アセンブラの相違点

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sdccで用いるクロスアセンブラはsdasz80。
このアセンブラはニーモニックZilog形式とやや異なる。
マクロアセンブラのような命令や式も定義できる様子。

大まかな違いを以下に示す。
ニーモニック (Zilog) (SDAS)
即値 LD A,1 LD A,#1
即値16進 LD A,0FFh LD A,#0xFF
インデクスレジスタオフセット(+) LD (IX+1),A LD 1 (IX),A
インデクスレジスタオフセット(-) LD A,(IX-2) LD A,-2 (IX)
ラベル JP Label: JP Label$
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。