※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一時間目: 誤解と狼狽、イズナ氏の災難



 ※(誤字脱字の修正や前後した発言の入れ替え、改行などを行っております。)
  (文中の空白は、返答を返すまでの時間経過具合のめやす、とお考え下さい。)

【登場人物紹介】
ハリー・オコーネル
   ゲーム、絢爛舞踏祭の登場人物。“禁欲”の絢爛舞踏。
   ゲール民族出身風の風貌と名を持つ御仁。  女子供は ことごとく保護対象に指定される模様(?)。
   この度、小笠原に来ている夜明けの船、のハリーさんと確定して頂きました。

エノラ
   ゲーム、絢爛舞踏祭の登場人物。“理解”の絢爛舞踏。  地球大統領ジョージ・タフトの孫娘。
   ハリーさんとは既知の間柄。 快活・聡明で、「絢爛」ゲーム中でもよく相談に乗ってくれておりました。
   ううう、こんなところでまで毎度お世話かけます・・(涙)。

イズナ
   「大地を這う稲妻」の異名を持つ冷静沈着なI=Dパイロットだが、 美人にはとことん弱いチョイ悪風。
   「一緒に小笠原へ行ってくれる方募集!」に 挙手して下さったばっかりに、
   普段は決して外さないサングラスを、ふっ飛ばしてしまって ごごごゴメンナサイ(汗)。

乃亜一型
   ナニワの迂闊者、無手法なスチャラカ技師。
   後先考えずに、役に立つのか立たないのか、妙な案を思いついては自滅するのが得意技。
   登場するたび何故かいつも泣き顔なハリーさんを、励ましに小笠原へ行こうと思い立ったが、
   どうにも面倒をかけてるだけな気がする今日この頃。





乃亜Ⅰ型:こんにちは、 小笠原ゲームの予約をさせて頂いておりました、
  ナニワアームズ商藩国の乃亜Ⅰ型ですが、 よろしいでしょうか?

芝村:記事どうぞ

乃亜Ⅰ型:はい、記事はこちらです。

【予約者の名前】 1500295:乃亜1型:ナニワアームズ商藩国
【実施予定日時】 2007年 12月6日 / 14:00~16:00
【ゲームの種別】 小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
  ・ミニなイベント1時間×2 :20マイル
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
  ・ハリー・オコーネル:藩国非滞在ACE:10マイル
  ・エノラ:藩国滞在ACE :0マイル
【合計消費マイル】 計 30マイル
【参加者:負担するマイル】
  ・1500295:乃亜1型:ナニワアームズ商藩国:入学済:30マイル
  ・1500303:イズナ:ナニワアームズ商藩国:仮入学(初):0

(※乃亜1型の「1」はローマ数字の「いち」です。 機種依存文字で投稿不可になる為、数字で記載してあります。)

乃亜Ⅰ型:以上です。

芝村:イベントは?

乃亜Ⅰ型:ええと、 同行者のイズナさんを お呼びしてもよろしいでしょうか?
  あと、 いくつか質問をしても良いでしょうか。

芝村:ま、その前に同行者どうぞ

芝村:ええ。質問OK

  イズナ が会話に参加しました。

乃亜Ⅰ型:はい、ありがとうございます。

イズナ:こんにちは~。よろしくおねがいします

乃亜Ⅰ型:とっても今更な質問なのですが、

小笠原に呼ばれたACEは世界移動で召喚されていている、との質疑を読ませて頂いたのですが、
こちらにお呼びしてもらったハリーさんは、小笠原に来ている夜明けの船のハリーさんなのでしょうか?
それとも、他の世界のハリーさんを世界移動させてしまったりしましたのでしょうか?

(前回の時に、目が細い、との表現があったので、容姿が違うのかな、とか思いまして。)

芝村:指定できるよ。

乃亜Ⅰ型:ええと、 世界移動させてしまうのは申し訳なさ過ぎるので、
  すでに小笠原に来ているハリー氏、でお願いいたします。

芝村:(ふふん)

芝村:OK-

乃亜Ⅰ型:あと、呼び出して頂いてるACEの、「常識」と云いますか、ものごとの判断基準は、日本語で語られている以上、主に日本風なのでしょうか? それともACEの出身地の設定などによりますでしょうか?

(わ、わわられてしまった・・・!)

芝村:ACEの出身地ベースです。

乃亜Ⅰ型:ありがとうございます、了解いたしました。

芝村:イベントは?

乃亜Ⅰ型:では イベントですが、
1時間目は イズナさん、乃亜Ⅰ型、と お呼びするACE ハリー氏、エノラ嬢で、 「下校」を、
2時間目は、乃亜Ⅰ型が ハリー氏のみをお呼びする、 と云うことはできますでしょうか?

できましたら、 お祭にお誘いしてみたいなぁ、と思っていたのですが、
1時間目で嫌われれたりしたら、 他を考えます・・・

乃亜Ⅰ型:(その前に、お祭り自体がまだあるのでしょうか・・・・汗)

芝村:出来ますよ。

芝村:では始めましょう。

乃亜Ⅰ型:ありがとうございます。 お願いいたします。    イズナさん、大丈夫ですか?

イズナ:よろしくお願いします~(緊張する~;;


/*/


芝村永劫の青空という表現がぴったりの。高い青空だ。


芝村両手を広げてエノラはくるくる廻っている。

乃亜Ⅰ型:微笑ましい光景です。

芝村貴方がたは廊下でエノラが回っているのを見た。


乃亜Ⅰ型:挨拶したいと思います。  「こんにちは、 エノラ嬢。」    (外・・?)


イズナ:とりあえず遠巻きに観察です

乃亜Ⅰ型:(う、あれ、  はじめまして、だったでしょうか・・!

芝村エノラは微笑んだ。

エノラ:「ハリー! ハリー・オコーネル!  丘はここよ?

乃亜Ⅰ型:「よろしければ下校を一緒に・・・・・・は、ハリー、さん?」 周りを見回します。

ハリー:「丘とは……さすがは才媛だな」

芝村ハリーはゆっくり歩いてきたよ。頭を下げた。


乃亜Ⅰ型:挨拶します。「お久しぶりだ。 大変、遅くなってしまって申し訳なかった」

乃亜Ⅰ型:頭を下げます。

ハリー:「お久しぶりです。エノラ・タフト」

芝村エノラは輝くように笑ってハリーに抱きついた。

乃亜Ⅰ型 借りっぱなしの、上着 を、返したく思いま・・・・ちょっと待ちます。

エノラ:「おひさしぶり、おじさま。お元気そうでなによりだわ」

芝村ハリーは微笑むとドランジのようにエノラの腰を持ってくるくる廻った。

乃亜Ⅰ型:ああエノラ嬢への挨拶だったのですね。   おお。

芝村ハリーは笑った。

ハリー:「船に早く戻ってくるといい。皆まっている」

エノラ:「どーしよっかなあー」

乃亜Ⅰ型:「紹介は、必要なさそうだな。 エノラ嬢は、わが藩国に客として逗留して頂いている」

乃亜Ⅰ型:「・・・お戻りになられるか、エノラ嬢?」  寂しそう

ハリー:「いつぞやの方だな。ずっと心配していた」

乃亜Ⅰ型:「はい、あの時は、 本当にありがとう。とても感謝している」

乃亜Ⅰ型:「上着を、返しに来るのが、とても遅れてしまった。申し訳ない。 ・・・壮健であられただろうか?」

ハリー:「ずっと守ってあげたかったが」

エノラ:「うわー。付き合ってるの? ハリー?」




乃亜Ⅰ型:「~~!」

ハリー:「エノラ嬢、さすがにそれはかわいそうだ」



乃亜Ⅰ型:「そのような、訳では、ああ、うう、・・・・私が相手では、ハリーさんに申し訳ない・・・です」

ハリー:「失礼した、乃亜嬢」

乃亜Ⅰ型:「失礼などではない。 私は、 そうであれば良いな、とは思うが。
  貴方に失礼ではないかと懸念している」

エノラ:「ですって?」

ハリー:「ありがとう。だが私は」


芝村エノラは笑い始めた。


乃亜Ⅰ型:「・・・申し訳ない、ちょっと、いやかなり、大変うろたえていて、 ああ、その・・・」

芝村エノラはハリーの背中をバンバン叩いた。

エノラ:「もー。ハリー。真面目に答えたら駄目よ」

エノラ:「からかわれているのよ」

エノラ:「ね?」>イズナ、乃亜



芝村エノラは笑っている。



イズナ 乃亜Ⅰ型の後方よりフェードイン 「まぁ乃亜よ、落ち着け落ち着け」


乃亜Ⅰ型:「至極 真面目なつもりなのだが、  ・・・あ、いや、その前に、上着をお返しする」
   こちらもにっこりします

乃亜Ⅰ型:「ブラッシングしてスチームを当てた後、陰干ししておいた。
  ・・・大事なものが無くなってはいないか、どうかご確認を願う。」  ハリーさんに渡します。

イズナ:「どうもこんにちは」>エノラ嬢、ハリー氏

ハリー:「かたじけない」

乃亜Ⅰ型:「これが落ち着いていられるか、イズナ」

芝村ハリーは瞼で挨拶した。

芝村エノラは真面目ときいて、 顔をしかめた

乃亜Ⅰ型:礼を返します。

芝村ハリーを見上げた。

芝村エノラは笑顔になった。

エノラ:「繰り返すのが逆なんだよ?」

乃亜Ⅰ型:ああ、  >笑顔に


エノラ:「違った、ギャグ。そう、ギャグ!」
乃亜Ⅰ型:「 ノリ突っ込みか?
イズナ:「 流行のテンドンってやつでしょう


ハリー:「そ、そうか」

乃亜Ⅰ型:「我が藩国の十八番だな」

ハリー:「失礼した。 自分は、アイリッシュゆえ、 そういうことは良く分らない」

ハリー:「許してくれるとありがたい」




乃亜Ⅰ型:「許す、許さないの話ではあるまいに& (笑)  潤滑油、というものだ」

芝村:エノラはイズナの袖を引っ張った。

イズナ:「ぅぉっ?」

ハリー:「機械であれば自分はさび付いているようだ。申し訳ない」

エノラ:「ちょっと」(小声で)

イズナ:「アイサー?」(小声)

乃亜Ⅰ型:「そのようなことはない。 私は、ハリーさんのお話は 興味深い」

エノラ:「あれ、本気なんでしょ?」

イズナ:「えぇガチですとも(苦笑」

エノラ:「そっかー」

エノラ:「なんか、逆効果って教えられないかな!」

イズナ:「逆効果というと?」

エノラ:「ハリー、 奥さんと、その、ね。 ラブラブじゃないし、その分微妙だから」

エノラ:「ど、どうにかできない?お願いっ」

イズナ:驚いた様子で「倦怠期か?」

乃亜Ⅰ型:「私は外のことを良く知らない、・・というか、知らないことがたくさんある。 知らないことを知るのは、大変に面白いと思う」
(あははは・汗) >ガチで逆効果

エノラ:「離婚……かな」

イズナ:「どうもこういうのに首突っ込むのは苦手でなぁ」

エノラ:「あと、落ち込んでるのに追い打ちかけ続けてる」

乃亜Ⅰ型:(り、りこんだったのですか)
   やっぱり・・・・orz

イズナ:「うむ。まぁ見てて気分のイイものではない」

エノラ:「勇気ある?」>イズナ

イズナ:「I=Dの中だと人一倍b」とびっきりの自信に満ちた顔

芝村エノラはにこーと笑った後、悲鳴をあげた。


エノラきゃー!!!

芝村3

芝村2

乃亜Ⅰ型:「!?」

イズナ:「Σ」

芝村1

芝村0

乃亜Ⅰ型:「どうした、エノラ嬢!!」 (駆け寄りたいと思います)

ハリー:「どうした」

イズナ:びっくりして一時停止

エノラ:「この人にお尻・・私」

芝村エノラはぽろぽろ泣いた。

乃亜Ⅰ型:「イズナっ!!!!」 殴りますが(笑)

芝村ハリーの顔が険しくなった。

芝村イズナは殴られた。ひどいやエノラ

乃亜Ⅰ型:(ごめんね、イズナさん・・・・・)

イズナ:「あぁなるほど、私が…ってイ~~~;;」

イズナ:ふきとぶグラサンが太陽にきらめく

乃亜Ⅰ型:「エノラ嬢に何をした!?」  (先に聞け乃亜Ⅰ型・・)

芝村ハリーはイズナを連れて警察にいった。

乃亜Ⅰ型:Σ

芝村イズナはエノラがごめんねーと小さく手を振っているのを見た。

イズナ:ぐったりしつつ「アイサー了解です」>エノラへ

芝村イズナはたっぷり怒られた。

乃亜Ⅰ型:2人を見比べてます・・   >手を振る

イズナ:←何も言うまいコッテリしぼられました

ハリー:「中々危険な国のようだ」

乃亜Ⅰ型:「いや、ああ、・・・・・・・・・ 大丈夫であろうか、エノラ嬢?」

乃亜Ⅰ型:「申し開きの出来ない状況ではあるが

エノラ:「うん。凄く怖かったけど」(ごめんねー。イズナくん)

ハリー:「エノラ・・・」


乃亜Ⅰ型:「イズナも、 普段はあのようなことをする者ではない。
  よくうっかりすることはあるので、  故意ではなかろう と・・・思うのだが

ハリー:「ナニワアームズなどという危険で破廉恥な国を棄てて、夜明の船に戻らないか」

エノラ:「そ、そうよ、きっと何かの間違いかも知れない」

ハリー:「乃亜嬢も」

乃亜Ⅰ型:「申し訳ない、許してくれとは言えないが、 言い訳だけでも聞いてやってはくれないだろうか。エノラ嬢」

エノラ:「う、うんそね」(うわーごめーん)



乃亜Ⅰ型 「え?」


/*/


芝村:はい。お疲れ様でした。

芝村:1時間目終了です

イズナ:お疲れ様で~す

乃亜Ⅰ型:危険で破廉恥・・・・・・・・・・・・(乃亜Ⅰ型が倒れました)

乃亜Ⅰ型:お疲れ様でした。  ありがとうございました。   ・・・・・・・・すみません・・・。

芝村:ははは

乃亜Ⅰ型:乃亜Ⅰ型は如何返答すれば・・・orz

乃亜Ⅰ型:(ああ、 そういえば、  前が大阪氏・・・・でしたしね ・・・・・・・)

芝村:ええ。大阪でした

芝村:評価はエノラ→イズナ が+3+1

乃亜Ⅰ型:ひどい国だと思われてそうです(泣)。

乃亜Ⅰ型:わー、すごい、イズナさん!

イズナ:前科持ちでしたね

イズナ:ありがたく頂戴します~

芝村:ハリー→乃亜+0+0

芝村:でした。

芝村:ま、エノラは詫びで高い値だなあ

乃亜Ⅰ型:はい、ありがとうございました。  エノラ嬢に感謝です。


■□■ 2時間目へ進む ■□■