※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


部品構造


  • 大部品: ダウジング(技術) RD:10 評価値:5
    • 部品: ダウジングとは
    • 部品: 歴史
    • 部品: 効果
    • 部品: 使用する道具
    • 部品: 経験と忍耐
    • 大部品: 探索方法 RD:4 評価値:3
      • 部品: 基本
      • 部品: Y型・L字型のロッドを使用する場合
      • 部品: 振り子を使う場合
      • 部品: 地図上での探索
    • 部品: 向き不向き



部品定義


部品: ダウジングとは

地下水や貴金属の鉱脈など地表に現れていない物を、棒や振り子などの道具を用いその動きによって探す技術。

部品: 歴史

大昔から存在する技術で使う道具や探索方法なども様々な形に発展してきたが、木の枝を使い生活に必要な水を探すことがその原型であると言われている。

部品: 効果

昔から地下水の探索が一般的だが、今では地下水以外にも油田やレアメタル、鉱物、遺失物を探す場合にも使用される。
地雷の探知に使用された例もある。

部品: 使用する道具

振り子状のもの、もしくはY字やL字型の棒状のものを使うのが一般的で材質は問わない。どの道具を選択するのかは好みと相性次第。

部品: 経験と忍耐

ダウジングは道具さえあれば誰でも始める事ができるが、結果を得るには忍耐が必要不可欠となっている。
初めは、幾度も失敗することを覚悟して、ロッドや振り子の動きが意図する意味を的確に読み取るために経験をつんでいく必要がある。
何をダウジングするにしても、それを発見しようとする強い意思を持ち、集中し、探索物を発見するまでその思いを持続する強い精神力が必要。

部品: 基本

歩きながら探索する方法が一般的。
何も無いところからスタートしてもよいが、効率が悪いのであらかじめ捜索範囲に当たりをつけて探す方がよい。

部品: Y型・L字型のロッドを使用する場合

見つけたいものを思い浮かべながら、ロッドを進行方向に向けた状態でゆるく握り捜索範囲内を歩く。
目的物に近づけばロッドの先端が動き、その反応で目的の物への方角と距離を判断する。
ロッドの動きをどの様に判断するかは探索者本人の経験に基づく。

部品: 振り子を使う場合

紐や鎖の先に石や宝石などをつけ、垂らした状態で捜索を行う。
目的物に近づけば先端の石や宝石等が上下または左右方向に揺れるのでその振れ幅で捜索の方向を修正する。
目的地に近づくと円を描くように回転する動きに変化する。

部品: 地図上での探索

振り子を使う場合、現地で歩かずに地図上で探索する方法も存在する。
まず、広範囲を地図を用意し、反応した箇所があれば次はその場所の地図を用意する。
そして少しづつ地図の範囲を狭くしていき、最終的な目的地まで絞り込む。


部品: 向き不向き

ダウジングで探せるものには人によって向き不向きがあり、水脈の発見率は高いが鉱脈はさっぱりだったり、狭い範囲の失せ物探しが得意でも水脈は鉱脈など広い範囲での探索はできないなど人によって得意分野は代わってくる。
何でも探せると謳っている場合は詐欺の可能性が高いの要注意。



提出書式


 大部品: ダウジング(技術) RD:10 評価値:5
 -部品: ダウジングとは
 -部品: 歴史
 -部品: 効果
 -部品: 使用する道具
 -部品: 経験と忍耐
 -大部品: 探索方法 RD:4 評価値:3
 --部品: 基本
 --部品: Y型・L字型のロッドを使用する場合
 --部品: 振り子を使う場合
 --部品: 地図上での探索
 -部品: 向き不向き
 
 
 部品: ダウジングとは
 地下水や貴金属の鉱脈など地表に現れていない物を、棒や振り子などの道具を用いその動きによって探す技術。
 
 部品: 歴史
 大昔から存在する技術で使う道具や探索方法なども様々な形に発展してきたが、木の枝を使い生活に必要な水を探すことがその原型であると言われている。
 
 部品: 効果
 昔から地下水の探索が一般的だが、今では地下水以外にも油田やレアメタル、鉱物、遺失物を探す場合にも使用される。
 地雷の探知に使用された例もある。
 
 部品: 使用する道具
 振り子状のもの、もしくはY字やL字型の棒状のものを使うのが一般的で材質は問わない。どの道具を選択するのかは好みと相性次第。
 
 部品: 経験と忍耐
 ダウジングは道具さえあれば誰でも始める事ができるが、結果を得るには忍耐が必要不可欠となっている。
 初めは、幾度も失敗することを覚悟して、ロッドや振り子の動きが意図する意味を的確に読み取るために経験をつんでいく必要がある。
 何をダウジングするにしても、それを発見しようとする強い意思を持ち、集中し、探索物を発見するまでその思いを持続する強い精神力が必要。
 
 部品: 基本
 歩きながら探索する方法が一般的。
 何も無いところからスタートしてもよいが、効率が悪いのであらかじめ捜索範囲に当たりをつけて探す方がよい。
 
 部品: Y型・L字型のロッドを使用する場合
 見つけたいものを思い浮かべながら、ロッドを進行方向に向けた状態でゆるく握り捜索範囲内を歩く。
 目的物に近づけばロッドの先端が動き、その反応で目的の物への方角と距離を判断する。
 ロッドの動きをどの様に判断するかは探索者本人の経験に基づく。
 
 部品: 振り子を使う場合
 紐や鎖の先に石や宝石などをつけ、垂らした状態で捜索を行う。
 目的物に近づけば先端の石や宝石等が上下または左右方向に揺れるのでその振れ幅で捜索の方向を修正する。
 目的地に近づくと円を描くように回転する動きに変化する。
 
 部品: 地図上での探索
 振り子を使う場合、現地で歩かずに地図上で探索する方法も存在する。
 まず、広範囲を地図を用意し、反応した箇所があれば次はその場所の地図を用意する。
 そして少しづつ地図の範囲を狭くしていき、最終的な目的地まで絞り込む。
 
 
 部品: 向き不向き
 ダウジングで探せるものには人によって向き不向きがあり、水脈の発見率は高いが鉱脈はさっぱりだったり、狭い範囲の失せ物探しが得意でも水脈は鉱脈など広い範囲での探索はできないなど人によって得意分野は代わってくる。
 何でも探せると謳っている場合は詐欺の可能性が高いの要注意。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ダウジング(技術)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "ダウジングとは",
         "description": "地下水や貴金属の鉱脈など地表に現れていない物を、棒や振り子などの道具を用いその動きによって探す技術。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "歴史",
         "description": "大昔から存在する技術で使う道具や探索方法なども様々な形に発展してきたが、木の枝を使い生活に必要な水を探すことがその原型であると言われている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "効果",
         "description": "昔から地下水の探索が一般的だが、今では地下水以外にも油田やレアメタル、鉱物、遺失物を探す場合にも使用される。\n地雷の探知に使用された例もある。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "使用する道具",
         "description": "振り子状のもの、もしくはY字やL字型の棒状のものを使うのが一般的で材質は問わない。どの道具を選択するのかは好みと相性次第。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "経験と忍耐",
         "description": "ダウジングは道具さえあれば誰でも始める事ができるが、結果を得るには忍耐が必要不可欠となっている。\n初めは、幾度も失敗することを覚悟して、ロッドや振り子の動きが意図する意味を的確に読み取るために経験をつんでいく必要がある。\n何をダウジングするにしても、それを発見しようとする強い意思を持ち、集中し、探索物を発見するまでその思いを持続する強い精神力が必要。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "探索方法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "基本",
             "description": "歩きながら探索する方法が一般的。\n何も無いところからスタートしてもよいが、効率が悪いのであらかじめ捜索範囲に当たりをつけて探す方がよい。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "Y型・L字型のロッドを使用する場合",
             "description": "見つけたいものを思い浮かべながら、ロッドを進行方向に向けた状態でゆるく握り捜索範囲内を歩く。\n目的物に近づけばロッドの先端が動き、その反応で目的の物への方角と距離を判断する。\nロッドの動きをどの様に判断するかは探索者本人の経験に基づく。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "振り子を使う場合",
             "description": "紐や鎖の先に石や宝石などをつけ、垂らした状態で捜索を行う。\n目的物に近づけば先端の石や宝石等が上下または左右方向に揺れるのでその振れ幅で捜索の方向を修正する。\n目的地に近づくと円を描くように回転する動きに変化する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "地図上での探索",
             "description": "振り子を使う場合、現地で歩かずに地図上で探索する方法も存在する。\nまず、広範囲を地図を用意し、反応した箇所があれば次はその場所の地図を用意する。\nそして少しづつ地図の範囲を狭くしていき、最終的な目的地まで絞り込む。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "向き不向き",
         "description": "ダウジングで探せるものには人によって向き不向きがあり、水脈の発見率は高いが鉱脈はさっぱりだったり、狭い範囲の失せ物探しが得意でも水脈は鉱脈など広い範囲での探索はできないなど人によって得意分野は代わってくる。\n何でも探せると謳っている場合は詐欺の可能性が高いの要注意。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]

使用申請

  • 事後報告になります。
    私のPCアイドレスにてダウジング(技術)を使用させていただきました。
    銀 倖斗:http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=64718
    よろしくお願いします -- Dora@リワマヒ国 (2017-09-07 22:10:24)
名前:
コメント: