指輪物語(THE LORD OF THE RINGS)

J.R.R.トールキン(父がドイツ系で母が英国系で出身は南アフリカ)の著書
全部で三部に分かれており、第一部「旅の仲間」、第二部「二つの塔」、第三部「王の帰還」となっている。
2001年には映画化され、日本でも大々的に宣伝されたので多くの人が名前ぐらいは知ってると思われる。
 作者は敬虔なクリスチャン(カトリック系)であったが、作品へはクリスチャニティを「敬してこれを遠ざく」スタンスで書いているため、一応キリスト教的な物は一応一切出ていない(ファンからはエルフ、ドワ-フなどの善なる者に対し、キリスト教的な倫理観が指摘されている)
空想の金属として比較的良く聞くミスリルはここからの出典である。

タグ:

書籍
+ タグ編集
  • タグ:
  • 書籍

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2021年05月23日 15:22