海外(外国人)の反応

waiwai削除を受けて、海外の人の捉え方
見つけた方は報告してください。また翻訳して下さる方も大歓迎です

waiwai記事に対する反応や影響は「記事が及ぼした影響」へ。

2008年6月に出されたwaiwaiの英語版お詫びが「(事実であるが)内容が下品という指摘があったため削除します」というスタンスであることから
『2chの右翼からの嫌がらせによって削除された』などといった海外での意見が見られます。
つまり、waiwaiの内容を信じている外国人がいるということです。

毎日新聞は英語およびwaiwaiが翻訳されたすべての言語で『waiwaiの内容は事実ではない』ということをきちんと説明させるために、毎日新聞社の対応・waiwaiコーナーの削除に対する、海外での反応もwikiに保存していきたいと思います。




Mainichi Daily Newsのフォーラムでの反応

waiwaiが削除された際、削除を惜しむ声がフォーラムに投稿されていました(現在削除済み)

このときの内容を保存されていた方からのメールが まとめwiki の方に載っています
WaiWai閉鎖を惜しむ外国人読者の声

文面が例外なく表明しているのは、英語の読者はすべてワイワイの記事を(時には品がないにせよ) 事実であると受け止めた上で投稿していることだ。
そこには一点の疑問をはさむ余地も無い。
WaiWai閉鎖を惜しむ外国人読者の声 より引用)

上記の通り、waiwaiの記事を事実と信じている読者が多くいることがわかります。

ライアン・コネルが今でも寄稿してるしてる日本の情報発信サイト

ここも監視しとかないとwaiwaiの閉鎖が無駄になるよ
Japan Probe
http://www.japanprobe.com/


Wikipediaでの反応

Wikipediaでもwaiwai削除についての反応がありました
http://en.wikipedia.org/wiki/User_talk:Tabercil#Japanese_subjects_and_the_loss_of_a_major_source
フォーラム同様にwaiwaiが削除されたことを惜しみ、それは日本の右翼の圧力のせいだとする意見が見られます。
このような意見に対してこの問題に精通している人が反論してくれていますが、waiwaiを信じている方やwaiwaiの内容を事実として広めようとしている方がいらっしゃるのは確かです。
306 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/07/02(水) 03:31:32 ID:1cQcwgM80
Wikipediaの
http://en.wikipedia.org/wiki/User_talk:Tabercil#Japanese_subjects_and_
the_loss_of_a_major_source
の「Japanese subjects and the loss of a major source」の部分読んでみて。

毎日は日本の外部からは知りえない貴重な情報を伝えてくれたが2chの右翼からの嫌がらせ
によって記事が削除されたって書かれてる。
このページはグーグル・ページランク5だから、世界中の相当数の人が閲覧しているはず。

英語版サイトのお詫びが「信憑性の極めて低いゴシップ記事を翻訳掲載してしまい誠に申し訳ありませんでした」
とすべきところを
「これまで日本の社会、風俗を紹介するため週刊誌等を翻訳掲載してまいりましたが
内容が低俗との批判を受けましたので、記事を削除し閲覧できないように致しました」

と記事の内容自体は、さも真実であるかのような毎日の保身的謝罪によって
国外の人から見ると、正当なジャーナリズムが右翼の圧力に屈したという構図になってきたね。
(転載の際に改行を加えました。URLは改行された部分を連結して下さい)

sci.lang.japan (googleグループ)

sci.lang.japanグループの「Bye-bye WaiWai」というディスカッション内のコメント
http://groups.google.co.jp/group/sci.lang.japan/browse_thread/thread/c34a9ef9cd2f9812/59e5fa2b58794dd5?lnk=gst
254 :名無しさん@全板トナメ参戦中:2008/06/30(月) 01:26:26 ID:pQrV1TSr0
毎日waiwaiに載っていた日本の主婦の売春記事が嘘だったなら、 
もう日本に行く気は失せたとのたまう変態外人が実際にいた(笑) 

ニュースグループ: sci.lang.japan, fj.life.in-japan 
差出人: "John W." 
日付: Wed, 25 Jun 2008 07:23:06 -0700 (PDT) 
ローカル: 2008年6月25日(水) 午後11:23 
件名: Re: Bye-bye WaiWai 
返信 | 投稿者に返信 | 転送 | 印刷 | スレッドを表示 | オリジナルを表示 | 
このメッセージを報告 | この投稿者のメッセージを検索 
On Jun 25, 2:48 am, Declan Murphy wrote: 

> I don't think its so unusual. Compare the main page of most 
> broadsheets, with the corresponding frontpage of their website. The 
> website version invariably has a somewhat tabloid skew. 

Are you implying that Japanese housewives aren't prostituting on the 
side? Not only did my one reason to read Mainichi go away, I also now 
lost one reason to go to Japan. 

Wonder if Ryan O'Connell is now unemployed; had some good email 
correspondence with him a few years back. Seemed like a nice guy. 

John W. 

「毎日新聞『変態ニュース』打ち切り、英語圏読者の反応は?」(海外のフォーラムでのやり取りの和訳)

個人ブログ「Red Fox」の岩谷文太氏によって、この問題を扱った海外のフォーラムにおいての英語でのやりとりが和訳されています。
http://redfox2667.blog111.fc2.com/
毎日新聞「変態ニュース」打ち切り、英語圏読者の反応は?
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-165.html

コネルに同情するコラムがSPA!7月29日号に掲載(筆者ベンジャミン・フルフォード)

393 :名無しさん@非難民:2008/07/22(火) 22:56:58 ID:fI2YBo.s0
コピペ

今週号の週刊SPAのニュースコンビニエンスというコラムで 
ベンジャミン・フルフォードという筆者がコネルに「同情する」という内容を 
書いています。 

フルフォード曰く 
コネルは、日本の週刊誌の記事を集めただけなのにこんな事になって 
可哀想だそうです。 
更に、日本はこんな内容の記事を配信されたくないなら、そもそも国内用でも 
そんな記事を書くべきではない。 

もちろんコネルは記事を捏造した訳ですから「記事を集めただけ」なんて 
フルフォードの捏造ですし 
日本にそんな元記事は存在しないので、日本の自業自得というのは 
言いがかりに過ぎません。 

フルフォードはコネルと同じ穴のむじな(記事捏造)なので擁護するんでしょうね。 
更に、このコラムをそのまま掲載した週刊SPAは、毎日新聞並のチェック機能しか持たない 
事を露呈。(もしくは判っていて掲載。どっちが悪いかわかりませんが) 

是非、店頭で記事を確認のうえ週刊SPAに電凸をお願いいたします。 

こんな有様ですから、他のマスメディアは毎日を叩きに行けないんでしょうね。 
どこも五十歩百歩のようです。 

427 :墓碑銘 ◆SP1RWrm9VI:2008/07/23(水) 12:47:18 ID:xxLsWYBQ0
ベンジャミンフルフォードがコネルを擁護するような発言をしたとの
情報があったが、念のため確認してみた:

7/29 SPA 

「...(中略)毎日新聞英文サイト内の変態ニュース騒動が続いている。
はっきり言って、オーストラリア人の著者、ライアンコネル氏に同情する。
コラムは日本の週刊誌の記事を紹介したものだからだ。.....
外国に紹介されて困ることは日本人自身が慎めばいい」

これだけである。明らかに「全体像」を知らずに書いたコメントである。
このコメントを持ってしてフルフォードが「毎日擁護や反日」という
結論は出せない。また、このコメントだけを見て、超親日派の彼を
追い込むことがあってはならないと思う。 

Balderdash

"Men have become the tools of their tools." - Henry David Thoreau
http://gssq.blogspot.com/2008/09/men-have-become-tools-of-their-tools.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。