実行とデバッグ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終了待ちしない VDP コマンドの実行結果とかが妙にリアルな blueMSX で実行/デバッグする

実行は普通に ROM イメージ/ディスクイメージ で読み込むだけ

デバッグは blueMSX のデバッガ機能を使う
map と asm を出力して、blueMSX のデバッガとにらめっこしながらデバッグする
死にかける

実機の場合は ROM イメージを 16k x2 に分割して、32k ROM イメージのランチャとかで実行
ROM 焼ける人は詳しくは知らんけど ihx のまま焼けるんじゃないの?

ディスクイメージはそのままディスク作ってドライブに入れるだけ

1 chip だと似非RAMモードでメガロムとかも実行できると思われ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。