※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開始前 前篇 中篇 後篇 リザルト


芝村:/*/

芝村:車両も通れるような、スロープの途中にある

山県千晶:「ゆっくりいかないと、ころんじゃいそうですね」

風翠翔華:「滑らないように気をつけて」(周囲警戒しつつ)

柊突破:「また、随分広いな。下に行くほど広くなっているのかな?」

素二亜:「足下気をつけないとね」

斎木 虎太郎:「はい。」 <気をつけないと

比嘉健:「……。(煙草吸いたいなあ、とかろくでもない事考えている)」

芝村:/*/

芝村:迷宮の33階にいる。

嘉田塚美咲:「(いったいこの迷宮、どこまで続くのかしら。早く兎さんに会わなきゃいけないのに・・・(はやる気持ちを抑える))」

素二亜:「今日は美少年が多くてわたしなんだか調子いいわ」

風翠翔華:「ずいぶん潜ったわね。最初は20階からだったんだけど…」

斎木 虎太郎:「結構もぐって来てますよね。」

山県千晶:「でも、いつかは終わるものですよ」にこー

比嘉健:「……なんか、別の意味で嫌な気配を感じる(マテ)」

柊突破:(ロジャーが30階だったか。君はどこにいるんだろうな)

芝村:ここは、A1クリック。クリックは1マス500m×500mを言う。

斎木 虎太郎:「ここの何処に居るのかな・・・探し人は・・・」

嘉田塚美咲:「少なくとも底に近づいていると信じたいわね」>千晶ちゃんにむかって

素二亜:「………エミリオの匂いもかすかにする気がします、ひょっとしてココに来ているのかしら………」

芝村:水の匂いが、かすかにする。

柊突破:「この迷宮は深いところは60階まで確認されている、とある方がいっていましたね」

芝村:海のような匂いだ。

斎木 虎太郎:「潮のにおい?」

比嘉健:「どうせ僕なんか、いいとこなしさ、ふーんだ……(この所負けっぱなし)」

柊突破:「水・・・。川か滝でもあるのかな?」

素二亜:「海に繋がっているのかしら?」

風翠翔華:「何だか人探ししてる人数多いなぁ…作戦目標増やすのは嫌いなんだけど」

山県千晶:「がんばりましょうね」

比嘉健:「岩塩が溶けてるだけじゃ、磯の匂いにはなりませんよね。海草とかが」

比嘉健:「あ、じゃあ僕もスイトピー探しましょうか?(マテ)」

風翠翔華:SD、周囲の状況はどんな感じでしょうか?

嘉田塚美咲:「ええっ!海に入って私の機体が錆びるのはごめんですよぉ。整備大変なんだから。<潮」

山県千晶:「まあ、現実かどうかもあれですから。気にしない気にしない!」

素二亜:「まぁ、逢えるときは逢えるでしょうしその辺は気にしなくてもいいですよ」>翔華さん

芝村:背後と右側は壁だ。背後には上に上るスロープがある。

比嘉健:「大丈夫、錆びる時は錆びる」

山県千晶:丘っぽいですか?

芝村:正面と左には空間が広がっているようだが、暗くて見えない。

柊突破:SD、どの方向からその匂いがするか、を確かめることは出来ますか?

芝村:スロープ=上の階への階段

嘉田塚美咲
html2プラグインエラー: このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

素二亜:まずはここから見える範囲で偵察しましょう

嘉田塚美咲:あ、逆だ

山県千晶:前回のゲームで、韻でどう超能力をつかっていたのは今回も使えますか?>SD

芝村:この場所から偵察する場合は難易度を能力換算で5000だ。

山県千晶:同調だ

芝村:いいえ>山県。そもそも今は韻ではなく、伏線という名前じゃよ。

素二亜:では提出します偵察L21で6300です

嘉田塚美咲
html2プラグインエラー: このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

芝村:はい。ソーニャ成功。

山県千晶:いや、前回得た伏線を使えるのかなあと思ったんです

比嘉健:A1だから、左上じゃない?>現在位置

風翠翔華:南向きしてるとしたらA1かな<位置

柊突破:「凄いや、素二亜ちゃん」

素二亜:「周囲がどうなっているか見通しだけでも確保しないとね」

嘉田塚美咲:あ、ごめんなさい(もうなんかぐるぐるしてしまって)<A1

山県千晶:「すごーい、おめでとー」

斎木 虎太郎:「流石、素二亜さん」

比嘉健:「……偵察の仕事も無くなった。(るーるるー)」

風翠翔華:「素二亜、周りの様子はどう?」

芝村:だがしかし

芝村:○戦車のペナルティについて
戦車は視界が非常に悪く、望遠鏡を使った長距離の観測はともかく、近くの状況はほとんど分かりません。
このため隠れているものを発見する(索敵)場合、難易度は5倍になります。

比嘉健:「どうせ僕はフナ虫にでもモテモテになればいいんですよ……(いじいじ)」

芝村:難易は現在25000だ。

素二亜:うぉ

比嘉健:あ、じゃあソーニャさんとは別に僕が偵察します(笑)

芝村:ソーニャは絶対の自信を持って、ここは安全だと言い切った。

比嘉健:ちょ(笑)

素二亜:ゴメン

柊突破:わー(涙

山県千晶:安全だといいきった!

芝村:貴方がたはソーニャの偵察結果を妄信する伏線を踏みまくっている。

風翠翔華:「比嘉、素二亜をフォローして。はい望遠鏡」(望遠鏡を貸す伏線張ります)

山県千晶:同調でなにか感じたりできませんか?>SD

比嘉健:「よし、それじゃあ進みましょうか……(フナ虫探しながら)」

山県千晶:くっ

嘉田塚美咲:「まってよ。あなたパイロットでしょう?戦車が偵察に向いてないことくらい知っているじゃない」

比嘉健:「え、偵察するの?」

素二亜:伏線を踏む必要があります>同調

風翠翔華:「うん、戦車が回り見えないこと気づかないとかもう、ね。はっはっは」(やけくそ

柊突破:「あ、足元は見えにくかったりするんだよね。その辺り、気をつけよう。  歩兵でフォロー、フォロー」

芝村:おっと。ソーニャへの妄信をやめる場合は、伏線10

比嘉健:「もうソーニャさんに任せれば良いですよ。どうせぼくなんて、ふーんだ(いじいじ)」

芝村:同調で周囲観察をする場合は伏線20だ

山県千晶:このターンで伏線ってまだふめるんですか?

風翠翔華:「戦車と幻視持ちは広域のみカバーして。 どうせだいたいしかわからん。あんたは目視で確実に敵を見つける係りよ」<比嘉

比嘉健:という感じに、比嘉がいじけてるので花を持たせる為に偵察させるとかどうだろうか(何)

斎木 虎太郎:「ああああああ、えーと。比嘉さんも偵察お願いしますー。念には念を入れて。ね?」

嘉田塚美咲:1ターンで韻はひとり1しか踏めないのでこのターンでは韻は踏めませんね

柊突破:「一応、各自で気をつけて偵察していこう。  人型戦車だと、視線の高さが違って、見落としもあるだろうし」(伏線です)

素二亜:「それにしても戦車からだと結構面倒ね見える位置が限られてるから」

芝村:一人で1伏線だね。

嘉田塚美咲:伏線10 と 20

比嘉健:解釈は使えるのでは。って解釈って何回まで出来るんでしたっけ。

素二亜:「下どうなってます?」

風翠翔華:2ターンはないと無理ってことですね<解除の伏線

斎木 虎太郎:「了解。幻視開始します。」

嘉田塚美咲:ええ。<解除

山県千晶:「このあいだ戦車にのりましたけど、結構見づらいときもありますから気をつけてくださいね素二亜さ」

嘉田塚美咲:えっとSD,ソーニャさんが安全だと言い切ったエリアはどこからどこまでですか?

芝村:ソーニャ妄信の解除 柊突破、風翠翔華で合計2(それ以外はこのターン踏めない)

芝村:ここから1000m四方だ>嘉田塚美咲

山県千晶:これでも疑っていいのですよね?

嘉田塚美咲:了解です<1000メートル四方

柊突破:となると、前と右の1クリック分ですね

素二亜:設定解除は誰かのロールに同調したりするといいですよ

柊突破:あ、前と左でした

比嘉健:「どうせ僕なんか……(うじうじ)」

芝村:ええ>山県 伏線にしたい場合は言えばいいですよ。

山県千晶:比嘉の肩をたたいて「うじうじ、してたらおばけが出ちゃいますよ」

柊突破:「ほら、健くん。君にしか出来ないこと、君だからできることがあるってば」

芝村:ソーニャ妄信の解除 柊突破、風翠翔華、山県千晶で合計3(それ以外はこのターン踏めない)

嘉田塚美咲:「もう、しっかりしなさいよ。男の子でしょう?」>比嘉

山県千晶:(ぽむ、記述方法がやっと分かった

素二亜:「そんなに言うなら貴方が偵察すればいいじゃない(怒)」>健さんに(こういうのもアリかな?)

比嘉健:「だってさー、僕事務と偵察しか出来ないのにさー……(いじいじ)」

嘉田塚美咲:あ、芝村さん、ここでソーニャさんの妄信を解除の伏線を踏んだら、他の伏線は踏めなくなるんですよね?でしたら敢えて踏まないというのはありですか?

風翠翔華:「うじうじしてる暇あったら仕事しなさいっての! 事務と偵察しか出来ないんならそっちでスペシャリストやればいいでしょが」

柊突破:「さっき言ったように、目線が違うと、見えるものも違って来るんだよ。 だから、健くんの人間視点の偵察も重要なんだよ?  ほら、偵察、偵察」

比嘉健:「……。(なんかムカついたので、ソーニャさんのアラを探し始める)」で盲信を解除する伏線とします(笑)(我ながら、伏線の狙い方がアホすぎると思ってきた)

芝村:ええ。あえて踏まないのも手だ>嘉田塚美咲

芝村:例えば大阪を出すなら伏線10

芝村:コーダは20いる

比嘉健:え、伏線で出るの!?(笑)

斎木 虎太郎:!

柊突破:ぎゃー<20

嘉田塚美咲:了解しました。私はちょっと温存します。

素二亜:ちなみにエミリオはいくつでしょうか?

斎木 虎太郎:了解しました!!

芝村:空白の設定だからね。

比嘉健:やっべぇ、頑張ってターン回さないと(笑)

芝村:エミリオは20

比嘉健:くそう、スイトピーが出たのもそれでか!昨日の皆さん、全力で地雷踏んですいませんでした-!

柊突破:避けられてるからなのか(涙<大阪より大変

嘉田塚美咲:・・・ストライダー(涙)

素二亜:もし呼ぶなら、コーダさん優先で(笑)

芝村:ストライダーはこの階より奥だね。30だ

風翠翔華:「…ちっ、ぐだぐだいいおってからに。 嘉田塚さん、こっちから素二亜の偵察に共同は可能?」

斎木 虎太郎:「ああ、もう。健さんいじけてないで。僕探してる人居るんですからチャッチャといきましょう。」

柊突破:さぁ、凄い勢いでぶん回しましょう<ALL

比嘉健:「……とりあえず、進みましょうか(ぶつぶつ)」

山県千晶:まあ、妄信して確実に罠ってわけでもないでしょうし

山県千晶:進行もしていきましょう

嘉田塚美咲:「え?私達も戦車ですよ?歩兵を先行させるんですか?」

嘉田塚美咲:>風翠さん

柊突破:「翔華さん、指示を」

嘉田塚美咲:ええ、指揮官の指示でスムーズにゲーム進めていきましょう

比嘉健:「まあ、車両の旋回性能じゃ敵の接近に対応出来ないでしょうね(うじうじ)」

風翠翔華:「戦車同士でも共同偵察はできると思うけど。 歩兵がやる気ないならこっちがいくしかないでしょうが」

山県千晶:「落ち着いていきましょうね、指揮官どの」

素二亜:いやその戦車は後ろにいた方が心強いです

芝村:さ。どうする?

素二亜:歩兵戦闘車ですから基本、歩兵のバックアップです

風翠翔華:「ぶー(むくれて比嘉に八つ当たり)」

比嘉健:「夜戦装備持ちが先行した方が良いとは思うけど」

比嘉健:「げふぅ!?(やつあたりされる)」

山県千晶:「夜戦装備ってこれですよねー」

嘉田塚美咲:「・・・えーとちょっとまってね。活入れてくる(通信回線開いて)こらー!歩兵どもっ!ぼさっとしてないではたらきなさーいっ!指揮官が偵察しろって!」

比嘉健:「な、なにをするだぁ!ゆるさん!(落ち付け)」

素二亜:「左と正面どちらに行きますか?」

風翠翔華:とりあえず偵察、しましょうか。妄信状態でも歩兵で偵察は可能ですか?

芝村:できない。>風翠翔華

比嘉健:「(少し考えて)階段はD4クリック、ってところかな」

芝村:そして掛け合いが終わるかターンが更新されないと伏線を踏みなおせない

風翠翔華:じゃあ素二亜さんに頼るしかないか。とりあえず士魂号で偵察してみる、でいいかな?

風翠翔華:敵は見つからなくても地形情報くらいは手に入るだろうし。

比嘉健:「じゃ、サクサク進みますか」

斎木 虎太郎:「水のにおいってどっちからきてるんでしょうね?全体的ににおうのかなぁ?」

比嘉健:「風向きを調べてみますか?」

嘉田塚美咲:1000メートル先からはまだ未知の世界ですよね。そこからなら偵察できるんじゃないかな?

素二亜:いえ、失敗していますよ>偵察

山県千晶:でも、PC的にはソーニャ妄信ですから

素二亜:移動してからの偵察は可能です>サターンさん

比嘉健:1000メートルから先も、「ソーニャさんに任せようぜ!」になるのが盲信(笑)

嘉田塚美咲:いったん歩兵かなにかを直感で動かしてそこから偵察がいいかも。

風翠翔華:え、じゃあ地形情報も何も得られなかったってこと?判定終了だったのか。失礼。

嘉田塚美咲:うそん(涙)<1000メートル先からも

素二亜:歩兵に移動させてからその先を偵察は、できます

比嘉健:指揮官、奇襲覚悟で進めろ。出来るだけ敵がいなさそうな場所に(笑)

柊突破:偵察はもうできないので、移動で出たとこ勝負です

比嘉健:サターンさんがこれだ!と思った方向と逆を選べば敵は出ない!

山県千晶:まあ、進みましょう

柊突破:なるほど!<逆

嘉田塚美咲:ソーニャさんと歩兵戦闘車をこの場から動かさなければ妄信状態でも大丈夫。

嘉田塚美咲:そもそも偵察が出来ないから<妄信状態でも

芝村:1時間ほどが経過しました。

山県千晶:信じてるから歩兵は先に行っても大丈夫ということか

嘉田塚美咲:うわ、エンジン音で敵が近づいてくるぞ。急ぎましょう

風翠翔華:じゃあ慎重状態で移動します。

風翠翔華:間違い。通常移動。A3方向へ。

芝村:誰がどう移動するか、指揮官指示を

素二亜:サターンさん具申します、私とりゅーきさんをセットで正面か左へ動かして下さい(でりゅーきさんに偵察で)

芝村:デスカウントダウン

芝村:20

芝村:19

芝村:18

素二亜:ソレ以外は待機で

芝村:17

芝村:16

風翠翔華:素二亜、比嘉をセットでA3方向へ移動。

風翠翔華:比嘉は警戒しつつ移動で。

芝村:1機と一人ね。

風翠翔華:はい。

風翠翔華:(@@すんません)

山県千晶:(ドンマイっす

比嘉健:「(鼻をひくひく動かしつつ)これじゃあ敵の臭いが分からない……こっちの臭いもばれないだろうけど、面倒だなあ」

柊突破:A3って、正面ですか?(よく判っていないです)

山県千晶:北ですよね

芝村:先行部隊(A3)へ
士魂号(M) 素二亜(操縦手) 重量1361 重荷 技能21
比嘉健(ライフルマン)(事務兼任)97式突撃銃と同擲弾発射機 手榴弾 重量 143(+50)普通

芝村:では行きます。

素二亜:「すいません、一緒に付き合って下さい」>健さん

柊突破:ありがとうございます<山県さん

柊突破:「気をつけてね」<一機と1人

比嘉健:「前回の教訓から言えば、多分撃たれると思うんで注意してください(ネガティブ)」

風翠翔華:「素二亜、比嘉、念のために警戒は怠らないようにね」

素二亜:A3は恐らく左です

比嘉健:「僕はもう大きな機械は信じません、信じませんよ……(ぐるぐるぐる)」

芝村
○ABCDE
1上????
2川????
3?????
4?????
5?????

嘉田塚美咲:川!

山県千晶:そういうかたちかぁ

柊突破:ありがとうございます<SD

嘉田塚美咲:水の中を通るのか。

比嘉健:「まあ、それはともかく移動します。武運を」

斎木 虎太郎:1マス500m×500mなので北へ1000m?  <A3

素二亜:ではここでりゅーきさんに偵察を

風翠翔華:二人とも、韻踏まないと川に沈むぞ(汗

芝村:アズマさん。私は一言も北とか東とかいってないよ

比嘉健:「……人型戦車って、川に入れましたっけ?転ばない?」

素二亜:「川があるわね………」

山県千晶:川(移動速度10分の1)

山県千晶:ですよね

山県千晶:戦車は入れないとは書いてない

芝村:歩兵の普通状態で慎重移動だと×1×0.5(慎重)×0.5(夜間)で毎秒0.25mの移動だ。500m進むのに2000秒かかっている

嘉田塚美咲:「一応防水処理は施してあるけど・・・あまり入らないでほしいわ。そうでなくても人型戦車の整備、大変だから」

素二亜:「水音正体はこれねりゅーきさんここから偵察してみて向こうに何があるか見える?」

比嘉健:荷物置いてくるの忘れた……(吐血)

山県千晶:そろそろこっちも追っかけたほうが、都合よさそうですがどうします?

芝村:500mすすむのに30分だね。

柊突破:川なら、潮の香りとは別ですね。  33分ぐらいですね

素二亜:えっと、りゅーきさんは以後士魂号に捕まらせて移動させていいですか?

斎木 虎太郎:(申し訳ありません、画面が固まってて確認できてませんでした。把握しました!!

芝村:予期していないことに、正面は川だった。

山県千晶:戦車がいって急速でおいかけていくという手も

比嘉健:「……夜戦装備を起動します。さて、鬼が出るか蛇が出るか。」

芝村:そして奇襲にあった。

山県千晶:追いかけます、後ろも

比嘉健:くそ、サターンさんのばかー!(笑)

芝村:比嘉と素二亜は音もなく襲い掛かられる。

嘉田塚美咲:音もなくということは歩兵だ!

素二亜:「何かくるわ」

風翠翔華:だから俺が移動させたら敵に会うと

嘉田塚美咲:気をつけて!戦車は10メートル以内には攻撃できない!

柊突破:戦車に歩兵はっ・・・

素二亜:りゅーきさん偵察を

山県千晶:先発との距離はいくつですか?

芝村:難易度は能力換算で30000

風翠翔華:「音なしは歩兵か。素二亜、距離はとれる?」

芝村:先発との距離は500だ。

比嘉健:「耳も鼻も使えない、か。厄介な場所だ!」

芝村:防御を行います。

素二亜:シビアだけど頑張るしかない(笑)

芝村:先行部隊(A3)へ
士魂号(M) 素二亜(操縦手) 重量1361 重荷 技能21
比嘉健(ライフルマン)(事務兼任)97式突撃銃と同擲弾発射機 手榴弾 重量 143(+50)普通

山県千晶:攻防同時処理で間接射撃ってこういうときは可能ですか?たとえはつぎのターンで

比嘉健:3万かー。どうするか。

素二亜:いえ、奇襲なので無理です

山県千晶:いや、次のターンですよ

芝村:間接射撃は次のターンで無線技能あればいいよう

素二亜:無線はあります

嘉田塚美咲:無線はどなたも持っていませんね

風翠翔華:防御、どれくらいいけそう?<A3二人

嘉田塚美咲:あ!戦車兵はある!

芝村:さて。防御評価をどうぞ。

素二亜:私が持ってます

比嘉健:俺単体だと5000が限度>防御

芝村:回避技能をそれぞれ出して。

素二亜:えっと、回避が6300です

芝村:それだけ?

山県千晶:修正修正

芝村:5

比嘉健:・回避技能15(4500)・互尊戦車兵型:防御300

風翠翔華:川なので天然の防御地形である、は出せますか?

山県千晶:相手の貫徹はいくつですか?

嘉田塚美咲:装甲貫徹していないはずです!

芝村:6300+4500が技能ね。

芝村:10800

素二亜:それから防御修正が

素二亜:4500

芝村:続いて防御修正を提出してください。

風翠翔華:(先走りすいませんでした)

比嘉健:・互尊戦車兵型:防御300です。

芝村:10800+4500+300で15600

素二亜:士魂号が4500で

素二亜:久遠は300

素二亜:です

素二亜:「りゅーきさん、水泳は得意?」

嘉田塚美咲:他に使えそうなのは完全補給状態+500天然の防御地形+1000

芝村:そして、修正です。

芝村:敵は

風翠翔華:技能による支援も入れられたら申告で

芝村
  • 入念な準備や練習が行われていた場合 +1000
  • ゆっくり慎重にやっても時間的余裕があって、実際慎重にやる場合 +500
  • 敵はこちらに気付いていない +1000
  • 敵の後ろをとっている +2000
  • 敵の横の位置をとっている +600
  • 敵の上から攻撃している +1000

山県千晶:妄信状態で士気は高くないですか 士気が高い+500

嘉田塚美咲:他の技能の支援+300かな 人型戦車操縦で・・

風翠翔華:ちょ、包囲されてるー!?

嘉田塚美咲:あぅ、敵の修正ががが

柊突破:げ、待ち構えられてる

比嘉健:こりゃ半分どころか全部死ぬな。はっはっは(笑)

素二亜:これはまずい………

芝村:6100の修正が敵に加わった。

山県千晶:ぎゃぼー

芝村:36100が難易だ。

柊突破:練習してんなよっ<敵

斎木 虎太郎:うー。

芝村:では事務判定しとこうか。整備も

山県千晶:ど、同調で敵全体にむけて一瞬でも気を引かせることはできませんか?

芝村:難易は両方26

芝村:事務技能はいくつ?

比嘉健:事務技能は15です

嘉田塚美咲:整備技能LV17 能力値は5100です。

芝村:両方成功だ。

柊突破:整備技能Lv.9 2700能力です

芝村:完全補給状態+500

芝村:15600+500=16100

芝村:装甲は貫徹していない。

芝村:17100

素二亜:天然の防御効果は?

山県千晶:指揮とかはないですか?

比嘉健:後は
  • 保有している他の技能の支援が得られる場合+300:話術 (士魂号と連携を取ります)ぐらいしか出せない俺・・・・・・(ほろり)

素二亜:・天然の防御地形て?ある+1000?

芝村:指揮はないね。天然の防御なんかあるわけもなく。

芝村:連携もありえない

素二亜:川は

芝村:敵はとんでる

山県千晶:天然の防御は地形決まってるんですよ

柊突破:ヒトウバン?<飛んでる

芝村:では修正は確定したね。

嘉田塚美咲:SD、ソーニャさんが危機にさらされることでエミリオの出現の伏線は低下しませんか?(最後まであがきますよー)

山県千晶:SDとしてデータもらってるんで川ではつかないのは確かめてます<天然の

芝村:しません>嘉田塚美咲

素二亜:残念>川

芝村:おお>山県 (笑)

嘉田塚美咲:了解です。あとは、あとは@@

比嘉健:半数死亡ぐらいには持ち込むよ。成功要素出して(笑)

芝村:さて、18050が中間だね。

芝村:今が17100

芝村:1000だから成功要素3だ。

芝村:提出は3分

山県千晶:成功まででかんがえるから

山県千晶:要素数は気にしなくてもいいですよね!

山県千晶:あと、一時もふくめてがんばってください!

芝村:後2分

比嘉健:2倍の法則は気にしなくても良いんですよね。

芝村:きにしないでいい

比嘉健:とりあえず提出します。
成功要素
【本気になると口調が変わる】連携
【単刀直入に話す】連携
【散策】×2 歩き慣れている
【煙草】火をつけて囮に
【オイルライター】火をつけて囮に

嘉田塚美咲:「みんな!お願い!生き残って!!まだしんじゃ駄目!!(叫び)」<一時的成功要素につかるかもしれない

芝村:全部と降りませんでした。

芝村:通過0

素二亜
【美少年しか愛せない自分】健さん美少年なので守ろうとします
【時々すごく大胆な行動に出る】庇に入ります
【美少年に目がない】健さんを庇います

比嘉健:やっべー(笑)

芝村:通過なし。

比嘉健:一時的成功要素【致命部位を腕でガードする】

山県千晶:同調で協調でサポート程度は不可能ですか?

比嘉健:これ以上思いつかん(真顔で)

柊突破:「自由号、イイコちゃん、まだ居るなら、力をっ」

芝村:受動で活性化したのは二人だけよん

芝村:【致命部位を腕でガードする】は通過

芝村:残り2

柊突破:「桜子ちゃん、夜明けの船で刺さったままなら、来てくれ」

芝村:10

芝村:9

素二亜:一時成功要素【とっさの行動】機体を動かして回避軌道を取ります

芝村:敵の奇襲だから、後ろの人たちはのんきにあーだこーだいってると思うけどなあ。

芝村:【とっさの行動】 通った。

柊突破:一時【健は妄信を疑っていた】とか

芝村:中間まで成功要素1足りませんが、どうしますか?

柊突破:あうあう<あーだコーダ

比嘉健:2d6ですかね。

嘉田塚美咲:同調があるので危機がわかるのですー<後ろであーだこーだ

風翠翔華:「嘉田塚さん、どうかした?」<同調してわかる伏線踏みます

比嘉健:1番中間率が高いのは2d6ですからね。他に選択肢はないと思いますが、どうでざんしょ?

素二亜:私の成功要素後一つだけ入れられますか?

素二亜:提出出来ますか?

芝村:もう無理

芝村:ダイスを確定させてください。

素二亜:了解

風翠翔華:可能性高いなら中間狙いで。

比嘉健:じゃあ、2d6でお願いします。OKだよね?>ALL

山県千晶:OK

柊突破:お二人に任せます。天に任せましょう

比嘉健:……ちなみに、誰が振るんですか?(笑)

斎木 虎太郎:お任せします。

嘉田塚美咲:「あああ。比嘉君と素二亜ちゃんに何か悪いことが!!(顔真っ青)」

比嘉健:(2d6だと成功率20%を切る男)

素二亜:りゅーきさんにお願いします

素二亜:あ、どうしよう?

風翠翔華:ソーニャさんがいいと思いますが、いかがで…って本人がいうならそれでもいいけど

嘉田塚美咲:ご武運を。<ダイス

比嘉健:俺が振ろうか?(目を輝かせながら)

嘉田塚美咲:(一心不乱に祈る)

山県千晶:序列が高いほうがふってください

芝村:5

柊突破:ソーニャさんにしましょう。験担ぎは大事です

芝村:4

素二亜:はい

芝村:3

芝村:2

芝村:1

比嘉健:ではソーニャさんお願いしまーす。

素二亜:私が振ります

芝村:はやく。

素二亜:2d6

芝村:[mihaDice] 素二亜@ソーニャ : 2d6 -> 5 + 5 = 10

山県千晶:ktkr

素二亜:これは

比嘉健:なにこの強運(笑)

嘉田塚美咲:よし。生きた。

斎木 虎太郎:おお!やった!!

比嘉健:ほらほら、俺が振らなくて良かっただろ!(笑)

芝村:中間。

素二亜:すげぇ

芝村:半数が死ぬ。

比嘉健:じゃあ俺が。

山県千晶:一人か

柊突破:よっしゃー! エミリオ大明神さまのご加護だ!

芝村:以下から選択できる。

素二亜:はい

芝村:人が全滅するか、車両が破壊されるか。

素二亜:では車両でお願いします

嘉田塚美咲:車両でー。(人命第一)

柊突破:命大事に

山県千晶:指揮官の判断を待ちましょう

素二亜:「敵からの奇襲を受けました」

風翠翔華:車両で。

素二亜:砲撃支援を

山県千晶:みなさん

風翠翔華:ソーニャさんすまん。

山県千晶:ちょっと落ち着いて

山県千晶:指揮官の主体で動きましょう

嘉田塚美咲:あ、はい。<落ち着く

山県千晶:混乱しすぎです

素二亜:了解です

柊突破:了解です

嘉田塚美咲:了解です<指揮官主体

斎木 虎太郎:了解です。

芝村:それではゲームを開始しましょう。

■□■  次へ進む  ■□■
最終更新:2007年10月14日 17:12