全日本クイズ選手権

全日本クイズ選手権(ぜんにほん―せんしゅけん)は、関西学生クイズ連盟が主催したオープン大会。ここではその前身である「関西学生クイズオープン」、系列大会である「クイズワールドカップ」についても扱う。

概要

第10回Man of the Year優勝者の長束恭行氏が中心となり、当時あまり交流がなかったRUQSと関西の他大学を結びつける目的で「関西学生クイズオープン」を開始。
その後第3回より対象を社会人にも拡大、第4回からは名称も「全日本クイズ選手権」と改名した。

当初の問題傾向は関東と大差はなかったが、マンオブへの対抗心もあり「全日本」に改称して以降はいわゆる「学生系」といわれる長文難問を用いるようになった。
形式でも当時はローリングクイズが多かった2ラウンドの早押しクイズに「2○2×」を導入したことや、準決勝恒例の「1対1対決クイズ」は斬新なものであった。
また当時のマンオブや関東の大学クイズ研主催のオープン大会が会場として大学の大教室を使用していたのに対し、こちらはホールで開催され、その後のオープン大会における演出を大きく変化させるきっかけとなった。

「クイズワールドカップ」は参加資格を「大学1~4年生」に限定して開催された。

データ

大会名 開催日 会場 参加人数 優勝者 準優勝者 ペーパー1位
第1回関西学生クイズオープン 1993年12月18日 同志社大学学館ホール 不詳 安良 興(京都大4) 木村武司(大阪市立大5) 安良 興(京都大4)
第2回関西学生クイズオープン 1994年8月2日 立命館大学衣笠校舎 不詳 安良 興(京都大5) 長束恭行(同志社大4) 長束恭行(同志社大4)
第3回関西学生クイズオープン 1994年12月17日 同志社大学学館ホール 208人 久保隆二(立命館大3) 萩原秀隆(大阪市立大3) 中溝充雄(大阪府立大4)
第4回全日本クイズ選手権 1995年7月1日 立命館大学衣笠校舎 不詳 山本耕造(立命館大4) 加藤禎久(名古屋大M1) 成田佳大(大阪外国語大4)
第5回全日本クイズ選手権 1995年12月8日 同志社大学学館ホール 210人? 山本耕造(立命館大4) 堀家 敦(神戸大OB) 堀家 敦(神戸大OB)
第1回クイズワールドカップ 1996年6月29日 立命館大学衣笠校舎 137人 栗田 修(早稲田大4) 牟禮大造(立命館大2) 牟禮大造(立命館大2)
第6回全日本クイズ選手権 1996年12月21日 同志社大学学館ホール 171人? 橋本隆弘(神戸大5) 長束恭行(同志社大OB) 山本耕造(立命館大5)
最終更新:2020年10月15日 20:34
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。