※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 畜産 RD:15 評価値:6
    • 部品: 畜産とは
    • 大部品: 畜産の歴史 RD:2 評価値:1
      • 部品: 畜産の始まり
      • 部品: 畜産の発展・流通
    • 大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:1
      • 部品: 免許制
      • 部品: 衛生上の注意
    • 大部品: 畜産の動物ごとの種類 RD:6 評価値:4
      • 部品: 牛
      • 部品: 豚
      • 部品: トリ
      • 部品: 羊・ヤギ
      • 部品: 馬
      • 部品: ミツバチ
    • 部品: 畜産大会
    • 部品: 品種改良
    • 大部品: ナニワアームズならではの畜産 RD:2 評価値:1
      • 部品: 遊牧民としての生き方
      • 部品: 現在にいたる



部品定義


部品: 畜産とは

鶏や牛や馬等家畜を繁殖、飼育・肥育し、乳製品、肉、卵、皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。

部品: 畜産の始まり

もともと農業の一部として行われていたが、流通業の食肉加工業者が幅広く契約農家を育成してきたことから、単独で畜産業を営む場合が増えている。食肉加工業者は、将来の出荷量を見越して、契約農家に対し、飼料を提供し飼育させている。契約農家では、自らの支出を押さえた上で経営の拡大を進めることができ、安定した出荷先を確保することができる。

部品: 畜産の発展・流通

契約農家以外でも、近年の消費量の拡大により市場が発達した為、大規模化・集約化を進めることにより畜産業専業の経営を行えるようになった。なお、既存の田畑は、飼料作物の生産に当てている場合が多い。また畜産業でも分業が進んでおり、繁殖用の雌に良質な子畜を産ませて出荷する子取り農家、前記の農家から子畜を買い入れて食用として肥育してから出荷する畜産農家、繁殖から肥育までを一貫して行なう畜産農家などに分かれて専業としている場合もある。

部品: 免許制

畜産をする際は業としていとまない場合でも、ある一定の数がいる場合は、国の衛生基準を満たしているかどうか免許をしなければならない。

部品: 衛生上の注意

生き物のため、病気にかからないように予防、また食べた時に人が影響が無いようにそれぞれの薬の対応がなされている。仮に病気になった際はただちに廃棄するようにされている。

部品: 牛

母牛を飼育し、交配させて子牛を売る繁殖農家、子牛を飼って、飼育し肉として売る肥育農家、乳牛を飼育し、牛乳や乳製品の元を売る酪農家と分かれる。また、商品として使えない牛を放牧して観光にあてる業者もいる。

部品: 豚

ほとんどが肉食のための養豚として使われ、豚肉を食べるために育てられている。一部ではペット用として養豚及び販売を行っているところもある。

部品: トリ

主に卵を取るための採卵と肉を取るための肉用がなされている。一部鑑賞・ペット用、また革を取るために飼育・販売されるところもある。

部品: 羊・ヤギ

肉や毛皮、羊皮紙の皮、羊乳を取るために飼われる事が多い。また一部では観光用に観賞用として飼われるところもある。

部品: 馬

主に乗用や競争用のために飼育される事が多い。他にも観光用、食用等でも使われる事がある。また、軍用として育てられる事もある。

部品: ミツバチ

ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。

部品: 畜産大会

畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を決める。

部品: 品種改良

よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。

部品: 遊牧民としての生き方

昔は遊牧民が多く知られていたが今でも一部なごりをとどめる。夏と冬のそれぞれ巡回地があり、肉やミルク等を売る事により穀類と交換購入を行う。

部品: 現在にいたる

現在は遊牧民も減り、一部のところで遊牧をしているが主に兼業農家である点が目立つ。また、砂漠で生活に生きる事もあってかヤギや羊、ラクダ等を飼育しているところもある。



提出書式


 大部品: 畜産 RD:15 評価値:6
 -部品: 畜産とは
 -大部品: 畜産の歴史 RD:2 評価値:1
 --部品: 畜産の始まり
 --部品: 畜産の発展・流通
 -大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:1
 --部品: 免許制
 --部品: 衛生上の注意
 -大部品: 畜産の動物ごとの種類 RD:6 評価値:4
 --部品: 牛
 --部品: 豚
 --部品: トリ
 --部品: 羊・ヤギ
 --部品: 馬
 --部品: ミツバチ
 -部品: 畜産大会
 -部品: 品種改良
 -大部品: ナニワアームズならではの畜産 RD:2 評価値:1
 --部品: 遊牧民としての生き方
 --部品: 現在にいたる
 
 
 部品: 畜産とは
 鶏や牛や馬等家畜を繁殖、飼育・肥育し、乳製品、肉、卵、皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。
 
 部品: 畜産の始まり
 もともと農業の一部として行われていたが、流通業の食肉加工業者が幅広く契約農家を育成してきたことから、単独で畜産業を営む場合が増えている。食肉加工業者は、将来の出荷量を見越して、契約農家に対し、飼料を提供し飼育させている。契約農家では、自らの支出を押さえた上で経営の拡大を進めることができ、安定した出荷先を確保することができる。
 
 部品: 畜産の発展・流通
 契約農家以外でも、近年の消費量の拡大により市場が発達した為、大規模化・集約化を進めることにより畜産業専業の経営を行えるようになった。なお、既存の田畑は、飼料作物の生産に当てている場合が多い。また畜産業でも分業が進んでおり、繁殖用の雌に良質な子畜を産ませて出荷する子取り農家、前記の農家から子畜を買い入れて食用として肥育してから出荷する畜産農家、繁殖から肥育までを一貫して行なう畜産農家などに分かれて専業としている場合もある。
 
 部品: 免許制
 畜産をする際は業としていとまない場合でも、ある一定の数がいる場合は、国の衛生基準を満たしているかどうか免許をしなければならない。
 
 部品: 衛生上の注意
 生き物のため、病気にかからないように予防、また食べた時に人が影響が無いようにそれぞれの薬の対応がなされている。仮に病気になった際はただちに廃棄するようにされている。
 
 部品: 牛
 母牛を飼育し、交配させて子牛を売る繁殖農家、子牛を飼って、飼育し肉として売る肥育農家、乳牛を飼育し、牛乳や乳製品の元を売る酪農家と分かれる。また、商品として使えない牛を放牧して観光にあてる業者もいる。
 
 部品: 豚
 ほとんどが肉食のための養豚として使われ、豚肉を食べるために育てられている。一部ではペット用として養豚及び販売を行っているところもある。
 
 部品: トリ
 主に卵を取るための採卵と肉を取るための肉用がなされている。一部鑑賞・ペット用、また革を取るために飼育・販売されるところもある。
 
 部品: 羊・ヤギ
 肉や毛皮、羊皮紙の皮、羊乳を取るために飼われる事が多い。また一部では観光用に観賞用として飼われるところもある。
 
 部品: 馬
 主に乗用や競争用のために飼育される事が多い。他にも観光用、食用等でも使われる事がある。また、軍用として育てられる事もある。
 
 部品: ミツバチ
 ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。
 
 部品: 畜産大会
 畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を決める。
 
 部品: 品種改良
 よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。
 
 部品: 遊牧民としての生き方
 昔は遊牧民が多く知られていたが今でも一部なごりをとどめる。夏と冬のそれぞれ巡回地があり、肉やミルク等を売る事により穀類と交換購入を行う。
 
 部品: 現在にいたる
 現在は遊牧民も減り、一部のところで遊牧をしているが主に兼業農家である点が目立つ。また、砂漠で生活に生きる事もあってかヤギや羊、ラクダ等を飼育しているところもある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "畜産",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "畜産とは",
         "description": "鶏や牛や馬等家畜を繁殖、飼育・肥育し、乳製品、肉、卵、皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "畜産の歴史",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "畜産の始まり",
             "description": "もともと農業の一部として行われていたが、流通業の食肉加工業者が幅広く契約農家を育成してきたことから、単独で畜産業を営む場合が増えている。食肉加工業者は、将来の出荷量を見越して、契約農家に対し、飼料を提供し飼育させている。契約農家では、自らの支出を押さえた上で経営の拡大を進めることができ、安定した出荷先を確保することができる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "畜産の発展・流通",
             "description": "契約農家以外でも、近年の消費量の拡大により市場が発達した為、大規模化・集約化を進めることにより畜産業専業の経営を行えるようになった。なお、既存の田畑は、飼料作物の生産に当てている場合が多い。また畜産業でも分業が進んでおり、繁殖用の雌に良質な子畜を産ませて出荷する子取り農家、前記の農家から子畜を買い入れて食用として肥育してから出荷する畜産農家、繁殖から肥育までを一貫して行なう畜産農家などに分かれて専業としている場合もある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           }
         ],
         "localID": 2,
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "畜産の衛生",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "免許制",
             "description": "畜産をする際は業としていとまない場合でも、ある一定の数がいる場合は、国の衛生基準を満たしているかどうか免許をしなければならない。",
             "part_type": "part",
             "localID": 6
           },
           {
             "title": "衛生上の注意",
             "description": "生き物のため、病気にかからないように予防、また食べた時に人が影響が無いようにそれぞれの薬の対応がなされている。仮に病気になった際はただちに廃棄するようにされている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 7
           }
         ],
         "localID": 5,
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "畜産の動物ごとの種類",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "牛",
             "description": "母牛を飼育し、交配させて子牛を売る繁殖農家、子牛を飼って、飼育し肉として売る肥育農家、乳牛を飼育し、牛乳や乳製品の元を売る酪農家と分かれる。また、商品として使えない牛を放牧して観光にあてる業者もいる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 9
           },
           {
             "title": "豚",
             "description": "ほとんどが肉食のための養豚として使われ、豚肉を食べるために育てられている。一部ではペット用として養豚及び販売を行っているところもある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 10
           },
           {
             "title": "トリ",
             "description": "主に卵を取るための採卵と肉を取るための肉用がなされている。一部鑑賞・ペット用、また革を取るために飼育・販売されるところもある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 11
           },
           {
             "title": "羊・ヤギ",
             "description": "肉や毛皮、羊皮紙の皮、羊乳を取るために飼われる事が多い。また一部では観光用に観賞用として飼われるところもある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 12
           },
           {
             "title": "馬",
             "description": "主に乗用や競争用のために飼育される事が多い。他にも観光用、食用等でも使われる事がある。また、軍用として育てられる事もある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           },
           {
             "title": "ミツバチ",
             "description": "ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 14
           }
         ],
         "localID": 8,
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "畜産大会",
         "description": "畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を決める。",
         "part_type": "part",
         "localID": 15
       },
       {
         "title": "品種改良",
         "description": "よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。",
         "part_type": "part",
         "localID": 16
       },
       {
         "title": "ナニワアームズならではの畜産",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "遊牧民としての生き方",
             "description": "昔は遊牧民が多く知られていたが今でも一部なごりをとどめる。夏と冬のそれぞれ巡回地があり、肉やミルク等を売る事により穀類と交換購入を行う。",
             "part_type": "part",
             "localID": 18
           },
           {
             "title": "現在にいたる",
             "description": "現在は遊牧民も減り、一部のところで遊牧をしているが主に兼業農家である点が目立つ。また、砂漠で生活に生きる事もあってかヤギや羊、ラクダ等を飼育しているところもある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 19
           }
         ],
         "localID": 17,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]
最終更新:2017年09月06日 19:53