鍋の国 @ ウィキ

T14:EV142

最終更新:

nabe

- view
だれでも歓迎! 編集

E142 ”政争と国民”


声明


はじめに、国民の皆さんには私達の理解が足りず、むやみに不信感を煽ってしまったこと、
産業の低迷や土壌問題、食料不信など、様々な問題にて国民の皆さんの心情や生活環境に不安を与えてしまったことを、深くお詫び申し上げます。
自分の至らなさを痛感しており、不勉強で申し訳なく思っています。(頭を下げます)
そして皆さんから学ばせていただくことが多く、とても感謝しています。
素朴で心根の気持ちのよさに触れ、その度に私は国民の皆さんを愛おしく思い、皆さんが幸せに暮らせるよう支援をしたいと思っています。

私たち鍋の国は南国人です。
何代にわたって受け継がれてきた南国人の持つおおらかさ、愛の深さは美徳であり、南国人の誇りでもあります。
鍋の国民が家族を、隣人を、そして他国の方々までをも思いやる心はこの国を支える宝だと思います。
政府は皆さんの思いやりの心、愛情深さ、暖かい家庭作りをよりいっそう育む為に努力をして参ります。
雇用不足による生活の不安、医療品の高騰、技術レベルの低下等、これらの問題を解決すべく、政策に真摯に取り組む所存です。
治安や経済・政情不安による生活不安障害はどんどん減らすよう尽力していきたいと思います。

また、ペルセウス難民の方の受け入れについては、
是空大統領がペルセウスからの難民とオリオンの住民が分け隔てなく過ごせる環境作りに尽力されており、
鍋の国もこれに賛同・協調し、彼らと共に和していきたいと思います。
長きに渡る大統領不在期間を経て共和国大統領となった是空大統領は、私たちの世界を脅かす存在であるセプテントリオンを最も憎み、またそれに対抗できる正義感と能力をもった方です。
さらには自らの利益や損得を考えず、また気さくに行動を起こせる猫らしい方で、共に和する共和国の大統領としてふさわしい人物です。
鍋の国政府は共和国を支えて下さる是空氏を変わらず応援するとともに、常に感謝と協力を惜しみません。

そして、いつも国を支えて下さっているACEの皆さんにも、この場を借りて感謝の意を表します。
彼らに花束と、ささやかではありますが国内の温泉施設の年間フリーパスを送りたいと思います。


私や政府は、皆さんやその大切な人が幸せに平和で暮らせることが何よりの望みです。皆さんもそうであると思います。
政府もACEも国民も一丸となって、笑顔の溢れるよりよい国作りと、よりよい未来へ繋ぐ道を私達の手で築きあげていきましょう。


鍋の国藩王 矢上ミサ

イラスト:八守時緒



政策


新規事業開拓の支援と育成

ここ暫く植物の繁殖スピードが増加しているため、その対策と繁茂との共存を兼ねて森林の伐採と、伐採した樹木の製材・加工を事業化。
  • 【最優先事項】繁茂の影響が出る前や、鍋の国の機械工業が最盛期だった頃の自然の量を規準とし、過剰伐採の無いように綿密に計画を練り、自然と人の暮らしの領域の均衡を守る事。
  • 住宅用建材の製材所や木製品工場・製紙工場などの運営・設立を支援。新規事業の為、軌道に乗るまでは各種減税にて支援を実施。
  • 木工技術修練所も開設し、技術を磨いて良質な家具や工芸品などの製造技術を習得出来る場所を作る。

建築支援策発表

  • 新規の宅地開拓・建築物について、建築促進をはかるため減税の実施。
  • 工事費用、不動産取得税、公示価格、事務手数料など主に初期費用にかかる税金を中心に減税を実施。
  • ※これらの減税は繁茂の影響により、就労・生活拠点や住む場所に被害が出た地域への復興支援も兼ねています。

雇用促進

  • 国の新しい主産業となりうる樹木の製材事業や、建築事業促進に伴い雇用を増やす。
  • 既存の施設であるアイドレス工場、食料生産地は今後生産量アップを目指す方針。生産者の増員だけでなく、新しい設備や整備も必要になるので、技術者及び組立工員の新規採用の実施。
  • ※雇用には性別・国籍などで差別しません。鍋国民も帰還民もペルセウスアーム難民の方もやる気を一番に、共に和して皆で事業を盛り上げていきましょう。

福利厚生

  • 特に家庭生活・家族交流に関わる項目の支援。
  • 全企業に誕生日休暇制度導入(本人や配偶者および子供の誕生日に適用)を奨励。もし休めなくとも早く帰れるよう、企業や仲間は協力して家族交流を支援する。
  • 母子家庭だけでなく父子家庭も生活援助の対象に。(満15歳まで。父親の収入により変動)
  • 子供の成長は、親だけでなく周囲の協力があってこそ健やかに育つと考え、産休切りを無くし、育児休暇にも余裕を持たせる。
  • ※企業は従業員が暖かい家庭生活が出来るよう考慮し、就業に励みましょう。

農業品評会出品に伴う、食糧生産事業の開拓を促進。

  • これを機に国内生産食物はこれまでの安くて美味しいものだけではなく、旨さとこだわりを追求したブランド品の製造事業にも力を入れていき、商品価値アップを目指していく。
  • 食材の新規展開としては南国や熱帯で育ちやすい果物や、カカオの栽培に力を入れ、果実酒やジャムやお菓子など、女性や子供が好む食物に通じる農作物を中心に生産していく。

イラスト:ヤガミ・ユマ


政争の行動宣言

大統領府の作戦に従って、<鍋国部隊><鍋デカショー部隊>は行動します 。

鍋の国藩国編成<鍋国部隊>:http://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/504.html
なべ騎士団<鍋デカショー部隊>:http://www19.atwiki.jp/nabe-nokuni/pages/6.html
なお、なべ騎士団はデカショー編成(大きい)のため、治安維持活動及び住民の治安意識向上アピール、パトロールなどに重点を置き行動します。



添付ファイル