※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 生態 RD:19 評価値:7
    • 大部品: 歴史 RD:3 評価値:2
      • 部品: 怪獣との出会い
      • 部品: 境界のファームと闘技場
      • 部品: ファームの外へ
    • 大部品: 分類 RD:3 評価値:2
      • 部品: 角竜類系
      • 部品: 鳥脚類系
      • 部品: 残存種系
    • 部品: 国獣:ナニワアームズ
    • 大部品: 生態 RD:7 評価値:4
      • 部品: 性格
      • 部品: 社会性
      • 部品: 人との共存 
      • 部品: 日々の暮らし方
      • 部品: 食事
      • 部品: 活動範囲
      • 部品: 恒温性
    • 大部品: 怪獣の卵の殻 RD:3 評価値:2
      • 部品: 年越し祭り
      • 部品: 言い伝え 
      • 部品: 入手方法
    • 大部品: おしゃれ RD:2 評価値:1
      • 部品: 専用の法被
      • 部品: 飾り



部品定義


部品: 怪獣との出会い

ことの始まりは今からずっとずっと昔。定住の地を探して旅をしていたナニワアームズのご先祖様達がナニワの地を発見したときには、既に地上を含むその近辺に在来種として暮らしていた。
当時は怪獣と会話ができるという事は露とも知らず、出来るだけお互いに干渉しないよう距離を置いた状態からのスタートだったといわれる

部品: 境界のファームと闘技場

当時はまだファームを境にして怪獣の居住域と人間の居住域は完全に分かれていたが、
ナニワが資金難の折、歩兵の訓練用として用いられていたファームに隣接した演習場を改装し、闘技場として怪獣同士の武闘を演じてもらったのが始まり。
始めはめんどくさがっていた怪獣さんたちも、その迫力に目を奪われ大興奮している観光客を目にして、あんなに喜んでるんだったらまぁ良いかなと協力してくれた。


部品: ファームの外へ

国内で起きた大規模内乱の後、様子を気にした蘭堂が蛇神様の仲介のもと、生き残っていた怪獣さん達とのコンタクトに成功した。そのとき怪獣側からの打診を受け、一部の人への歩み寄りを希望する怪獣がファームの外へでる事となった。ナニワアームズはこのときから改めて人と怪獣の共存共栄の道を歩み始めるのだった。

部品: 角竜類系

気は優しくて力持ち。その動きはゆったりと力強く、4足歩行で移動を行います。また角を持つものもいれば持たないものもいる。
最も多く見られるタイプであり、代表例としては毛長怪獣ウルール、家畜怪獣タオシムが良く知られている。

部品: 鳥脚類系

2足歩行で角竜類系に比べるとサイズも小さく力は落ちるが足が速い。
その軽快な健脚を活かして馬の代わりに直接人を乗せて配達や伝達、馬車を引く等のお仕事に従事しているものが多い。
代表例としては騎乗怪獣スタコラターやバーミーズのモデルになったスプリンター等が有名。 
ナニワアームズで普通に生活している時に目にする怪獣達は、この鳥脚類系と角竜類系が殆どでナニワにおける怪獣の代名詞と言えるタイプである。

部品: 残存種系

その名の通り、今となっては生物学的に珍しい古い時代の生物の特徴を数多く残しており、生きた化石とも呼ばれている。
全般的に長寿である反面、繁殖力に乏しく3タイプ中個体数が最も少ない。また飼育には不向きである為、ナニワアームズ国内で見かけるこれらのタイプは全て野生種である。
騒音を好まない為、主に人里離れた場所や水辺に生息している。
また個体数の少なさから国の絶滅危惧種に認定されており、残存種系タイプの生活圏内での開拓・開発事業は国令によって全面的に禁止されている。
代表例としては国獣ナニワアームズや両棲怪獣フィッシュヘッドヒドラ等が有名である。

部品: 国獣:ナニワアームズ

分類上は残存種系に属する、目撃例の非常に少ない怪獣でその姿を見た者はその年に何か1つ良い事があると言い伝えられている。(確率的には宝くじで一等を当てるよりも難しいとする説もある)
その為、縁起物として扱われており、国獣と位置づけられた。
めでたい事があったときや縁起を担ぐときに国獣の姿をモチーフにした意匠が使われる事が多い。


部品: 性格

「気は優しく力持ち」という言葉がぴったりであり、非常に力持ちで頑丈な体格をしているが、暴力を好まず怪獣自身が暴力を振るう事は滅多にない。
唯一の例外は自衛の場合で、丁度、象やサイ、水牛等がライオンに襲われた仲間を救う為に体当たりでライオンを撃退するように怪力と大きな身体を活かして外敵を追っ払う様は勇壮である。

部品: 社会性

怪獣達は関西弁をしゃべる。
気さくな性格である彼らは国民の話し相手になったりもしているようで、国民からは”怪獣さん”と親しまれている。
なかには漫才師を目指している怪獣もいるという噂があるが、真相は不明である。

部品: 人との共存

基本的にはご飯の見返りとして資材の運搬やがれきの撤去、人員の輸送等の力仕事を手伝う事が多い。
まれに怪獣視点からの自然界で活きる生物としての意見を述べる事もある。
護民官として働いた事のある怪獣もいたとかいないとか。

部品: 日々の暮らし方

基本、同じ草食である牛や羊と同様に食べて寝る事が大好きな為、用事が無い時は陽だまりで昼寝をしている姿が良く見る事ができる。

部品: 食事

食べようと思えば植物ならサボテンだろうと毬栗だろうと食べる事が出来るらしいが、牧草や飼い葉、林檎等が大好物である。

部品: 活動範囲

住み慣れた場所をテリトリーとして定住する習性があり、普段の活動範囲は日帰りで行ける範囲に限られている。

部品: 恒温性

爬虫類の仲間として、変温動物だと考えられがちだが体が大きいので結果的に体温を体内に保つことが出来る「慣性恒温性」に分類される。
そのため、寒い場所でも活動は可能だが動きが鈍くなるとしてあまり寒い場所は好まない。

部品: 年越し祭り

毎年、怪獣の卵の殻を使った年越し祭りが行われている。
その年の年男・年女達が割れた卵の殻を神輿代わりに頭の上に掲げ、ファームから本殿までの道のりを半日かけて運ぶ。
年男・年女達が殻を運ぶための道は関係者以外は入れず、約3m程の距離をあけた沿道から見物する事になる。
このとき、運ばれていく殻の中にコインやお守り、収穫物などが大量に投げ入れられる。

部品: 言い伝え

投げたものがうまく殻に入れば願いが叶うといわれていて、殻の破片が大きいほどその年の祭りは盛り上がる。
健康祈願や縁結び、五穀豊穣など、求めるご利益によって投げ入れるものが変わる。

部品: 入手方法

祭りの半年ほど前からファームから出ている怪獣さんに協力してもらい、大型の野生の怪獣さんの孵化後の殻を探している。

部品: 専用の法被

ファームから出て人と同じ場所で暮らすようになった怪獣さんたちが人と協力してお仕事を始めた際、ぱっと見、怪獣さんの個体差が分からなかった人間が、仕事の際の識別用に着て貰ったのが始まりといわれています。
今では縦縞模様から花柄までさまざまな種類があり、各々好みに合わせて着ているようです。

部品: 飾り

国内で繊維産業が発達するにつれ、国民のおしゃれへの関心が高まった。
それに伴い、「怪獣さんへの日ごろのお礼に」という形で自然と角や背びれなどを飾るリボンを送る習慣が出来ている。



提出書式


 大部品: 生態 RD:19 評価値:7
 -大部品: 歴史 RD:3 評価値:2
 --部品: 怪獣との出会い
 --部品: 境界のファームと闘技場
 --部品: ファームの外へ
 -大部品: 分類 RD:3 評価値:2
 --部品: 角竜類系
 --部品: 鳥脚類系
 --部品: 残存種系
 -部品: 国獣:ナニワアームズ
 -大部品: 生態 RD:7 評価値:4
 --部品: 性格
 --部品: 社会性
 --部品: 人との共存 
 --部品: 日々の暮らし方
 --部品: 食事
 --部品: 活動範囲
 --部品: 恒温性
 -大部品: 怪獣の卵の殻 RD:3 評価値:2
 --部品: 年越し祭り
 --部品: 言い伝え 
 --部品: 入手方法
 -大部品: おしゃれ RD:2 評価値:1
 --部品: 専用の法被
 --部品: 飾り
 
 
 部品: 怪獣との出会い
 ことの始まりは今からずっとずっと昔。定住の地を探して旅をしていたナニワアームズのご先祖様達がナニワの地を発見したときには、既に地上を含むその近辺に在来種として暮らしていた。 
 当時は怪獣と会話ができるという事は露とも知らず、出来るだけお互いに干渉しないよう距離を置いた状態からのスタートだったといわれる
 
 部品: 境界のファームと闘技場
 当時はまだファームを境にして怪獣の居住域と人間の居住域は完全に分かれていたが、
 ナニワが資金難の折、歩兵の訓練用として用いられていたファームに隣接した演習場を改装し、闘技場として怪獣同士の武闘を演じてもらったのが始まり。
 始めはめんどくさがっていた怪獣さんたちも、その迫力に目を奪われ大興奮している観光客を目にして、あんなに喜んでるんだったらまぁ良いかなと協力してくれた。
 
 
 部品: ファームの外へ
 国内で起きた大規模内乱の後、様子を気にした蘭堂が蛇神様の仲介のもと、生き残っていた怪獣さん達とのコンタクトに成功した。そのとき怪獣側からの打診を受け、一部の人への歩み寄りを希望する怪獣がファームの外へでる事となった。ナニワアームズはこのときから改めて人と怪獣の共存共栄の道を歩み始めるのだった。
 
 部品: 角竜類系
 気は優しくて力持ち。その動きはゆったりと力強く、4足歩行で移動を行います。また角を持つものもいれば持たないものもいる。
 最も多く見られるタイプであり、代表例としては毛長怪獣ウルール、家畜怪獣タオシムが良く知られている。
 
 部品: 鳥脚類系
 2足歩行で角竜類系に比べるとサイズも小さく力は落ちるが足が速い。
 その軽快な健脚を活かして馬の代わりに直接人を乗せて配達や伝達、馬車を引く等のお仕事に従事しているものが多い。
 代表例としては騎乗怪獣スタコラターやバーミーズのモデルになったスプリンター等が有名。  
 ナニワアームズで普通に生活している時に目にする怪獣達は、この鳥脚類系と角竜類系が殆どでナニワにおける怪獣の代名詞と言えるタイプである。
 
 部品: 残存種系
 その名の通り、今となっては生物学的に珍しい古い時代の生物の特徴を数多く残しており、生きた化石とも呼ばれている。
 全般的に長寿である反面、繁殖力に乏しく3タイプ中個体数が最も少ない。また飼育には不向きである為、ナニワアームズ国内で見かけるこれらのタイプは全て野生種である。
 騒音を好まない為、主に人里離れた場所や水辺に生息している。
 また個体数の少なさから国の絶滅危惧種に認定されており、残存種系タイプの生活圏内での開拓・開発事業は国令によって全面的に禁止されている。
 代表例としては国獣ナニワアームズや両棲怪獣フィッシュヘッドヒドラ等が有名である。
 
 部品: 国獣:ナニワアームズ
 分類上は残存種系に属する、目撃例の非常に少ない怪獣でその姿を見た者はその年に何か1つ良い事があると言い伝えられている。(確率的には宝くじで一等を当てるよりも難しいとする説もある)
 その為、縁起物として扱われており、国獣と位置づけられた。
 めでたい事があったときや縁起を担ぐときに国獣の姿をモチーフにした意匠が使われる事が多い。
 
 
 部品: 性格
 「気は優しく力持ち」という言葉がぴったりであり、非常に力持ちで頑丈な体格をしているが、暴力を好まず怪獣自身が暴力を振るう事は滅多にない。 
 唯一の例外は自衛の場合で、丁度、象やサイ、水牛等がライオンに襲われた仲間を救う為に体当たりでライオンを撃退するように怪力と大きな身体を活かして外敵を追っ払う様は勇壮である。
 
 部品: 社会性
 怪獣達は関西弁をしゃべる。
 気さくな性格である彼らは国民の話し相手になったりもしているようで、国民からは”怪獣さん”と親しまれている。
 なかには漫才師を目指している怪獣もいるという噂があるが、真相は不明である。
 
 部品: 人との共存 
 基本的にはご飯の見返りとして資材の運搬やがれきの撤去、人員の輸送等の力仕事を手伝う事が多い。
 まれに怪獣視点からの自然界で活きる生物としての意見を述べる事もある。
 護民官として働いた事のある怪獣もいたとかいないとか。
 
 部品: 日々の暮らし方
 基本、同じ草食である牛や羊と同様に食べて寝る事が大好きな為、用事が無い時は陽だまりで昼寝をしている姿が良く見る事ができる。
 
 部品: 食事
 食べようと思えば植物ならサボテンだろうと毬栗だろうと食べる事が出来るらしいが、牧草や飼い葉、林檎等が大好物である。
 
 部品: 活動範囲
 住み慣れた場所をテリトリーとして定住する習性があり、普段の活動範囲は日帰りで行ける範囲に限られている。
 
 部品: 恒温性
 爬虫類の仲間として、変温動物だと考えられがちだが体が大きいので結果的に体温を体内に保つことが出来る「慣性恒温性」に分類される。
 そのため、寒い場所でも活動は可能だが動きが鈍くなるとしてあまり寒い場所は好まない。
 
 部品: 年越し祭り
 毎年、怪獣の卵の殻を使った年越し祭りが行われている。 
 その年の年男・年女達が割れた卵の殻を神輿代わりに頭の上に掲げ、ファームから本殿までの道のりを半日かけて運ぶ。
 年男・年女達が殻を運ぶための道は関係者以外は入れず、約3m程の距離をあけた沿道から見物する事になる。 
 このとき、運ばれていく殻の中にコインやお守り、収穫物などが大量に投げ入れられる。
 
 部品: 言い伝え 
 投げたものがうまく殻に入れば願いが叶うといわれていて、殻の破片が大きいほどその年の祭りは盛り上がる。
 健康祈願や縁結び、五穀豊穣など、求めるご利益によって投げ入れるものが変わる。
 
 部品: 入手方法
 祭りの半年ほど前からファームから出ている怪獣さんに協力してもらい、大型の野生の怪獣さんの孵化後の殻を探している。
 
 部品: 専用の法被
 ファームから出て人と同じ場所で暮らすようになった怪獣さんたちが人と協力してお仕事を始めた際、ぱっと見、怪獣さんの個体差が分からなかった人間が、仕事の際の識別用に着て貰ったのが始まりといわれています。
 今では縦縞模様から花柄までさまざまな種類があり、各々好みに合わせて着ているようです。
 
 部品: 飾り
 国内で繊維産業が発達するにつれ、国民のおしゃれへの関心が高まった。
 それに伴い、「怪獣さんへの日ごろのお礼に」という形で自然と角や背びれなどを飾るリボンを送る習慣が出来ている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "生態",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "歴史",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "怪獣との出会い",
             "description": "ことの始まりは今からずっとずっと昔。定住の地を探して旅をしていたナニワアームズのご先祖様達がナニワの地を発見したときには、既に地上を含むその近辺に在来種として暮らしていた。 \n当時は怪獣と会話ができるという事は露とも知らず、出来るだけお互いに干渉しないよう距離を置いた状態からのスタートだったといわれる",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "境界のファームと闘技場",
             "description": "当時はまだファームを境にして怪獣の居住域と人間の居住域は完全に分かれていたが、\nナニワが資金難の折、歩兵の訓練用として用いられていたファームに隣接した演習場を改装し、闘技場として怪獣同士の武闘を演じてもらったのが始まり。\n始めはめんどくさがっていた怪獣さんたちも、その迫力に目を奪われ大興奮している観光客を目にして、あんなに喜んでるんだったらまぁ良いかなと協力してくれた。\n",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ファームの外へ",
             "description": "国内で起きた大規模内乱の後、様子を気にした蘭堂が蛇神様の仲介のもと、生き残っていた怪獣さん達とのコンタクトに成功した。そのとき怪獣側からの打診を受け、一部の人への歩み寄りを希望する怪獣がファームの外へでる事となった。ナニワアームズはこのときから改めて人と怪獣の共存共栄の道を歩み始めるのだった。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "分類",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "角竜類系",
             "description": "気は優しくて力持ち。その動きはゆったりと力強く、4足歩行で移動を行います。また角を持つものもいれば持たないものもいる。\n最も多く見られるタイプであり、代表例としては毛長怪獣ウルール、家畜怪獣タオシムが良く知られている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "鳥脚類系",
             "description": "2足歩行で角竜類系に比べるとサイズも小さく力は落ちるが足が速い。\nその軽快な健脚を活かして馬の代わりに直接人を乗せて配達や伝達、馬車を引く等のお仕事に従事しているものが多い。\n代表例としては騎乗怪獣スタコラターやバーミーズのモデルになったスプリンター等が有名。  \nナニワアームズで普通に生活している時に目にする怪獣達は、この鳥脚類系と角竜類系が殆どでナニワにおける怪獣の代名詞と言えるタイプである。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "残存種系",
             "description": "その名の通り、今となっては生物学的に珍しい古い時代の生物の特徴を数多く残しており、生きた化石とも呼ばれている。\n全般的に長寿である反面、繁殖力に乏しく3タイプ中個体数が最も少ない。また飼育には不向きである為、ナニワアームズ国内で見かけるこれらのタイプは全て野生種である。\n騒音を好まない為、主に人里離れた場所や水辺に生息している。\nまた個体数の少なさから国の絶滅危惧種に認定されており、残存種系タイプの生活圏内での開拓・開発事業は国令によって全面的に禁止されている。\n代表例としては国獣ナニワアームズや両棲怪獣フィッシュヘッドヒドラ等が有名である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "国獣:ナニワアームズ",
         "description": "分類上は残存種系に属する、目撃例の非常に少ない怪獣でその姿を見た者はその年に何か1つ良い事があると言い伝えられている。(確率的には宝くじで一等を当てるよりも難しいとする説もある)\nその為、縁起物として扱われており、国獣と位置づけられた。\nめでたい事があったときや縁起を担ぐときに国獣の姿をモチーフにした意匠が使われる事が多い。\n",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "生態",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "性格",
             "description": "「気は優しく力持ち」という言葉がぴったりであり、非常に力持ちで頑丈な体格をしているが、暴力を好まず怪獣自身が暴力を振るう事は滅多にない。 \n唯一の例外は自衛の場合で、丁度、象やサイ、水牛等がライオンに襲われた仲間を救う為に体当たりでライオンを撃退するように怪力と大きな身体を活かして外敵を追っ払う様は勇壮である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "社会性",
             "description": "怪獣達は関西弁をしゃべる。\n気さくな性格である彼らは国民の話し相手になったりもしているようで、国民からは”怪獣さん”と親しまれている。\nなかには漫才師を目指している怪獣もいるという噂があるが、真相は不明である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "人との共存 ",
             "description": "基本的にはご飯の見返りとして資材の運搬やがれきの撤去、人員の輸送等の力仕事を手伝う事が多い。\nまれに怪獣視点からの自然界で活きる生物としての意見を述べる事もある。\n護民官として働いた事のある怪獣もいたとかいないとか。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "日々の暮らし方",
             "description": "基本、同じ草食である牛や羊と同様に食べて寝る事が大好きな為、用事が無い時は陽だまりで昼寝をしている姿が良く見る事ができる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "食事",
             "description": "食べようと思えば植物ならサボテンだろうと毬栗だろうと食べる事が出来るらしいが、牧草や飼い葉、林檎等が大好物である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "活動範囲",
             "description": "住み慣れた場所をテリトリーとして定住する習性があり、普段の活動範囲は日帰りで行ける範囲に限られている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "恒温性",
             "description": "爬虫類の仲間として、変温動物だと考えられがちだが体が大きいので結果的に体温を体内に保つことが出来る「慣性恒温性」に分類される。\nそのため、寒い場所でも活動は可能だが動きが鈍くなるとしてあまり寒い場所は好まない。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "怪獣の卵の殻",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "年越し祭り",
             "description": "毎年、怪獣の卵の殻を使った年越し祭りが行われている。 \nその年の年男・年女達が割れた卵の殻を神輿代わりに頭の上に掲げ、ファームから本殿までの道のりを半日かけて運ぶ。\n年男・年女達が殻を運ぶための道は関係者以外は入れず、約3m程の距離をあけた沿道から見物する事になる。 \nこのとき、運ばれていく殻の中にコインやお守り、収穫物などが大量に投げ入れられる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "言い伝え ",
             "description": "投げたものがうまく殻に入れば願いが叶うといわれていて、殻の破片が大きいほどその年の祭りは盛り上がる。\n健康祈願や縁結び、五穀豊穣など、求めるご利益によって投げ入れるものが変わる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "入手方法",
             "description": "祭りの半年ほど前からファームから出ている怪獣さんに協力してもらい、大型の野生の怪獣さんの孵化後の殻を探している。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "おしゃれ",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "専用の法被",
             "description": "ファームから出て人と同じ場所で暮らすようになった怪獣さんたちが人と協力してお仕事を始めた際、ぱっと見、怪獣さんの個体差が分からなかった人間が、仕事の際の識別用に着て貰ったのが始まりといわれています。\n今では縦縞模様から花柄までさまざまな種類があり、各々好みに合わせて着ているようです。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "飾り",
             "description": "国内で繊維産業が発達するにつれ、国民のおしゃれへの関心が高まった。\nそれに伴い、「怪獣さんへの日ごろのお礼に」という形で自然と角や背びれなどを飾るリボンを送る習慣が出来ている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年07月30日 23:43