※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<N.S.S>黒オーマさんとの親睦会 改め 織子さんのお見合い



守上藤丸:芝村さん、こんにちは。お見合いゲームに参りました。

芝村:はい

守上藤丸:ありがとうございます。他の参加者さんをお呼びします。


織子@ナニワ が会話に参加しました。
乃亜I型@ナニワ が会話に参加しました。


守上藤丸:お呼びしました。よろしくお願いいたします。

乃亜Ⅰ型:こんにちは、 よろしくお願いいたします。

織子:はじめまして、こんにちは。どうぞよろしくお願いします。

芝村:以上?

乃亜Ⅰ型:はい、 本日は以上の人数です。

守上藤丸:はい。都合でお一方、来れなくなってしまいまして・・・。

芝村:OK。

芝村:相手はどうしよう。黒が基本は相手になるはずですが、随分時間を経過しておりまして

守上藤丸:はい。

芝村:別段好きに選んでもええよ?

乃亜Ⅰ型:(織子さん、 石塚委員長を希望されてみては? 如何でしょうか。)

守上藤丸:石塚さんだ!!織子さん!!

芝村:石塚ー?

守上藤丸:(もしくはハリーさん。

織子:ええ~!?こ、心の準備が!

芝村:また石塚とはめずらしい

乃亜Ⅰ型:い、いけませんでしょうか? >石塚委員長

芝村:いいよー。

織子:ハリーさんでも!

芝村:まきやらGENZのおかげで復活したし

乃亜Ⅰ型:(わ、 私は自力で会いに行きます! 大丈夫です! ・・・・たぶん・・・)

守上藤丸:織子さんは、大丈夫?(いきなりですが。)

織子:ええとええと、多分大丈夫です?

守上藤丸:では、石塚さんでお願いいたします!

芝村:はあい。

織子:手がふるえます~!

守上藤丸:わーい。

乃亜Ⅰ型:お願いいたします。  がんばって、織子さん!

芝村:じゃ、アピール文などまえもってあればうけつけます。

芝村:なければ2分後に開始

織子:はわわ~。お、お願いします!

乃亜Ⅰ型:いま、お出しします。 >ページ


芝村:はい

守上藤丸:黒オーマさんを想定してたの広く浅くであんまりアピールになってませんが・・・

芝村:2分待ってね

守上藤丸:よろしくお願いします

乃亜Ⅰ型:(お酒はいりませんでしたね)

守上藤丸:(ね。)

織子:何という…あうう…。ぐるぐるです。

守上藤丸:お茶を飲んで深呼吸!

乃亜Ⅰ型:大丈夫、大丈夫!  こちらもフォローとか頑張ります。

芝村:まあ、時間的には30分くらいなんで大丈夫ですよ

織子:よろしくお願いします。


芝村:/*/


芝村:かぽん

芝村:ししおどしの音がします

芝村:石塚は糸目でみなさんを見てるよ。制服姿だ

守上藤丸:「はじめまして。守上藤丸と申します。今日はご足労いただきまして、ありがとうございました。」

乃亜Ⅰ型:織子さんの後ろの方で お辞儀します。 「こんにちは、初めまして。 乃亜Ⅰ型と云う。」

織子:「初めまして、織子と申します。よろしくお願いします。」

石塚:「えー。石塚分遣隊隊長の石塚です」

守上藤丸:(織子さんの後ろで正座してます)

織子:(もっとおしゃれしてくれば良かった~)

守上藤丸:(そのまま後ろへじりじり移動。)

石塚:「えーと」

芝村:石塚は糸目のまま、照れた

守上藤丸:「(織子さんへこっそり)大丈夫!そのワンピース似合ってるから!がんばって!!」

乃亜Ⅰ型:「(大丈夫だ、 充分に可愛い! 自信を持って喋るのだ!)」(織子さんの背中を 軽く叩きます)

織子:(はうう、照れ顔に胸キュンです)

石塚:「すみません。実はお見合いというのがはじめてでして」

織子:「あの、これ、お土産です。よろしければどうぞ。」

織子:「ええと、私も初めてなので大丈夫です!」

織子:「というか、石塚さん以外とお見合いする気なんてなかったですから!」

芝村:石塚は照れ笑いした。

石塚:「そ、それはその、どうも」

石塚:「ええと、その、どこかでお会いしましたっけ」

織子:(顔とかいろいろ真っ赤です)

守上藤丸:「(出て行こうー乃亜さん)」

織子:「会った、というか、私が勝手に見かけただけですが。」

乃亜Ⅰ型:「(了解だ)」

石塚:「小笠原ですか?」

織子:「ええと、はい。」

石塚:(まさか船の上じゃないよな。じゃあ、なんだろう・・・)

織子:「小笠原に行ったことがあるんです。少しだけ。」

石塚:「……」

芝村:石塚は少しだけ目をあけて貴方を見た。

芝村:警戒し始めている。

石塚:「なるほど、そうでしたか」

織子:「その少しの間に好きになってしまったと言ったら、笑いますか?」

守上藤丸:(物資運搬船から、チラッと見たとか。ありでしょうか!あと、大統領へのお知らせ持って来た時とか???)

石塚:「ああ。いえ、笑いませんが」

芝村:いいよ>守上

織子:(摂政様、ありがとうございます~!)

守上藤丸:(じゃあ、織子さん、そういうことで!)

守上藤丸:(疑いを解かないとー)

織子:「物資運搬船から、少し見えただけなんですけど、」

石塚:「なるほど……」

織子:「それからいろいろ、貴方のことを知りたいと思いました。」

石塚:「いや、実は僕が赴任してきたのは、渡航制限がかかってからだったんで」

石塚:「それで少し、不思議に思っていたんですよ。ははは」

石塚:「疑り深くてすみません」

織子:「誤解を与えてしまってごめんなさい。」

芝村:石塚は深々と頭をさげた

織子:こちらも頭を下げます。

芝村:石塚は顔をあげて頭をかいた。なんといおうか、まったく考えがないようだ

織子:「貴方のことを、もっと知りたいです。」

織子:「趣味とか、好きな食べ物とか、いろいろ。」

織子:「一生かけないとわからないくらい、全部。」

石塚:「えー。いや。シュミといってもその、将棋とかビリヤードとか」

石塚:「食べ物はその、和風が好きですが」

石塚:「ええーと、何話してるんでしょうね僕」

織子:「嬉しいです。こうやって、お話しできるの。」

織子:「将棋とかビリヤードとか、ぜひ教えてください。」

石塚:「ああ。そういうことなら」

芝村:石塚は笑った。

石塚:「いくらでも」

織子:「はい、お願いします!」

芝村:石塚は盛大に自己嫌悪に陥ってる

織子:(ええ)


芝村:/*/


織子:(何故自己嫌悪に!?)

芝村:そんな感じでお見合いが終わりました。

芝村:はい。おめでとう

守上藤丸:ありがとうございましたー。

織子:ありがとうございました~。

乃亜Ⅰ型:あううう、 ありがとうございました。

守上藤丸:織子さん、おめでとうー。最後ちょっと気になるけどー。

織子:でも、自己嫌悪…。うう…。

乃亜Ⅰ型:(何も出来ませんで、ごめんなさい)

織子:(いえ、こちらこそ、私ばかり話してしまって)

織子:もうぐるぐるです。ああ~…。

乃亜Ⅰ型:石塚氏、 自分に会いたいのではなくて、 将棋を教えてもらいたいのかぁ、と 勘違いしたとか・・?

守上藤丸:か、最初ちょっと疑ったのを、か。どっちかかと思いましたが・・・。

芝村:いえいえ。

芝村:乃亜Ⅰ型、守上藤丸はずれ。

守上藤丸:Σ う!  (織子さんを見る

芝村:ま、こう言う日もあるさね

乃亜Ⅰ型:(それとも、 嘘ついてる自分が嫌いなのでしょうかね・・。) よく判りません。

織子:はうう。

芝村:ははは。はい。皆さんには10マイルどうぞ。

守上藤丸:うーん? 了解です。 ありがとうございます!

織子:ありがとうございます~。

乃亜Ⅰ型:うわああ、ありがとうございます!

守上藤丸:そういえば、お見合いは評価変わりましたでしょうか?

織子:何かもう、石塚さんといると心臓が持ちません~。ドキドキです。

芝村:見合いでは評価変化ないんですよ

乃亜Ⅰ型:お知り合いにはなれましたし、 次も頑張って下さい、織子さん。

守上藤丸:あ、了解です。ありがとうございます。 <お見合いは変化なし

織子:頑張ります~

芝村:ははは

守上藤丸:がんばって一緒にマイル溜めましょうー

乃亜Ⅰ型:あの、 質問なのですが、 みんなで10マイルでしょうか?

芝村:それぞれ10マイル

乃亜Ⅰ型:ありがとうございます! とっても嬉しいです。

守上藤丸:すみません。図々しいですが、織子さんに石塚さんとただであう権利とかは・・・いただけませんでしょうか?前に何かそういうのあった様な気がするので。

芝村:プレイの内容次第なんですよ(笑)

芝村:とは言うものの、織子さんははじめましてですしね

守上藤丸:あうー。   はい!はじめてです!!

芝村:デートチケットを一枚差し上げます

乃亜Ⅰ型:う、 そうなのですか・・。 (織子さん、 わかばさんですので、 あまりマイルがありませんのです)

守上藤丸:ありがとうございます!!

乃亜Ⅰ型:ありがとうございます!

織子:わああ、守上さん、芝村さん、ありがとうございます!

守上藤丸:織子さんがんばってー!

芝村:はい。ではかいさんしましょう

芝村:おつかれさまでしたー

守上藤丸:はい、ありがとうございました!

乃亜Ⅰ型:はい、大変ありがとうございました!

織子:ありがとうございました!
最終更新:2008年01月19日 12:17