リワマヒ国ver0.8@wiki

政策:リワマヒ国暴動に対する藩王見解発表

最終更新:

riwamahi

- view
だれでも歓迎! 編集

リワマヒ国暴動に対する藩王見解発表


お世話になっております。
リワマヒ国です。

このたびリワマヒ国に発生致しました暴動に関しまして
リワマヒ国藩王 室賀兼一からの見解を発表させて頂きます。


室賀兼一です。

政府に対する不満は重々承知しており、
手をこまねいてクーリンガンの犯罪行為を止められなかったのは
ひとえに私の不徳の致すところです。

しかし暴動は犯罪です。
不満がある事は暴力を使っていい理由にはなりません。
何のための言葉かと思います。私はとても悲しく、つらいです。
国民の安らかなる暮らしを切に望み、そうなるよう務めますので、
暴れるのはもう止めて下さい。

なお、暴動に荷担したものは私の責任により鎮圧されました。
みだりに国を乱し他の民衆を傷つけたであろう国民は
厳しく罪に処せられるべきと考えます。
しかし、皆さんからの声が届かないことが、今回の暴動を起こしたことと
理解しております。
そこで私もまた、皆さんから話を聞いて回りたいと考えています。
どうか、私に皆さんの事を教えて下さい。

最後に、鎮圧にご協力下さいましたFEGの皆様に深い感謝を
申し上げたいと思います。ありがとうございました。

政策作成:室賀兼一
政策チェック:東 恭一郎(摂政)