「赤緑メガヘラクレス」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

赤緑メガヘラクレス」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *赤緑メガヘラクレス
 
 **デッキの中核になるカード
 &color(red){ワイルドビースト}
 -[[メガヘラクレス]]
 -[[レッドジャイロ]]
 -[[ビートルーダー]]
 -[[スタッガータンク]]
 &color(green){アーステクノロジー}
 -[[ソルインジケーター]]
 -[[バトルシャーク]]
 
 **主な候補カード
 -[[守護獣プテラノドン]]
 -[[爆竜バキケロナグルス]]
 -[[オメデトロフィー]]や[[ロボコン]]等のコマンド加速手段
 -[[バイクル]]
 
 **その他・候補カード
 -[[ゲキバイオレット]]
 --[[ゲキトージャウルフ]]
 -[[ボウケンシルバー(2nd)]]
 -[[RCを持つユニット各種>RC]]
 -[[ダイノガッツ]]
 -[[ファイブテクター]]
 -[[恐竜剣ゴッドホーン]]
+-[[オーズドライバー]]
 
 **デッキ説明
 -[[メガヘラクレス]]を各種ビートマシンで強化し殴りきるビートダウンデッキ。全てのビートマシンが揃った時にはBP9000 SP1 レジスト持ちという高スペックのLユニットが特に追加コストもなく場に出てくる。
 -各ビートマシンが揃わなければ只のBP6000のバニラである為、いかにしてそれらを揃えるかが重要。その為ピンポイントサーチのできる[[ソルインジケーター]]があれば安定性が一気に上がる。メガヘラクレス本体やJC持ちは[[バトルシャーク]]でサーチする。
 -各種ビートマシンの重要度は人や地域の環境によって意見の差があるが、概ね&br()「SP1のつく[[ビートルーダー]]」≧「BPが+3000される[[スタッガータンク]]」>「レジストのつく[[レッドジャイロ]]」&br()と言った評価とデッキ内の枚数比率になることが多い。実際BP9000あればレジストが必要な場面はかなり限定されている為だろう。
 -デッキ内のビークルが多い為、RC持ちユニットが生きてくる。特に必要パワーが段階的に増えてゆく構成の為[[仮面ライダーギャレン]]等は扱いやすい。
 -最大の弱点はコマンド除去カード。コマンドを制限されるとメガヘラクレスがバトルエリアに出撃しづらくなる。
 
 **デッキ改造のポイント
 -コマンド除去に弱い点
 --コマンド加速手段を併用すると、通常の展開含め動かし安くなる。比較的組み込みやすいのは[[オメデトロフィー]]や[[ロボコン]]辺りだろうか。
 -メガヘラクレス自体がパワー5と重たい点
---比較的軽量な[[ゲキバイオレット]]や[[仮面ライダーギャレン]]等で序盤の戦線を繋ぐ。もしくは[[ファイブテクター]]等でダメージコントロールを行う。
+--比較的軽量な[[ゲキバイオレット]]や[[仮面ライダーギャレン]]等で序盤の戦線を繋ぐ。もしくは[[ファイブテクター]]等でダメージコントロールを行う。[[オーズドライバー]]でメガヘラクラスを早期ラッシュするのも手だが、必要パワーを参照する[[仮面ライダーオーズ・ラトラーターコンボ]]などに気をつけたい。
 -メガヘラクレス自体を除去できる「本来のBPが8000以下のユニットを撃破」や「本来のBPでないユニットををコマンドゾーンへ送る」といったカードへの対策。
 --[[ダイノガッツ]]等で耐えて返しのターンに返り討ちにする、もしくはメガヘラクレス自体がラッシュの容易なカードである為、割り切って使い捨てて他のストライカーや2枚目のメガヘラクレスを引きやすくして攻めに行く。
 -その他のユニットの選択
 --ストライカーを優先するなら[[ボウケンシルバー(2nd)]]や[[仮面ライダー1号]]等を入れ場の制圧をメガヘラクレスに任せる、この場合[[爆竜バキケロナグルス]]が生きてくる。また、[[恐竜剣ゴッドホーン]]で[[守護獣プテラノドン]]を使いまわすのも有効。
 --ボードコントロールをSユニットに任せてメガヘラクレスでダメージを稼ぐなら上記のギャレンや[[仮面ライダースーパー1・RNH]]等を使ってメガヘラクレスは極力ストライクに専念できる状況を作ってやると良い。
 
 **コメント
 - コマンド加速とゴッドホーンサーチを兼ねてライドベンダーもありだな  -- 名無しさん  (2010-11-30 22:59:29)
 #comment