立ち回り-CF

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注意・この項目は前作のページを流用しています



【基本性能】

リーチの長い牽制技を持つ設置キャラ。ビットを絡めた起き攻めのセットプレイが強力
STGと呼ばれたりもするが、基本的に遠距離からではまとまったダメージが取れないので設置したビットによる援護を盾に接近したり、あるいは設置を止めようと接近してくる相手を持ち前のリーチで迎撃しながら戦う


【開幕】

相手キャラにもよるが基本的にバックジャンプ、バクステなどで距離を離すのが無難
立ちCは食らい判定が前に出るのでこの距離で振るのは微妙。置くなら5Bか3C辺り?
μに限った話ではないが、色んな行動を散らして相手に的を絞らせないこと


【遠距離】

ハバヤを出して相手の動きを抑制しながらビットを撒き撒き
ビットの配置は「これやっとけば安定」というものが無いので相手に合わせて考えながら設置する。最初に置いたビット(トツカのレーザーが最後に跳ね返るビット)と最後に置いたビット(トツカのレーザーが最初に飛んでいくビット)、あとはどこにビットがあるかをぼんやりと覚えとけば大体問題ない


【中距離】

μの牽制能力を存分に活かせる距離。5C、下り際JC、ダッシュ2Bなどが主力となる
引っかかっていたらツルギにつないで吹き飛ばし>追いかけて起き攻めorビット設置、ガードされていたらビット設置jcやキャンセルハバヤなどでフォローしてこう
6Cはリスク大だがそれに見合うリターンもある。最低ガードさせればフォローが効くのでプレッシャーを与えるためにたまには振ってみるといいかも
置きJ2Cなんかも意外と使える


【近距離】

各種A,Bが大活躍な距離。5A>2Bはガトリングがないことには注意が必要
インファイトのキモは5B,2B,6Aのガトリングとなるだろう。ただし今作では5B>2B、2B>5Bなどの連携が一度までしかできないので注意
下段は2B,3C、中段は6B。固めている間に距離が離れてしまった場合はハバヤによるフォローが非常に有効


【空対空】

JCのリーチがトップクラスの長さを誇るため置くように使うとかなり機能する。ただし若干だが着地硬直あり
他キャラに比べて空投げの範囲がかなり広い。びっくりするような位置の相手を吸い込むこともあるので近距離でもつれた時に出してみるのもあり


【空対地】

ここでもJCが使えるが、食らい判定が前に出るため離れた位置でもカウンターを貰うことも
下側に判定の強い技がないので、頭無敵技はもとより小パン対空にかなり弱い。JBがやや強めだがそれでも落とされることがあるので注意
J2Cならタイミングをずらしつつ下側に強い攻撃判定を出すので小パンを連打している相手には有効だが、発生が遅く着地硬直もあるので読まれると危険


【地対空】

基本の対空は6Aと2C
6Aは発生早めで2Cにガトリングがあるため入れ込みでの確認も容易
2Cは発生がやや遅くスカしたときの硬直もかなり長いが、範囲がかなり大きいのが特徴。後ろにも若干判定が出る


コメントフォーム

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。