柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

後世では人丸とも。

生没年不詳
白鳳時代の歌人
王朝賛歌、皇族の挽歌などを多く歌い、宮廷歌人として活躍した。
後世の歌人には「歌仙」「歌聖」と称えられ、和歌の神としてあがめられた。

彼の作高市皇子挽歌は壬申の乱の英雄叙事詩とも言えるもので、非常にカッコいいので、ファンタジー好きには是非読んでもらいたい。

経歴

万葉集以外に名が見えないので、経歴は定かではない。
どうやら六位以下の下級役人であったようだ。
草壁皇子の舎人として仕えたあと、諸国を転々とし、石見の国で没したらしい。
石見の国で刑死になったという説もあるが、これも諸説あって定かではない。

代表歌紹介

石見国自傷歌
高市皇子挽歌

和歌の神としての人麻呂信仰

平安末期には人丸影供と呼ばれる習俗があった。歌会の始まる前に、人麻呂像に香華供物を供え、良歌を願ったのである。

民俗社会での人丸信仰

民間信仰の場では「ひとまる」の音から火伏せの神(火止まる)安産の神(人産れる・懐妊)として信仰されている。

昔、般若坊という坊主の住んでいる寺の近所で火事が起きた。
般若坊が

わが宿の垣の本まで焼け来るを般若棒にて打てば火とまる

と詠じると、火は隣家で止まったという話がある。
これは歌の呪性を伝える歌徳説話である。

参考文献

あとで書きます。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2005年04月01日 00:13