎撃するか、屈みCで追い返すか、ガードでしのぐといい。

【三連撃~三空撃について】
三空撃~ディレイ2Kに対しては弱レイスピンで割り込みを狙うといい。9K~2Kが連続ガードの場合は立ちガードになりリスクが少ない。
割り込みが出来なかった場合は遠距離立ちBを出すかガードするかが無難。

【キムの近距離立ちCについて】
密着近距離立ちCの1段目と2段目のどちらにに対してGCC+Dしてしまっても空振りしてしまい、連続技で反撃されてしまうので注意。
密着近距離立ちCをガードできた場合にキムが何もキャンセルしなければ、強クロウバイツでの反撃が確定する。

【飛翔脚について】
飛翔脚をガードできた場合、事前にキムの攻撃をヒットorガードさせられていなければダッシュ遠Bで反撃可能。

【弱レイスピンについて】
画面中央で、クーラの遠距離立ちBが直接届く距離出した弱レイスピンをガードされると、追加技を出さない限りキムの近距離立ちCが確定してしまう。
(この場合に、追加技のスタンドはキムがベストのタイミングで近Cを出していると一方的に潰されてしまう。)

キムが画面端の場合は、弱レイスピンの先端ぎりぎりをガードさせない限りはキムが近距離Cで反撃できてしまうため、距離調整に自信がない場合は出さない方がいい。

キムに接近された場合や起き攻めされる場合に弱レイスピンで切り返しを狙うのも危険。キムが様子見→弱レイスピンをガードされた場合は近距離立ちCで反撃されてしまう恐れがある。

弱レイスピンに近距離立ちCで反撃された場合、基本的に三連撃~三空撃や強鳳凰飛天脚は届かないので、強半月斬や強鳳凰脚につなげられる。
強半月斬は受け身可能で間合いも離れるので起き攻めされる心配はない。
鳳凰脚は強制ダウンを奪われてしまうので起き攻めされる危険がある(この場合のクーラのダウンは立ち属性)。

中央の場合、弱レイスピンは先端当てなら反撃されないが、キムが屈みDを出していた場合はタイミングが悪いと弱レイスピンと屈みDがどちらも空振りしてしまう。ただ、この場合はクーラの硬直にキムの攻撃が確実に決まるわけではない。
また、屈みDを出されていなくても、先端ぎりぎり狙いの弱レイスピンはキム側は一応弱飛燕斬で返すことができるので、狙ってくる相手には注意が必要。

【その他】
地上のキムに強クロウバイツをヒットさせて受け身を取られてもMAX2以外は確定しない。
GCC+Dを使いたい場合はGCC+D無効化される恐れのない三連撃の1段目にGCC+Dするといい。
遠距離立ちB→弱ブレスの連係はノーマルJ飛翔脚で反撃される恐れがある。

対草薙 京

弱R.E.D.kickは立ちガードすれば、距離にもよるが強クロウバイツで反撃可能な他、直接弱レイスピンでも迎撃可能。

対アンディ

端に追い詰められて飛翔拳をガードした場合、強クロウバイツで反撃可能。アンディは強バイツ地上ヒット~受け身後に確定反撃がないのでリスクなしに狙っていける。

対ジョー・ヒガシ

弱レイスピン(ガード)~シットに弱強BHTKで割り込まれると両者相打ちでダウンになるが、ジョーが弱強BHTKを出してないと隙だらけになってしまう。
ここで、MAX発動中ならシットにどこでもキャンセル弱ブレスすることで、弱強BHTKされなかった場合にフォローが可能になる。


最終更新:2008年06月26日 07:07
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。