作曲について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ver.1.1.0以降は、「オルゴール」と呼ばれるアイテムを使うことで
フィールドを楽譜に見立てて作曲を行うことができます。
アイテム 入手方法 備考
練習オルゴール ラムダのドロップアイテム クリックした位置から演奏を開始する。
演奏中に使うと演奏を停止する。
マルチプレイの場合、自分のゲームにのみ反映される
本番オルゴール ィ゛ぁド┘Dのドロップアイテム ローカルプレイ時の効果は練習オルゴールと同じ。
マルチプレイの場合、演奏開始・停止が全員のゲームに反映される

作曲のチュートリアル


Step1 ドレミファソを鳴らす

フィールド上に「CDEFG」を貼り、「C」の左側をオルゴールでクリックしてみましょう。
「ドレミファソー…」と鳴るはずです。
※「CDEFG」の下の19列には何も置かないでください(土や雲なども)
※音が鳴りっぱなしになりますので、もう一度クリックして演奏を終了します。

Step2 ドレミファソラシド

次は、ドレミファソラシドと鳴らしてみましょう。「CDEFG」の後に「ABC」を付け足してください。
このままでも「ドレミファソラシド」と鳴りますが、オクターブが想定と違いますので、
「A」の2列下に「4」を貼ってオクターブを明示しましょう。
※オクターブは継続しますので、変更する時だけ貼ってください。
※演奏開始時、オクターブは3から始まります。

Step3 半音、無音、ループ

「F」の1列下に加算記号を置いてください。これで「♯ファ」を表します。
次に、「E」と「F」の後に減算記号を置き、音が伸びないようにします(ノートオフ)。
また、最後の「B」と「C」の後に除算記号を置き、完全な無音を作ります(ミュート)。
加えて、「ABCD…」の1列上に矢印を置いてループ区間を指定します。
ループから戻った後に「G」のオクターブが4になってしまうため、「G」の2列下に「3」を置きます。

文字タイルを効率よく手に入れるには?

文字タイルは天然の呪文やメモリークェークのバグの塊、文字多発エリアなどから入手できますが、
天然のチェストからもまとまった数を入手出来る場合があります。
チェストからの入手の場合、エリアによって入手できる文字の種類が異なります。
エリア チェストから入手できる文字
雲海層 アルファベット
地上層 アルファベットと数字
地下層 数字
地獄層 記号
お城 杖の材料となる仮名文字

詳細な仕様

+表示する
オルゴールは下図のように縦21列を楽譜として解釈します。
音色は「25%矩形波」「三角波」「ホワイトノイズ」の3種類で、同時に4音まで発音可能です。
1tickは1/48秒で固定されており、1ラインのtick数を3~6の範囲で変更可能です。

コントロールチャンネル

ここに置かれたタイルによって再生を制御することができます。
タイル 効果
このラインをループ開始位置に設定します
このラインの演奏が終わった後、ループ開始位置に戻ります
T 1ラインのtick数を6に設定します(演奏開始時のデフォルト値)
1ラインを16分音符とした場合、テンポは120です
U 1ラインのtick数を5に設定します。
1ラインを16分音符とした場合、テンポは144です
V 1ラインのtick数を4に設定します。
1ラインを16分音符とした場合、テンポは180です
W 1ラインのtick数を3に設定します。
1ラインを16分音符とした場合、テンポは240です
乗算記号またはX 再生を終了します
※演奏開始時はtick=6に設定されています

チャンネル1~4

音を鳴らすメインの部分です。
各チャンネルは更に5列に分けられます。

1.ノート
タイル 意味
A~G ノートオン
減算記号 ノートオフ。余韻(リリース)が残ります
除算記号 ミュート。いきなり音が消えます
(空白) ノートオフを指定しない限り、音が伸び続けます
X (ver.1.2.0以降)矩形波のデューティー比を12.5%に変更します
チャンネル1または2でのみ有効です
Y (ver.1.2.0以降)矩形波のデューティー比を25%に変更します
チャンネル1または2でのみ有効です
Z (ver.1.2.0以降)矩形波のデューティー比を50%に変更します
チャンネル1または2でのみ有効です

2.半音
この列に加算記号を指定すると♯の扱いになります。
「B」や「E」に対して指定した場合は無視されます。
半音の指定は前のラインから継続しません。

3.オクターブ
0~6を指定することでオクターブを変更します。
オクターブの指定は前のラインから継続します。

4.遅延
0~5で指定したtick分だけこのラインの実行を遅らせます。
遅延の指定は前のラインから継続しません。

TODO 三連符の例

5.周波数スイープ
周波数スイープの変更を指定します。
周波数スイープの指定は前のラインから継続します。
タイル 意味
0 周波数スイープをしません
1 1ラインで半音上昇
2 2ラインで半音上昇
3 3ラインで半音上昇
4 4ラインで半音上昇
5 5ラインで半音上昇
6 6ラインで半音上昇
7 7ラインで半音上昇
8 8ラインで半音上昇
A 1ラインで半音下降
B 2ラインで半音下降
C 3ラインで半音下降
D 4ラインで半音下降
E 5ラインで半音下降
F 6ラインで半音下降
G 7ラインで半音下降
H 8ラインで半音下降
最終更新:2017年11月21日 23:27