※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このたび共和国では、改めて全藩国がお互いに協力し合い、国民の皆さんの生活の安定と各国の復興に向けて連携し、一丸となって取り組む事を決定いたしました。



亡くなられた方の埋葬について

はじめに、亡くなられた方へ深く哀悼の意を捧げ、心よりのご冥福を祈らせて頂きます。
そして長い間皆様にはご苦労をおかけし、申し訳ありません。政府一同、心よりお詫び申し上げます。

ナニワでは今回、藩国の人手不足を補う為、聯合国のリワマヒ国やFEG、海法よけ藩国をはじめ、大統領府や共和国の友邦、各組織からご協力を得、先の事件で亡くなられた方の埋葬を進めて行きます。
藩国部隊は、一時的に聯合国である海法よけ藩国に赴き、治安維持に努めますが、そちらが落ちつき次第埋葬は続けて参ります。

事件の収束から時間が経っており、皆様のご苦労も並大抵ではないかとは思いますが、どうかご協力をお願い致します。

また、亡くなれた方々を弔う為に、リマワヒ国より砂漠の騎士であり聖職者でもある
サウド・モハメッド・アル・サウード氏にお越し頂ける事となりました。
繰り返しとなりますが、政府一同亡くなられた方にご冥福が訪れることを心よりお祈り申し上げます。

リマワヒ国ならびにサウド氏に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


蛇神様をお祀りするお社を建立いたします

先の事件の折、ナニワに来て下さり、闇を祓い退けその代わりに健康を置いて去って行かれた蛇神様へ、改めて感謝を込めて地上部分にお社を建てたいと思います。
また、地下での健康を祈願して地下3階には分社を建立致します。

お社へのお参りは特に規制などせず、歓迎いたしますので、どうぞお気軽にご参拝下さい。
神聖な場所ですので、大声を出して騒いだり、傷付けたりする事の無いようお願い致します。
なお参拝の際には混雑も予想されます。他人への配慮と節度ある行動をお願い致します。

#国庫から資金45億、生物資源15万tを使用し、蛇神様をお祀りするお社を建立致します。


生活支援について

高齢、負傷などで収入が少ない、また働き手を失ってしまったご家庭や、働きたくても働けない、
安定収入が得られず生活を続けていけない等さまざまな事情があると思われます。
これらの皆さまへは生活援助を行い、居住を失ってしまった方には移動式仮設住居や、ある程度の生活用品の貸与なども行います。
また、国内が落ち着きを取り戻すまで、一時的ではありますが税率を30%引き下げます。

また、食糧に関しては藩国での炊き出しのほか、NGO団体FROGさまよりのご支援も頂いております。
都度お知らせを行いますので、どうぞお気軽にお越し下さい。

#購入済みの「炊き出しセット( http://www35.atwiki.jp/marsdaybreaker/pages/1866.html )」を使用し、炊き出しを行います。
#炊き出しセットの効果1より食料1万tを使用致します。


国内の治安維持活動について

今回、藩国部隊は海法よけ藩国へ治安維持に赴きます。
その間、ナニワには聯合国のFEGより治安部隊を派遣していただけます。
不安な気持ちもあるとは思いますが、復興へ向けて皆様で力をあわせていただければと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 #ナニワアームズ商藩国の編成部隊は海法よけ藩国へ治安維持に赴きます。
 #ナニワアームズ商藩国へはFEGより治安維持部隊の派遣を受けます。


地上部分のインフラ整備について

大統領府より援助いただき、A&S社の協力・技術協力を得て、地上部分の復興も着手していきたいと思います。
復興作業及び整備については、A&S社より連携・指導いただき、国内の民間業者へ委託としたいと思います。
復興整備の委託を希望する業者は、名乗りを上げていただくようお願いいたします。


最後に

お力添えを下さった皆さま、ご助力下さった皆さま、そして日々頑張って下さっている皆さま、
かかわって頂いたたくさんの方々に、政府一同、心よりの感謝を申し上げます。
ありがとうございます。