※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『inanimated』(第31回大会第6試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方、

信仰なんて儚く、金と権力の前では無力だと認めたくない方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。



試合内容

『・・・・・やだっ!!』 -伊吹萃香の願い

LTW王者組にも関わらず前大会で露骨にかみ合わない姿を露呈してしまった
博麗神社組の霊夢萃香
そして対する挑戦者は霊夢が業務提携してしまったGM軍もこけーねの二人。
何か起こらない方が異常であったファンの不安は、最悪の形で現れてしまう。

青コーナー 試合形式 赤コーナー
上白沢慧音/藤原妹紅(GM軍・挑戦者) LTWタイトルマッチ 博麗霊夢/伊吹萃香(博麗神社・王者)
+試合前の波乱
リングイン直後にGM軍への帯同を萃香に薦める霊夢。しかし萃香は拒否。
これに対し、王者組のパートナーであるはずの霊夢が夢想を炸裂。
信頼していた唯一の存在によって制裁され、何よりも心が折れてしまった萃香
そのまま妹紅がカバー、レフェリーのパチュリーが3カウントを取り
これを正規試合としてGM天子が認定。
三代目LTW王者組が史上最悪の陥落・崩壊劇をみせ
四代目LTW王者にもこけーねが再戴冠した。
当然ながら神聖なタイトルを汚したこの行為に誰もが賛辞を送らなかった。
試合結果 妹紅 0分00秒 戦意喪失 萃香

これに介入した人物がアリスであった。
レフェリーのパチュリーをリング上から排除し
四季映姫本部長を帯同してタイトルマッチを要求。
これに新王者として慧音が同意し、萃香との即席タッグでの緊急試合が決定した。

青コーナー 試合形式 赤コーナー
アリス/萃香(無所属・挑戦者) LTWタイトルマッチ 慧音/妹紅(GM軍・王者)


+試合結果
試合結果 萃香 21分56秒 日出づる国の天子(GM的な意味で 慧音
アリスは日々進化する『ブレインプロレス』の最新型を王者組に叩き込む。
常に団体に運命を左右され続けてきた彼女が、自らの力で勝ち取ろうと必死になって奮戦するが
パートナーの萃香の動揺が凄まじく、またもこけーねの圧倒的火力の前に
度々大技を受けてしまう。
その萃香が最後に慧音によって『日出づる国の天子(GM的な意味で』で葬り去られ、
同系の技を知るファンから、萃香にとっては逃れられない宿命なのかと諦める他なかった。
かつての団体のエースオブエース、博麗霊夢はもはや死んだ。
そしてGM軍がより強力になってしまった。
その現実は誰が見ても明らかであった。

しかしアリス・マーガトロイドは引く訳にはいかない。
霊夢への報復を宣言。次大会での全面戦を要求。
萃香,鈴仙,メディを帯同しての4vs4を求めた。
これに対し自称『心の広い霊夢さん』は
慧音,妹紅,輝夜を帯同しての試合なら、と同意。
博麗神社組はより絶望的な状況に追い込まれてしまう

翌第32回大会GM軍対元博麗神社組全面戦争『inanimate return』へ続く