ぷよぷよ用語辞典

ロマン返し

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

ロマン返し

概要

上のような折り返しの仕方
実践ではあまり使われてないが、たった6つ(空白含めて8つ)のぷよである程度の形を作れるため、折り返しをさっさと組むことができる。素早く折り返しを組むことで土台を安定して組めるため、土台を組むのが苦手な人にオススメである。

使うときのポイント

初手ヅモがAA ABだった時に組みやすい。
基本的に、空白部分は同色の色を入れる。

土台について

土台の自由度は広いが、その分ある程度の慣れが必要となる。詳しくはGTRで。
(2020/4/16)加筆予定

伸ばしについて

ロマン返しは細く高くなりがちで、受けも広い形とは言えないため、連鎖尾を伸ばしていくことが基本である。連鎖尾を上手く平らに高く積むことができたら、そのから第二、第三の折り返しも可能
もっとも、爆発事故の可能性が増えるため、実戦ではおすすめはしない。

連鎖尾について

基本的に雪崩を積む。

以下に、基本的な例と発展的な例を示す

基本的な例

基本的な10連鎖

三回使った17連鎖(同時消しあり)

三色での10連鎖

発展的な例

逆から使うこともできる。この時は、ロマン返しは土台となり、返しにGTRなどを使う

ロマン返し+GTR+ロマン返し(逆から)