※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

承前*

厳しかった日差しも心持ち和らぎ、深い深い青空の下に広がる黒いアスファルトと白線が描かれた飛行場。
その広い敷地の中でポツンと白い衣装を纏った少女が1人佇んでいた。
飛行場に緩やかな一陣の秋風が通り抜け、少女の頭に被せられた白いカフィーヤを軽く撫で、
白いワンピースをふわりとなびかせるが少女はそれにも気付かずに一心に青空の一点を見つめ続けていた。
雲1つない大空には彼女の父親が多国籍要撃機”ユーフォー”に乗って、長い飛行機雲を曳きながら舞い続けていた。
見失うまいと深い青空を見上げる少女の口は知らず知らずのうちに僅かに開き、
少女の視線の動きに合わせて、その小さな頭が起き上がりこぼしのようにゆらゆらと揺れる。
少女のそんな様子を目にした地上スタッフ達は忙しなく行っていた作業の手を暫し休めて、思わず微笑みを浮かべた。

周りの様子に気付かない少女は一心に空を翔けるユーフォーを見つめ続ける。

/*/

少女の視線を一身に浴びるユーフォーの機上の人であり、訓練中の偵察パイロットである男の名はイブラヒム。
良く日焼けした褐色の肌は引き締まっており、その鋭いまなざしはしっかりと針路を見据えていた。
イエロージャンバーの胸元には銀糸で刺繍された曲刀のエンブレムが輝き、その淀みない操縦の手腕は日頃の弛まぬ鍛錬を伺わせるに十分な自然さである。
まるで静かに息を吸うように滑らかに機体を引き起こし、コクピットの外の景色が回り始めた。

大地が頭上に広がり、強烈なGが身体を座席に押し付ける中、イブラヒムは歯を食い縛りながらも操縦桿を巧みに操る。
インメルマンターンに宙返り、エルロンロール。
そのままパイロット向けの教材に使えそうな程に見事な軌跡を描き、ユーフォーは深い深い秋の大空を舞う。
白い少女はその様をキラキラと瞳を輝かせ、時折吹く風でカフィーヤや髪が乱れる事を気にも留めずに見つめていた。

/*/

フライトを終えた要撃機が空から舞い戻る。
少女を驚かさないように滑らかな挙動で着陸するユーフォー。
そのコクピットから颯爽と地面に降り立った父親を目にすると少女はたちまち全力で駆けだした。
カフィーヤが捲りあげるのにも気に留めず、おとーさーんと真っ直ぐに父の元に駆け寄った少女は勢いもそのままにイエロージャンパーの胸元目掛けて飛び込んだ。
まるで弾丸の様に身を投げ出した我が子に驚きながらも、鋭かった眼差しを和らげイブラヒムは優しくしっかりと少女を抱きとめた。
「おお可愛い我が娘よ。そんなに歓迎してくれるのは嬉しいが、レディはもう少し身嗜みに気を付けないといけないよ」
そう芝居がかった口調でやんわりと少女を嗜めつつも、少女の父親は捲れ上がったカフィーヤを丁寧に整えてやった。
「はーい、いごきをつけまーす。でも今日はこれでおとーさんのお仕事、終わりなんだよね?一緒に晩御飯食べれるんだよね?」
父親に抱きつきながら、久し振りの家族団らんを思い、少女が嬉しさを隠せない口調でそう尋ねた。
「ああ、今日は順調に仕事が終わったから約束通り、晩御飯はみんなで一緒に頂きますだ」
わーいと喜ぶ少女に思わず目尻を下げて、その頭を撫でてやる父であった。

/*/

偵察パイロット部隊設立の経緯*

”偵察”、それはナニワアームズ商藩国においては取り分けこだわりと縁の深い行為である。
その端緒は藩王や藩国民が偵察に拘りを感じており、そして幾つかの幸運に見舞われて(縁によって)実績を立てた事であった。
この偵察との縁が始まりとなって、偵察専用I=Dであるバーミーズが開発され、FOが新設され、さらにはジャバニーズやラグドールと言ったナニワアームズを特徴付ける数々のアイドレスが生まれる事となる。
始まりはちょっとした拘りと幸運であった偵察との縁はやがてナニワアームズにしっかりと根付いていったのであった。

そして偵察パイロットの設立のキッカケも強行偵察I=Dであるジャバニーズが開発されたというただそれだけのシンプルさである。
隠蔽性を完全に度外視し、見つかったら速度で振り切れば良いという思い切ったコンセプトであるジャバニーズは従来の隠れながら偵察を行うという運用思想とは一線を画していた。
その極端な性能はやがて次期共和国主力機であるラグドールの開発へと繋がるのだが、同時にそれはジャバニーズの高い機動力を偵察に十全には活かしかねているという事の裏返しでもあったのである。
バーミーズと同じく交戦距離に極端な制限のあるジャバニーズはバーミーズとは異なり、実戦では配備される事が無かった試作機であった。
これはバーミーズが着弾観測などにも活かせた一方で従来のナニワアームズの名パイロット達がジャバニーズの高機動力を偵察に活かしきれなかった事に原因の一端がある。
そんなある日、運用思想が大きく異なるんなら、パイロットもそれに合わせた部隊を新設しても良いじゃない?という何気ない一言が事の起こりであった。

もっとも、このちょっとした思い付きが実を結ぶには実に長い長い歳月を要する事になるのだが。

従来の運用思想に必要以上に縛られる事のない柔軟な運用を学ぶ為に新人パイロットと偵察兵から転科志望者を中核とした部隊として新設された。
パイロット職としては新米が部隊の中核を担う為に教育には多くの歳月が掛る事となった。



















最終更新:2012年02月05日 13:48
添付ファイル