基本的なコンパイルの方法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡単なCソースを書く。ファイル名はsource.c

void main(void){

}

コマンド上からソースファイルをコンパイルする。

> sdcc -mz80 source.c

以上が基本的なsdccのコンパイル。

※コンパイル後に生成されるファイルは複数。*.asmはコンパイラが出力したアセンブルソース、*.relがリロケータブルオブジェクトファイル(通常は、*.objや、*.o、という名前が付くファイル)、
作成されるバイナリ形式は*.ihxとなる。

SDCCでコンパイルすると作成されるバイナリはIntelHEX形式のオブジェクトファイルが作成される。
IntelHEX形式は主にROM等を作成する際に用いられる形式で、バイナリがIntelHEX形式なのでそのままではMSXで動作しない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。