アスキーアートの未来をみんなで考えてみるWiki(旧・のまネコ問題Wiki)

AAの歴史

最終更新:

匿名ユーザー

- view
管理者のみ編集可

AAの歴史等

いろいろ調べていたら、1982年9月19日
IBM研究員Scott E Fahlman氏によってはじめての顔文字が使われたそうな。
保存されているその時のログは、こんな内容だったらしい。

 19-Sep-82 11:44 Scott E Fahlman :-)
From: Scott E Fahlman <Fahlman at Cmu-20c>
I propose that the following character sequence for joke markers:
:-)
Read it sideways. Actually, it is probably more economical to mark
things that are NOT jokes, given current trends. For this, use
:-(
ジョークのマーカーとして:-) を使うことを提案します/横に読んでください。
また、今の話でジョークでないことを示すために:-( を使おう。
↑「フェイスマークの図像学」よりtp://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/facemark.html

つまり、AAの元となった顔文字は、最初から「共有され、
コミュニケーションをとりもつべきもの」として解放されていたのだ。
その後瞬く間にバリエーションを増やした顔文字はAAやテキストアートへ進化していく。

顔文字が誕生して20年後の2002年にScott E Fahlmanはこう語ったようだ。

「顔文字を使うときに、少しでも使用料を取られるとしたら、だれも使いませんよ。
良かったのか悪かったのかわかりませんが、これは私が世界に上げた贈り物です」
↑「顔文字ピックアップニュース」よりtp://www.kaomoji.net/pickupnews.html
(共同通信で配信されたようだが元記事はリンク切れ)

「これは私が世界に上げた贈り物です」 ……
こんな騒ぎの最中だけれど、9月19日は顔文字の誕生日。