※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黄泉ヶ原 鬼巡尚宗 新(よみがはらきじゅんなおむねあらた)


■性別

■学年
その他

■所持武器
暗殺術「幻魔焦怨冥慟哭麟拳」

■ステータス
16/0/10/3/1

■FS名
漢気

秘伝・夢幻屠龍抜虚討招

タイプ:付与型
効果:味方一時戦線離脱 80
範囲+対象:自分自身 0.75
時間: 1ターン 1
時間付属:カウント遅延1(準備型)/2ターン 1
非消費制約1:同マスに自分以外のキャラクターがひとりでもいたら使えない 0.99
非消費制約2: 1ターン目のみ発動可能 0.9
非消費制約3:カウンター倍率 0.9
条件:能力発動後に自分が敵を殺す 0.5
対象:術者自身 1
待受範囲:同マス 1
待受時間:4ターン 1.5
待受回数:1ターン1回 1.2
タイミング:同時 1
消費制約:体力5消費 25
FS:1
発動率:85%

能力原理

ひでん・むげんとりゅうばっことうしょう。無駄に長い名前を叫びながら一撃必殺!殺害と同時に姿を眩ます暗殺術。最初に気を練るので、ものすごく体力を消費しているらしい。

キャラクター説明

AD2014時代で故人。元、革マジ構成員。“移動地雷”の異名を持つ凶人。
忍びの体術をベースにした一子相伝の暗殺術「幻魔焦怨冥慟哭麟拳(げんましょうおんめいどうこくりんけん)」の創始者。
『暦』副部長補佐、皐月咲夢(以下、咲夢)に戦闘術を授けた人物でもある。
何故そんなことをしたかというと、
「この子、将来美人になるな」
「いつも俺が守ってやれるとは限らんぞ。先に幼児愛好家に奪われでもしたら大変だ」
「そうだ、自分の身を護る術を教えるとするか(まだ誰にも教えたことないしちょうど良いな~。一子相伝だぜ、ヒュ~。)」
「将来感謝されて、結婚したいとか迫られたら困るぜ~」
という、その場のノリとちょっぴりの打算的理由からである。
しかし、咲夢の超人的な吸収速度に修業が前倒しになっていった結果…。

なお暗殺術の正式名称について、咲夢からは、長いし、覚えづらいし、言いづらい、と散々な評価を受けていたので十中八九忘れ去られている。

「俺の天才的ネーミングセンスに震えな!」