口蹄疫から畜産農家を守る会

2002~2003年のSARSの時系列

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

2002年


11月16日

  • 中国・広東省で原因不明の肺炎が流行

2003年


2月11日

  • 中国政府がWHOに広東省での患者305名、死亡者5名を報告

2月14日

  • 中国衛生省が非定型性肺炎であると発表

2月下旬

  • 上海・香港等を旅行した50代の米国人が、ベトナム・ハノイで体調を崩し入院

3月6日

  • 上記米国人が、香港の病院に搬送される(3月13日に死亡)

3月12日

  • WHOが異形肺炎の症例について全世界に警告

3月15日

  • WHOが旅行者と航空会社に対する緊急ガイドラインを発表

3月18日

  • 日本の厚生労働省が中国(広東・香港)・ベトナム(ハノイ)・シンガポール・カナダ(トロント・バンクーバー地域)への旅行者に注意喚起

3月31日

  • 香港でマンションの住人121人が集団感染

4月2日

  • WHOが広東省と香港に渡航延期勧告

4月3日

  • 日本政府が中国・広東省と香港に渡航延期勧告
  • WHOが中国南部で現地調査

4月11日

  • 日本外務省が企業向けにSARS講習会開催

4月13日

  • 全世界での感染者数が3,000人を突破

4月16日

  • WHO専門家チームが原因を新種のコロナウィルスと断定
  • WHO調査団が北京における感染者数が政府発表の約5倍に上る可能性を示唆

4月20日

  • 中国が北京市の感染者数・死亡者数を大幅に上方修正

4月21日

  • 米国がWHOへの報告基準を見直したことにより、感染者数を下方修正

4月21日

  • WHOが上海で現地調査

4月23日

  • WHOが北京、カナダ、トロントなどへの渡航延期勧告

4月24日

  • 中国が感染防止の隔離・封鎖で強硬措置通達
  • 台湾行政院は院内感染が起きた台北の和平医院を一時閉鎖

4月28日

  • WHOとベトナム政府が国内感染を封じ込めたと宣言

4月28日

  • 全世界での感染者数が5,000人を突破

4月29日

  • 日本外務省が北京市内の在留邦人に「帰国検討」勧告

4月30日

  • WHOがトロントへの渡航延期勧告を解除
  • 北京市長代理が「同市が現在パニック状態であり、状況は依然深刻」と語る

5月2日

  • 日本外務省が企業向けにSARS講習会開催

5月4日

  • WHOが台湾で現地調査

5月6日

  • 日本の厚生労働省が都道府県の保健衛生部局の幹部を集め、会議

5月7日

  • 北京市の「人民病院」で4月下旬に院内感染があったことが判明
  • WHOがSARSの死亡率が14~15%になるとする推計値を発表

5月14日

  • WHOがカナダでのSARS感染拡大が終息したと宣言
  • 北京の中日友好病院でSARSの院内感染があったことが判明
  • 台湾衛生当局が台湾南部の病院で院内感染があったことを確認

5月17日

  • 関西を旅行した台湾人医師がSARS感染者であることが判明

5月18日

  • シンガポールで新たな感染者が判明したため、「制圧宣言」先送り

5月22日

  • 全世界での感染者数が8,000人を突破

5月23日

  • WHOが広東省と香港への渡航延期勧告解除

5月26日

  • WHOがカナダ・トロントを感染地域に再度指定

6月15日

  • 全世界での死亡者数が800人を突破

6月17日

  • WHOが台湾への渡航延期勧告解除

6月18日

  • WHOが事実上の「制圧宣言」

6月23日

  • WHOが香港の感染地域指定解除

6月24日

  • WHOが北京への渡航延期勧告を解除

7月2日

  • WHOがトロントの感染地域指定を解除

7月5日

  • WHOが最後まで残っていた台湾の感染地域指定を解除。最終的な「制圧宣言」

参考資料