ダーイン(C)
基本情報
名前 ダーイン
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 10
<タイプ> 妖精
タイプ ドワーフ
HP 300
ATK 10
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV ⁇?

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 なし
STIGMATE アームマスターの刻印
自身と、範囲内の自使い魔1体(降魔、魔神を除く)を消滅させ、【紋章】を作る。
この紋章は、自ユニット全ての最大HPを上げる。
さらに、超覚醒している自使い魔で紋章を作ると、防御力が上がる。
消費マナ
効果時間 永続(他のSTIGMATEを使うと解除される)

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 10/10

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.5
Ver3.5
身長 1.59[meter] 彼の銘を刻んだその剣は 生涯かけた至高の一振り

持つ者全てに栄光を 稀代の剣になるはずだった

後は気高き魂を たったひと吹き入れるだけ

しかし鍛冶屋は寝ちまった 酒をくらって寝ちまった

愚かな鍛冶屋は気づいちゃいない

酔って寝ているその隙に 

剣を恐れた神様が 槌に呪いをかけたこと

愚かな鍛冶屋は剣を打つ 呪われた槌で剣を打つ

そうして生まれたその剣は 稀代の魔剣となり果てた

* * * *

「なんだいそりゃ?」
「東の方で暴れまわってる、皇帝軍の魔人の歌なんだと。こないだこの酒場に来た、どさ回り道化師が、吟遊詩人宜しく歌ってたのさ。良ければみんなに広めてくれって、酒まで振る舞ってよ」
「へぇ~ このご時世に豪気だねぇ、俺も行きゃ良かった。で、その魔人と今の歌の剣になんの関係があるってんだよ?」
「その“剣”ってのがさ、今や体をも
らって、黒い魔人に変わったってんだよ。そんなのが全部で5匹もいるらしいぜ? あのセヴ王国のフォルカ要塞を落と
したってのもそいつらって話さ。まったくよ、その鍛冶屋ってのも迷惑なもんこさえてくれたよなぁ、酒飲みの風上にも置けねぇや」
「へはは、ちげぇねぇ」

大陸西方、ウェルトリアの場末の酒場。数人の男たちが昼間から酒を飲み、風の噂の与太話に花を咲かせている。

「今の話、ワシにもちょろりと詳しく聞かせてくれい」

一同が振り向くと、小柄ではあるものの、やけに隆々とした体躯に、老人のようではあるが、妙に溌剌とした気勢をまとった男が、酒を片手に立っていた。

「あぁ? なんだあんた、見ねぇ顔だなぁ?」
「つうかみろよ、このオヤジ、顔は爺さん、背丈ちっぽけのわりにゃ筋骨隆々、あんたホントに人間かあ? 皇帝軍じゃないだろうなぁ」
「へはは、きっとさっきの鍛冶屋ってなぁよ、こ~んな感じの脳みそ筋肉な酒樽そっくりな野郎だったんだろうよ」

酔った男たちが、ぶしつけな野次を小柄な男に浴びせかける。しかし、男はそれを豪快に笑って見せた。

「ぐははははは! 確かに、そ~~~うかもしれんが、その色男の鍛冶屋は、悪口なんかにはすこ~しだけ繊細な男だったかもしれんぞ?」


数刻後、山と積み上げられた男たちの上にドカリと座り、酒を喰らう小柄な男。

「うぃ~、このレムギアとかいう辺境世界に来ていか程か、ようやっとしっぽを掴んだわい。ロキの奴め、けったいな噂流しおって、何のつもりだぁ?」

そう言って、手に持った杯を飲み干すと、いったん周囲をぐるりと見まわし、手近にあった樽ごと飲み始める。

「しっかし、な~るほどなぁ。そんなことになっとるたぁ、“あいつ”が見つからんわけだわい。機甲に武器の意志と魔力を与えるなんざ、けったいなことを思いつく奴がいたもんよ。
そんなこと考えんなぁオリンポスのへパイストス様か、いまだ封印の地に行きゃしねぇゴヴァノンの糞野郎ぐれぇか…お?」

ご機嫌にひとりごちている間に、近くの酒を全て飲み干してしまったことに気付いた男は、よっ、と一声上げて、男たちの山から飛び降りた。

「いかんいかん、今日はほんのちぃっとだけ飲み過ぎた。旨いチーズがあればもっと飲んじまってたところだが、あれ以来、酒は少しと決めたんだったわい」

そう言って男は、積み重なった男たちから勘定を巻き上げると、ふともの思いにふけるように天井を見上げ、頬をかいた。

「…あいつと同じ目にあってる奴が五本か… こりゃちぃっと骨が折れるかぁ」

しかし、すぐに気を取り直すと、よたよたと歩き出し、立てかけてあった自身の背丈ほどあろうかという二本の戦斧を軽々と担ぎ上げる。

「だ~が、どんな姿になっても武器は武器。武器のことならこのアームマスター・ダーイン様におまかせってなぁ。ぐはははは!
待ってろよ、オレの“息子”、お前の魂は、ワシが必ず救っちゃるわい!!
ごちそうさまああああ!」

そう言って卓に勘定を叩き置くと、男は豪快に笑いながら、戦斧を振り回して酒場を後にした。
体重 196[kg]
最高速度 12[km/h]
好き チーズと酒
できるだけ禁酒中
探索中 ダーインスレイブ
イラストレーター RARE ENGINE

考察
紋章状態になると使い魔2体が戦場からいなくなるので注意。
紋章は最大HPは50増える。さらに超覚醒した使い魔で紋章を作ればDEFが20上がる。
条件を満たさなくても覚醒1回分のHP増加を見込めるので確実な耐久力の増加を期待できる。
特にディフェンダーはDEF20が上がるのでガーディアンスタイルにしたときにもそのDEF20上がったのが効いてくるだろう。
実際に運用する際には風神雷神デッキや吸血姫、超獣、死皇、海皇等の2~3体の主力使い魔が互いに補完しあっているデッキと相性が良いだろう。
それ以外にも火力は充分だが耐久力に不安がある使い魔の補助として入れる事によりそれらの使い魔の活躍がしやすくなるかもしれない。


キャラクター説明
北欧神話に登場するドワーフの鍛冶師であり、魔剣ダーインスレイヴの製作者。
LoVでの彼は機甲の知識にも明るく、ヘパイストスポセイドンに匹敵するほどの機甲技術を持つ。
本人はダーインスレイヴを素晴らしい名剣として鍛えていたのだが、彼の才能と剣を恐れた神々により呪われ、絶えぬ苦しみから血を求める魔剣へと変わり果てててしまった。
そしてその剣はある人物により機甲の身体を得てしまい、神々と呪いをかけた者達への復讐のために殺戮を繰り返す狂戦士と化してしまう。
彼は自分が丹精込めて作った剣を呪いから救うために、戦斧と鍛冶道具を担いで旅を続けている。



+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
  • あまり使われていないカードだからって、考察の文章が酷すぎませんか -- 名無しさん (2017-04-09 01:04:23)
名前:
コメント: