リワマヒ国ver0.8@wiki

政策2009/04/07

最終更新:

riwamahi

- view
だれでも歓迎! 編集

帰還事業における聯合国様からの協力と調和者について



リワマヒ国です。

リワマヒ国ではこのたび、連合関係にあるフィールド・エレメンツ・グローリーの皆様、
HOKE財団の皆様、長く連合関係にあるナニワアームズ商藩国様、他多くの方々に
ご協力いただき、
リワマヒ国への帰還事業を推進しております。
本事業においては多くの国から有形無形の支援をいただいており 
リワマヒ国一同深く感謝するものです。


なお、ナニワアームズ商藩国様より派遣いただく帰還事業実行部隊に関しましては、
リワマヒ国より「調和者」和子さんが参加しております。

「調和者」は、リワマヒ国で発生した植物災害を二度と、再び発生させないために
リワマヒ国藩国政府が得た新アイドレスです。
調和者はあらぶる自然、植物、動物や自律機械を鎮め、
人と人、人と自然、人と機械のすべての調和を目指して活動しています。

結果的に無秩序を招いたバイオテクノロジーの隆盛をつとに猛省し、
同じくその影響を受けた繁茂技術を放棄したリワマヒ国は、
多くの被害をもたらした遺跡を安全に封印する技術を開発するとともに
調和者の推進するおだやかな共存社会と皆様の幸せを目指して活動を進めてまいります。

その一環として、
砂漠化したリワマヒ国地上の自然回復計画を進めると共に、
調和者を主軸とした、自然を畏友とし敬しつつも人としての生活を守り育てる
南国人としての生き方を、植物の助けを得つつ皆様にご提案できればと考えております。
また、国民の皆様の就業支援として、国家的に資源低減技術を開発し、
国民の皆様の就業する工場技術を用意するとともに、
全国の諸藩国があえぐ資源不足への対策として機械部品需要をまかなう活動にも
取り組んでおります。
これら活動はリワマヒ国の移民受け入れ政策として結実が期待されています。

こうした活動に対する皆様の驚き、疑念は十分理解しており、
支援いただいております皆様にもご指導ご鞭撻いただき、自らのものとしております。
つきましては、新たなるリワマヒ国の展望に改めての信頼をいただければ、幸いです。


/*/

是空とおるオリオンアーム大統領 による協調声明
http://www19.atwiki.jp/orionresident/pages/34.html