Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self"

「防衛省の内実が‘ロリータ’マンガキャラクターで明らかになる」

2007年7月24日配信


From the successor of the government ministry that gave the world Pearl Harbor and the Rape of Nanking now comes a cutesy little girl cartoon character dressed as a maid with a hawkish stuffed teddy bear to give a simple explanation of Japan's defense policies, according to Cyzo (August).
Growing numbers of government agencies have used borderline pedophile manga characters to promote their activities in recent years, but it's the Defense Ministry's little girl character that is attracting attention among Japan's otaku, the monthly says.
世界に「パール・ハーバー」*1と「レイプ・オブ・南京」*2をもたらした省庁の後継省庁から、今度はメイド服を着てタカ派的なテディベアのぬいぐるみを持ったブリっ子の少女マンガキャラクターが、日本の防衛政策の簡単な説明をもたらすためにやってくる ― サイゾー8月号より。
近年、政府機関のなかには、活動を広報するためにペドフィル(小児性愛)ギリギリのマンガキャラクターを使うようになったところが増えているが、日本のオタクの間で注目を集めているのはこの防衛省の少女キャラクターだ、とサイゾーはいう。

In the "Manga de Yomu Boeisho Hakusho (Defense Ministry White Papers in Manga)" series printed in 2005, a little girl wearing "Lolita" fashions and an apron is involved in exchanges -- sometimes violently -- with a hawkish stuffed teddy bear as they rumble over the way Japan should defend itself.
2005年出版の『まんがで読む防衛白書』シリーズでは、「ロリータ」ファッションとエプロンを着た少女が日本の防衛のやり方の問題で「タカ派の」ティディベアとの口論に巻き込まれる。

News of the story spread through Japan's Internet and by word of mouth and turned the manga into a hit, with second and third editions hitting the bookstores rapidly.
It seemed a given that the publisher, Japan Defense Foundation for Mutual Aid, would be given the contract to print last year's manga version of the ministry's white papers, but things didn't quite turn out that way.
このニュースは日本のインターネットや口コミで広まって、この漫画はヒット作となり、すぐに第2版と第3版が出た。

"Publishing rights are decided in public bidding and another company undercut us," a spokesman from the Japan Defense Foundation for Mutual Aid tells Cyzo.
"But it was such a popular book that we didn't want its success to end after only a single year.
We asked the same author of the 2005 edition to draw up another manga using the same characters in a way that would help readers to understand what's going on with the defense of Japan."
防衛弘済会の広報担当者がサイゾーに語る。「でも、こんな人気本の成功が一年だけで終わってほしくないですね。」

The new book "Heiwa no Kuni no Nebaarando (The Neverland of the Peaceful Country)" has also proved to be as popular as its predecessor, with sales going well since its January release.
新刊『平和の国のネバーランド』は1月に出版され売れ行き好調で、先行書籍[『まんがで読む防衛白書』]に人気があることの証である。

Japan Defense Foundation for Mutual Aid is confident its cutesy manga characters can drum up plenty of support for an industry that revolves around defending people.
防衛弘済会はブリっ子漫画キャラクターで防衛関連産業への支持を大きく拡大できると自信を持つ。

"It's pretty serious contents," a group spokesman tells Cyzo.
"But we figure the manga characters are easy to relate to and will make the difficult issues more accessible for kids and young adults to understand." (By Ryann Connell)
「まったく真面目な内容のものです」と広報担当者はサイゾーに語る。
「漫画キャラクターは子供や若者には馴染みやすいし、難しい問題をわかりやすくしてくれると、当会は考えています」。(ライアン・コネル筆)

訳の違い



捏造に関する議論

WAIWAIの引用元の一つとされる「サイゾー」自ら、記事全文をUPしてくれました。
http://www.cyzo.com/2008/06/post_676.html

どうやら歪曲の可能性がでてきました。

以下毎日新聞の英語版サイトが酷すぎる まとめ@wikiより引用
(注)このページに、この記事を紹介していたブログから転載した漫画を掲載していましたが、
「まんがで読む防衛白書」の作者の方から指摘があり、この記事で説明されている漫画とは
異なるものであるということが判明しました。お詫びして削除させていただきます。申し訳ありませんでした。
「まんがで読む防衛白書」作者のでこくーるさんのブログ http://decocool.seesaa.net/article/101450939.html

漫画の作者が直接否定しています。
そればかりでなく、やはり客観的にもサイゾーの"翻訳"、"正確な引用"とはとれない様子。
詳しく検証する必要がありますね。

781 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/25(水) 03:52:53 ID:J55DoSPlO
>>752
ν速+から来ました
サイゾーバックナンバー持ってるので確認した
2007年8月号P40に「萌え系オリジナルキャラが防衛省企画で大活躍中」と言う記事があります

でも変態な内容じゃありません

スキャナーがないのでタイプで良ければ明日うpします

821 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/25(水) 04:27:37 ID:X2hSkzKu0
>>781
このページ?

後はテキストお待ちしてます。

サイゾーの記事だと思われるもの。
ttp://up2.viploader.net/pic2/src/viploaderf130170.jpg

From the successor of the government ministry that gave the world Pearl Harbor and the Rape of Nanking now comes a cutesy little girl cartoon character dressed as a maid with a hawkish stuffed teddy bear to give a simple explanation of Japan's defense policies, according to Cyzo (August).
赤字部分は、歴史上の出来事と、作品(映画パールハーバーと、書籍レイプオブナンキン)の
どちらとも解釈できるような一種のブラックジョークのつもりで書かれたのではないか、という見方もある。
しかし仮にジョークだとしても、日本への潜在的マイナスイメージを含む単語をわざわざ追加したのは何故だろうか。
疑念が残る。

拡散状況

AsianOffbeat
http://www.asianoffbeat.com/default.asp?display=692
Japan: Stippy
http://www.stippy.com/japan-waiwai-archives/defense-ministry-turns-to-lolita-manga-character-to-reveal-inner-self/
Nigihara
http://www.nigihana.com/forum/showthread.php?t=2416
英語サイト
http://www.sankakucomplex.com/2008/06/25/mainichi-tries-to-bribe-%e2%80%9clolita%e2%80%9d-mangaka-into-silence/
http://www.shanghaiexpat.com/MDForum-viewtopic-p-680305.phtml#680305
フランス語サイト
部分転載:http://www.fabriceaujapon.com/blog/index.php?/archives/204-Autodefense.html
部分転載:http://www.forumjapon.com/forum/viewtopic.php?p=135157#135157
jrocknyc
部分転載:http://jrocknyc.blogspot.com/2007/07/from-government-ministry-that-brought.html
Blogger:その他
http://montesramblings.blogspot.com/2007/07/tad-bit-disturbing.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。