鍋の国 @ ウィキ

変電所

最終更新:

ronnyuuryuu

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 変電所(N) RD:36 評価値:8
    • 大部品: 消費施設までの電気の流れ RD:7 評価値:4
      • 部品: 発電所で発電
      • 部品: 送電線で送る
      • 部品: 超高圧変電所
      • 部品: 1次変電所
      • 部品: 中間変電所
      • 部品: 配電用変電所
      • 部品: 柱上変圧器
    • 大部品: 変電以外の役割 RD:2 評価値:1
      • 部品: ブレーカー
      • 部品: スイッチ
    • 大部品: 形式 RD:3 評価値:2
      • 部品: 屋外式の広い形式
      • 部品: 屋内式で外からの影響を受けにくい変電所
      • 部品: 一部を屋内に収納した形
    • 部品: 避雷器
    • 大部品: 周辺環境 RD:3 評価値:2
      • 部品: 騒音対策はバッチリと
      • 部品: 説明と理解を行う事が大切
      • 部品: 周辺との調和を目指す
    • 大部品: 監視・制御作業 RD:1 評価値:0
      • 部品: 常時勤務方式
    • 大部品: 送電用鉄塔 RD:4 評価値:3
      • 部品: 役割
      • 部品: 高さの理由
      • 部品: 自然災害
      • 部品: 架空地線
    • 大部品: 電柱 RD:6 評価値:4
      • 部品: 機能
      • 部品: 材質
      • 部品: 避雷針としての電柱
      • 部品: 設置される物
      • 部品: 占有料金
      • 部品: 電柱を地中にする場合
    • 大部品: 送電線と天候との戦い RD:4 評価値:3
      • 部品: 海の近辺
      • 部品: 落雷に対して
      • 部品: 風と振動
      • 部品: 雪を積もらせない
    • 大部品: メンテナンス RD:3 評価値:2
      • 部品: 定期巡回
      • 部品: チェック作業
      • 部品: 各警報機器の確認
    • 大部品: 常務勤務員の福利厚生 RD:2 評価値:1
      • 部品: 休暇と派遣技術者
      • 部品: 連休休暇申請



部品定義


部品: 発電所で発電

 電気は各発電所で様々な方法で発電されます。発電所はその性質上、人里離れた場所に設置される事が多く、電気を消費する施設とは距離が離れています。

部品: 送電線で送る

 発電所で作られた電力を運ぶ為の電線と周りの設備や鉄塔。発電所と消費施設までの距離は長い。それに対して電気は送る途中で熱となって逃げてしまうのでロスが発生する。それを解消する為に電圧を高くしている。そのためこのまま消費する施設へ使うには電圧が高すぎるのだ。

部品: 超高圧変電所

 発電所から送電線で流れてきた高圧電流を一番最初に受け止める変電所。この時点での高圧電流では使い道がない為、電気を15.4万ボルトに変電する為の施設。

部品: 1次変電所

 超電圧変電所から送電線を使って送られてきた電力を受け取りる。一部は大工場や鉄道に送る。残りの電力を6.6万ボルトへ変電すると次の変電施設へとバトンを受け渡す。変電施設を経由し、徐々に電圧を下げ、各施設に対応する電力として送り込めるようにする施設である。

部品: 中間変電所

 二次変電所。流れてきた電力を今度は2.2ボルトに変電する。一部は工場へと送られ、残りは次の変電所へと向かう。変電所の種類が多いのは各施設で使用する電力が対応できる電圧がそれぞれ違う為である。同じ配線でも電圧が高い方が出力の大きい物を使えるので各施設で必要な電圧が違う為、変電所で変電していく必要がある。

部品: 配電用変電所

 配電用変電所では6600ボルトへと変電した上で一部を工場や大規模事業所などに送り、残りを次の変圧器へと送る。

部品: 柱上変圧器

 柱上変圧器では100ボルトまたは200ボルトに変電される。これにてようやく家庭に電気が送られる。ボルトが100と200に分かれているのは使用する電化製品によっ効率よく使い分けれるようにと変電されており、各住宅では200ボルトが使用できる単相3線式を用いられている。

部品: ブレーカー

 送電線に繋がる施設に故障があった際に故障個所を瞬時に遮断し、電流の流れから故障化をを切り離すことにより、電圧低下などの影響を防ぐ役割があります。

部品: スイッチ

 故障個所の遮断や各発電所の運転状況の変化による停止、保守点検による各設備の確認の為の遮断など電気の回線を切る必要がある時にその箇所を停止させた時に使う機能。遮断した場所があっても電気の流れをコントロールして別ルートから各消費施設に電気を送る事ができるようにルートを再検出する役割。


部品: 屋外式の広い形式

 変電所の主要設備を屋外に配置し、制御機能のみを屋内に配置した変電所。他の形式と比べた場合、敷地面積を最も必要とする。
 しかし、機器が平面に配置される事からメンテナンス性に優れている。

部品: 屋内式で外からの影響を受けにくい変電所

 主要設備を屋内に設置した変電所。屋内に設備を入れているので機器の搬入や設置メンテナンスが不便。しかし海の近くなどで塩外対策が必要な変電所などの場合に最適なのが屋内式である。

部品: 一部を屋内に収納した形

 主要設備の一部を屋内に設置する変電所。大きく分けて変圧器のみを屋内にした騒音対策型の変電所と開閉器のみを屋内に設置した塩害対策の変電所(屋内式より建設費用が安い)の二種類がある。

部品: 避雷器

 変電所に設置されている装置。雷や異常電圧がかかった時に作動する。すぐさま放電を行い、大地へと放電する。なお、異常電圧が解消した場合は異常電圧により絶縁してた部分を回復させ、停電にならないように対処する。

部品: 騒音対策はバッチリと

 変電所は変圧器や冷却装置から発生する音が騒音となり、近所迷惑を起こす可能性が高い。

 変電所はその性質上、人里離れた場所にある物や住宅地に建設される物など様々である。近くに住宅がある場合はどは低騒音型の機器を採用したり、屋内に格納、防音設備を取り付けるなどといった工夫がされている。

部品: 説明と理解を行う事が大切

 変電所は馴染みのない施設であり機器も独特な物が多い。地域住民の理解を得るために建設時にはしっかりと説明を行い、変電所の大切さをアピールし、理解をもらった上で建設する事が大切である。

部品: 周辺との調和を目指す

 地域住民との理解のため、変電所の異質さをカバーする為に機器の屋内収納や目隠し用の壁、周辺の住宅などに合わせて建物などの色や外観を似せるなど調和が大事である。

部品: 常時勤務方式

 変電所の管理において、監視・制御作業は必要不可欠である。方式としては二種類の方法が採用されている。
 一つは常時監視するスタイル。変電所に技術員がつねに待機しているスタイルであり、朝から夕方、昼から夜中、夜中から朝方の三交代勤務制。一度に勤務する人数は三人以上。 

部品: 役割

 発電所から電力が送られてくる送電線を支えるのが鉄塔の役割である。数多くの送電線を繋げている為、送電線にかかる荷重を支えられるように頑丈に作られている。

部品: 高さの理由

 送電用鉄塔が高いのには理由がある。送電線と周囲の建物、環境の間を絶縁する空気の層を作る為に高く作られているのだ。

部品: 自然災害

 鉄塔はその高さ故に風の影響を受ける。特に台風時の激しい風荷重に耐えられるように設計がなされており、風の荷重と比べた場合、地震の力より大きい為、台風だけでなく地震に対しても安全性を持っているといえる。

部品: 架空地線

 最上部につけられた設備。落雷を誘導して送電線への直撃をさける避雷針の役割を持つ。他にも電波障害などを軽減する効果もある。

部品: 機能

 電柱は送電線、配電線の支持するための柱。場合によってはケーブルなどを支持する場合もある。各家庭へと安定した電力の供給にはかかせない。


部品: 材質

 電柱の材質は色々な物で作られている。木柱、コンクリート柱、鋼官柱、複合柱、鋼板組立柱などがあり、各藩国の状況や景観に合わせた物が使用されている。


部品: 避雷針としての電柱

 電柱の一番上には架空地線が張られており、電柱を守る為の設備であるが周辺の環境によっては避雷針としての役割をになっていることになる。

部品: 設置される物

 電柱は電力共有の柱としてだけではなく、街路灯や信号機、標識を設置する事があり、交通安全のサポートや地域の灯りとしての一面もある。

部品: 占有料金

 電柱の設置場所に応じて占有料金は支払われている。公道の場合は道路管理者から所定の許可(料金が発生する場合は支払う)をもらい、私有地の場合は所有者に対して料金を支払った上で場所を利用している。
 なお、電線やケーブルなど電柱利用業者が複数の場合は電柱の所有者に事前許可を取り、利用料を払わなければならない。

部品: 電柱を地中にする場合

 電柱を地中に埋めてしまう地中化がある。従来の電柱よりもコストはかかるが、電柱が交通の邪魔になったりせずスッキリする。
 いずれにせよ双方メリット、デメリットがあり、各国の状況、事情により地中化を行っている、行っていないという違いが出てくる。
 また一部の繁華街では地中化するなどの利用方法もあり、最終的な判断は各藩国に委ねられている。


部品: 海の近辺

 鉄塔には碍子と呼ばれる電線と鉄塔の間を絶縁する絶縁体がある。この碍子は特に臨海部における海塩などの付着を防ぐために連結して使用されている。

部品: 落雷に対して

 碍子が絶縁体であるとはいえ、落雷などで絶縁しきれない時には碍子についている2本の角(アークホーン)の間でアーク放電させてがいしを守り、電流を地面に逃がす構造となっている。

部品: 風と振動

 送電線には風による電線の振動を抑えるために以下のような対策をしている。
 防振装置であるダンパによる振動の吸収剤としての効果、アーマロッドで電線の補強、電線の接触を避ける相間スペーサなど。

部品: 雪を積もらせない

 雪に対する対応策としては電線に雪が付きにくくなる難着雪リング、雪の重さで電線を回転させて着雪を防ぐねじれ防止ダンパなどを使い守っている。

部品: 定期巡回

 全ての変電所は定期的に巡回を行っています。技術員が監視制御しているといっても限界があるのでメンテナンス技術者が各変電所を周り、おかしい所はないか? 変わった事はないかを聞き取り、後日そのデータを取りまとめます。
 取りまとめたデータに有用な事柄があった場合はマニュアルの更新、後日に各変電所へと申し送りを行ったりします。

部品: チェック作業

 同じ変電所で監視、制御作業をしている技術者にとっては毎日のルーチンワークとなり、油断が生じているかもしれません。メンテナンス技術員は監視制御担当者とは別に各動作チェック、スイッチのチェックなどを行い問題がないかどうか再確認します。

部品: 各警報機器の確認

 非常時に使用される機器は定期巡回の時に正常に使えるかどうか実際に動作させて確認しています。毎日の勤務で確認する事ではないので常勤の技術員ではなく、メンテナンス技術員のお仕事です。

部品: 休暇と派遣技術者

 変電所の管理において、監視・制御を担当する業務勤務委員は三交代勤務制が命じられています。休んだら他のメンバーにしわ寄せが行く環境といえるでしょう。

 定期的に完全に変電所を気にしないで休めるように技術者を派遣し、順番に休めるように勤務体制が整っています。


部品: 連休休暇申請

 変電所では休暇用の派遣技術員の勤務を調整して各常務技術員が連休休暇を申請できるように取り組んでいます。各藩国の休暇事情により実際の連休休暇日数は変化しますが、派遣技術者を雇用することにより調整ができるようにしているのです。



提出書式


 大部品: 変電所(N) RD:36 評価値:8
 -大部品: 消費施設までの電気の流れ RD:7 評価値:4
 --部品: 発電所で発電
 --部品: 送電線で送る
 --部品: 超高圧変電所
 --部品: 1次変電所
 --部品: 中間変電所
 --部品: 配電用変電所
 --部品: 柱上変圧器
 -大部品: 変電以外の役割 RD:2 評価値:1
 --部品: ブレーカー
 --部品: スイッチ
 -大部品: 形式 RD:3 評価値:2
 --部品: 屋外式の広い形式
 --部品: 屋内式で外からの影響を受けにくい変電所
 --部品: 一部を屋内に収納した形
 -部品: 避雷器
 -大部品: 周辺環境 RD:3 評価値:2
 --部品: 騒音対策はバッチリと
 --部品: 説明と理解を行う事が大切
 --部品: 周辺との調和を目指す
 -大部品: 監視・制御作業 RD:1 評価値:0
 --部品: 常時勤務方式
 -大部品: 送電用鉄塔 RD:4 評価値:3
 --部品: 役割
 --部品: 高さの理由
 --部品: 自然災害
 --部品: 架空地線
 -大部品: 電柱 RD:6 評価値:4
 --部品: 機能
 --部品: 材質
 --部品: 避雷針としての電柱
 --部品: 設置される物
 --部品: 占有料金
 --部品: 電柱を地中にする場合
 -大部品: 送電線と天候との戦い RD:4 評価値:3
 --部品: 海の近辺
 --部品: 落雷に対して
 --部品: 風と振動
 --部品: 雪を積もらせない
 -大部品: メンテナンス RD:3 評価値:2
 --部品: 定期巡回
 --部品: チェック作業
 --部品: 各警報機器の確認
 -大部品: 常務勤務員の福利厚生 RD:2 評価値:1
 --部品: 休暇と派遣技術者
 --部品: 連休休暇申請
 
 
 部品: 発電所で発電
  電気は各発電所で様々な方法で発電されます。発電所はその性質上、人里離れた場所に設置される事が多く、電気を消費する施設とは距離が離れています。
 
 部品: 送電線で送る
  発電所で作られた電力を運ぶ為の電線と周りの設備や鉄塔。発電所と消費施設までの距離は長い。それに対して電気は送る途中で熱となって逃げてしまうのでロスが発生する。それを解消する為に電圧を高くしている。そのためこのまま消費する施設へ使うには電圧が高すぎるのだ。
 
 部品: 超高圧変電所
  発電所から送電線で流れてきた高圧電流を一番最初に受け止める変電所。この時点での高圧電流では使い道がない為、電気を15.4万ボルトに変電する為の施設。
 
 部品: 1次変電所
  超電圧変電所から送電線を使って送られてきた電力を受け取りる。一部は大工場や鉄道に送る。残りの電力を6.6万ボルトへ変電すると次の変電施設へとバトンを受け渡す。変電施設を経由し、徐々に電圧を下げ、各施設に対応する電力として送り込めるようにする施設である。
 
 部品: 中間変電所
  二次変電所。流れてきた電力を今度は2.2ボルトに変電する。一部は工場へと送られ、残りは次の変電所へと向かう。変電所の種類が多いのは各施設で使用する電力が対応できる電圧がそれぞれ違う為である。同じ配線でも電圧が高い方が出力の大きい物を使えるので各施設で必要な電圧が違う為、変電所で変電していく必要がある。
 
 部品: 配電用変電所
  配電用変電所では6600ボルトへと変電した上で一部を工場や大規模事業所などに送り、残りを次の変圧器へと送る。
 
 部品: 柱上変圧器
  柱上変圧器では100ボルトまたは200ボルトに変電される。これにてようやく家庭に電気が送られる。ボルトが100と200に分かれているのは使用する電化製品によっ効率よく使い分けれるようにと変電されており、各住宅では200ボルトが使用できる単相3線式を用いられている。
 
 部品: ブレーカー
  送電線に繋がる施設に故障があった際に故障個所を瞬時に遮断し、電流の流れから故障化をを切り離すことにより、電圧低下などの影響を防ぐ役割があります。
 
 部品: スイッチ
  故障個所の遮断や各発電所の運転状況の変化による停止、保守点検による各設備の確認の為の遮断など電気の回線を切る必要がある時にその箇所を停止させた時に使う機能。遮断した場所があっても電気の流れをコントロールして別ルートから各消費施設に電気を送る事ができるようにルートを再検出する役割。
  
 
 部品: 屋外式の広い形式
  変電所の主要設備を屋外に配置し、制御機能のみを屋内に配置した変電所。他の形式と比べた場合、敷地面積を最も必要とする。
  しかし、機器が平面に配置される事からメンテナンス性に優れている。
 
 部品: 屋内式で外からの影響を受けにくい変電所
  主要設備を屋内に設置した変電所。屋内に設備を入れているので機器の搬入や設置メンテナンスが不便。しかし海の近くなどで塩外対策が必要な変電所などの場合に最適なのが屋内式である。
 
 部品: 一部を屋内に収納した形
  主要設備の一部を屋内に設置する変電所。大きく分けて変圧器のみを屋内にした騒音対策型の変電所と開閉器のみを屋内に設置した塩害対策の変電所(屋内式より建設費用が安い)の二種類がある。
 
 部品: 避雷器
  変電所に設置されている装置。雷や異常電圧がかかった時に作動する。すぐさま放電を行い、大地へと放電する。なお、異常電圧が解消した場合は異常電圧により絶縁してた部分を回復させ、停電にならないように対処する。
 
 部品: 騒音対策はバッチリと
  変電所は変圧器や冷却装置から発生する音が騒音となり、近所迷惑を起こす可能性が高い。
 
  変電所はその性質上、人里離れた場所にある物や住宅地に建設される物など様々である。近くに住宅がある場合はどは低騒音型の機器を採用したり、屋内に格納、防音設備を取り付けるなどといった工夫がされている。
 
 部品: 説明と理解を行う事が大切
  変電所は馴染みのない施設であり機器も独特な物が多い。地域住民の理解を得るために建設時にはしっかりと説明を行い、変電所の大切さをアピールし、理解をもらった上で建設する事が大切である。
 
 部品: 周辺との調和を目指す
  地域住民との理解のため、変電所の異質さをカバーする為に機器の屋内収納や目隠し用の壁、周辺の住宅などに合わせて建物などの色や外観を似せるなど調和が大事である。
 
 部品: 常時勤務方式
  変電所の管理において、監視・制御作業は必要不可欠である。方式としては二種類の方法が採用されている。
  一つは常時監視するスタイル。変電所に技術員がつねに待機しているスタイルであり、朝から夕方、昼から夜中、夜中から朝方の三交代勤務制。一度に勤務する人数は三人以上。 
 
 部品: 役割
  発電所から電力が送られてくる送電線を支えるのが鉄塔の役割である。数多くの送電線を繋げている為、送電線にかかる荷重を支えられるように頑丈に作られている。
 
 部品: 高さの理由
  送電用鉄塔が高いのには理由がある。送電線と周囲の建物、環境の間を絶縁する空気の層を作る為に高く作られているのだ。
 
 部品: 自然災害
  鉄塔はその高さ故に風の影響を受ける。特に台風時の激しい風荷重に耐えられるように設計がなされており、風の荷重と比べた場合、地震の力より大きい為、台風だけでなく地震に対しても安全性を持っているといえる。
 
 部品: 架空地線
  最上部につけられた設備。落雷を誘導して送電線への直撃をさける避雷針の役割を持つ。他にも電波障害などを軽減する効果もある。
 
 部品: 機能
  電柱は送電線、配電線の支持するための柱。場合によってはケーブルなどを支持する場合もある。各家庭へと安定した電力の供給にはかかせない。
  
 
 部品: 材質
  電柱の材質は色々な物で作られている。木柱、コンクリート柱、鋼官柱、複合柱、鋼板組立柱などがあり、各藩国の状況や景観に合わせた物が使用されている。
 
 
 部品: 避雷針としての電柱
  電柱の一番上には架空地線が張られており、電柱を守る為の設備であるが周辺の環境によっては避雷針としての役割をになっていることになる。
 
 部品: 設置される物
  電柱は電力共有の柱としてだけではなく、街路灯や信号機、標識を設置する事があり、交通安全のサポートや地域の灯りとしての一面もある。
 
 部品: 占有料金
  電柱の設置場所に応じて占有料金は支払われている。公道の場合は道路管理者から所定の許可(料金が発生する場合は支払う)をもらい、私有地の場合は所有者に対して料金を支払った上で場所を利用している。
  なお、電線やケーブルなど電柱利用業者が複数の場合は電柱の所有者に事前許可を取り、利用料を払わなければならない。
 
 部品: 電柱を地中にする場合
  電柱を地中に埋めてしまう地中化がある。従来の電柱よりもコストはかかるが、電柱が交通の邪魔になったりせずスッキリする。
  いずれにせよ双方メリット、デメリットがあり、各国の状況、事情により地中化を行っている、行っていないという違いが出てくる。
  また一部の繁華街では地中化するなどの利用方法もあり、最終的な判断は各藩国に委ねられている。
  
 
 部品: 海の近辺
  鉄塔には碍子と呼ばれる電線と鉄塔の間を絶縁する絶縁体がある。この碍子は特に臨海部における海塩などの付着を防ぐために連結して使用されている。
 
 部品: 落雷に対して
  碍子が絶縁体であるとはいえ、落雷などで絶縁しきれない時には碍子についている2本の角(アークホーン)の間でアーク放電させてがいしを守り、電流を地面に逃がす構造となっている。
 
 部品: 風と振動
  送電線には風による電線の振動を抑えるために以下のような対策をしている。
  防振装置であるダンパによる振動の吸収剤としての効果、アーマロッドで電線の補強、電線の接触を避ける相間スペーサなど。
 
 部品: 雪を積もらせない
  雪に対する対応策としては電線に雪が付きにくくなる難着雪リング、雪の重さで電線を回転させて着雪を防ぐねじれ防止ダンパなどを使い守っている。
 
 部品: 定期巡回
  全ての変電所は定期的に巡回を行っています。技術員が監視制御しているといっても限界があるのでメンテナンス技術者が各変電所を周り、おかしい所はないか? 変わった事はないかを聞き取り、後日そのデータを取りまとめます。
  取りまとめたデータに有用な事柄があった場合はマニュアルの更新、後日に各変電所へと申し送りを行ったりします。
 
 部品: チェック作業
  同じ変電所で監視、制御作業をしている技術者にとっては毎日のルーチンワークとなり、油断が生じているかもしれません。メンテナンス技術員は監視制御担当者とは別に各動作チェック、スイッチのチェックなどを行い問題がないかどうか再確認します。
 
 部品: 各警報機器の確認
  非常時に使用される機器は定期巡回の時に正常に使えるかどうか実際に動作させて確認しています。毎日の勤務で確認する事ではないので常勤の技術員ではなく、メンテナンス技術員のお仕事です。
 
 部品: 休暇と派遣技術者
  変電所の管理において、監視・制御を担当する業務勤務委員は三交代勤務制が命じられています。休んだら他のメンバーにしわ寄せが行く環境といえるでしょう。
 
  定期的に完全に変電所を気にしないで休めるように技術者を派遣し、順番に休めるように勤務体制が整っています。
 
 
 部品: 連休休暇申請
  変電所では休暇用の派遣技術員の勤務を調整して各常務技術員が連休休暇を申請できるように取り組んでいます。各藩国の休暇事情により実際の連休休暇日数は変化しますが、派遣技術者を雇用することにより調整ができるようにしているのです。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 52841,
     "title": "変電所(N)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 15:53:34.938287",
     "updated_at": "2017-08-23 15:53:34.938287",
     "character_id": 405,
     "children": [
       {
         "id": 52842,
         "title": "消費施設までの電気の流れ",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.026032",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.026032",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52843,
             "title": "発電所で発電",
             "description": " 電気は各発電所で様々な方法で発電されます。発電所はその性質上、人里離れた場所に設置される事が多く、電気を消費する施設とは距離が離れています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.029559",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.029559",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52844,
             "title": "送電線で送る",
             "description": " 発電所で作られた電力を運ぶ為の電線と周りの設備や鉄塔。発電所と消費施設までの距離は長い。それに対して電気は送る途中で熱となって逃げてしまうのでロスが発生する。それを解消する為に電圧を高くしている。そのためこのまま消費する施設へ使うには電圧が高すぎるのだ。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.352404",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.352404",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52845,
             "title": "超高圧変電所",
             "description": " 発電所から送電線で流れてきた高圧電流を一番最初に受け止める変電所。この時点での高圧電流では使い道がない為、電気を15.4万ボルトに変電する為の施設。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.407019",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.407019",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52846,
             "title": "1次変電所",
             "description": " 超電圧変電所から送電線を使って送られてきた電力を受け取りる。一部は大工場や鉄道に送る。残りの電力を6.6万ボルトへ変電すると次の変電施設へとバトンを受け渡す。変電施設を経由し、徐々に電圧を下げ、各施設に対応する電力として送り込めるようにする施設である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.448534",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.448534",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52847,
             "title": "中間変電所",
             "description": " 二次変電所。流れてきた電力を今度は2.2ボルトに変電する。一部は工場へと送られ、残りは次の変電所へと向かう。変電所の種類が多いのは各施設で使用する電力が対応できる電圧がそれぞれ違う為である。同じ配線でも電圧が高い方が出力の大きい物を使えるので各施設で必要な電圧が違う為、変電所で変電していく必要がある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.51068",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.51068",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52848,
             "title": "配電用変電所",
             "description": " 配電用変電所では6600ボルトへと変電した上で一部を工場や大規模事業所などに送り、残りを次の変圧器へと送る。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.53447",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.53447",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52849,
             "title": "柱上変圧器",
             "description": " 柱上変圧器では100ボルトまたは200ボルトに変電される。これにてようやく家庭に電気が送られる。ボルトが100と200に分かれているのは使用する電化製品によっ効率よく使い分けれるようにと変電されており、各住宅では200ボルトが使用できる単相3線式を用いられている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.551678",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.551678",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52850,
         "title": "変電以外の役割",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.599168",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.599168",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52851,
             "title": "ブレーカー",
             "description": " 送電線に繋がる施設に故障があった際に故障個所を瞬時に遮断し、電流の流れから故障化をを切り離すことにより、電圧低下などの影響を防ぐ役割があります。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.602386",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.602386",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52852,
             "title": "スイッチ",
             "description": " 故障個所の遮断や各発電所の運転状況の変化による停止、保守点検による各設備の確認の為の遮断など電気の回線を切る必要がある時にその箇所を停止させた時に使う機能。遮断した場所があっても電気の流れをコントロールして別ルートから各消費施設に電気を送る事ができるようにルートを再検出する役割。\n ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.677452",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.677452",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52853,
         "title": "形式",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.741349",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.741349",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52854,
             "title": "屋外式の広い形式",
             "description": " 変電所の主要設備を屋外に配置し、制御機能のみを屋内に配置した変電所。他の形式と比べた場合、敷地面積を最も必要とする。\n しかし、機器が平面に配置される事からメンテナンス性に優れている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.744125",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.744125",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52855,
             "title": "屋内式で外からの影響を受けにくい変電所",
             "description": " 主要設備を屋内に設置した変電所。屋内に設備を入れているので機器の搬入や設置メンテナンスが不便。しかし海の近くなどで塩外対策が必要な変電所などの場合に最適なのが屋内式である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.766898",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.766898",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52856,
             "title": "一部を屋内に収納した形",
             "description": " 主要設備の一部を屋内に設置する変電所。大きく分けて変圧器のみを屋内にした騒音対策型の変電所と開閉器のみを屋内に設置した塩害対策の変電所(屋内式より建設費用が安い)の二種類がある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.783961",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.783961",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52857,
         "title": "避雷器",
         "description": " 変電所に設置されている装置。雷や異常電圧がかかった時に作動する。すぐさま放電を行い、大地へと放電する。なお、異常電圧が解消した場合は異常電圧により絶縁してた部分を回復させ、停電にならないように対処する。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.825932",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.825932",
         "character_id": 405,
         "children": []
       },
       {
         "id": 52858,
         "title": "周辺環境",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.841658",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.841658",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52859,
             "title": "騒音対策はバッチリと",
             "description": " 変電所は変圧器や冷却装置から発生する音が騒音となり、近所迷惑を起こす可能性が高い。\n\n 変電所はその性質上、人里離れた場所にある物や住宅地に建設される物など様々である。近くに住宅がある場合はどは低騒音型の機器を採用したり、屋内に格納、防音設備を取り付けるなどといった工夫がされている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.843095",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.843095",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52860,
             "title": "説明と理解を行う事が大切",
             "description": " 変電所は馴染みのない施設であり機器も独特な物が多い。地域住民の理解を得るために建設時にはしっかりと説明を行い、変電所の大切さをアピールし、理解をもらった上で建設する事が大切である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.861023",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.861023",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52861,
             "title": "周辺との調和を目指す",
             "description": " 地域住民との理解のため、変電所の異質さをカバーする為に機器の屋内収納や目隠し用の壁、周辺の住宅などに合わせて建物などの色や外観を似せるなど調和が大事である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.879519",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.879519",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52862,
         "title": "監視・制御作業",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.91284",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.91284",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52863,
             "title": "常時勤務方式",
             "description": " 変電所の管理において、監視・制御作業は必要不可欠である。方式としては二種類の方法が採用されている。\n 一つは常時監視するスタイル。変電所に技術員がつねに待機しているスタイルであり、朝から夕方、昼から夜中、夜中から朝方の三交代勤務制。一度に勤務する人数は三人以上。 ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.914971",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.914971",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52864,
         "title": "送電用鉄塔",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:35.95581",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.95581",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52865,
             "title": "役割",
             "description": " 発電所から電力が送られてくる送電線を支えるのが鉄塔の役割である。数多くの送電線を繋げている為、送電線にかかる荷重を支えられるように頑丈に作られている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.957174",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.957174",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52866,
             "title": "高さの理由",
             "description": " 送電用鉄塔が高いのには理由がある。送電線と周囲の建物、環境の間を絶縁する空気の層を作る為に高く作られているのだ。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:35.976259",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:35.976259",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52867,
             "title": "自然災害",
             "description": " 鉄塔はその高さ故に風の影響を受ける。特に台風時の激しい風荷重に耐えられるように設計がなされており、風の荷重と比べた場合、地震の力より大きい為、台風だけでなく地震に対しても安全性を持っているといえる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.004711",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.004711",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52868,
             "title": "架空地線",
             "description": " 最上部につけられた設備。落雷を誘導して送電線への直撃をさける避雷針の役割を持つ。他にも電波障害などを軽減する効果もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.02902",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.02902",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52869,
         "title": "電柱",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:36.372137",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.372137",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52870,
             "title": "機能",
             "description": " 電柱は送電線、配電線の支持するための柱。場合によってはケーブルなどを支持する場合もある。各家庭へと安定した電力の供給にはかかせない。\n ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.373465",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.373465",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52871,
             "title": "材質",
             "description": " 電柱の材質は色々な物で作られている。木柱、コンクリート柱、鋼官柱、複合柱、鋼板組立柱などがあり、各藩国の状況や景観に合わせた物が使用されている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.408372",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.408372",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52872,
             "title": "避雷針としての電柱",
             "description": " 電柱の一番上には架空地線が張られており、電柱を守る為の設備であるが周辺の環境によっては避雷針としての役割をになっていることになる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.43122",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.43122",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52873,
             "title": "設置される物",
             "description": " 電柱は電力共有の柱としてだけではなく、街路灯や信号機、標識を設置する事があり、交通安全のサポートや地域の灯りとしての一面もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.455963",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.455963",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52874,
             "title": "占有料金",
             "description": " 電柱の設置場所に応じて占有料金は支払われている。公道の場合は道路管理者から所定の許可(料金が発生する場合は支払う)をもらい、私有地の場合は所有者に対して料金を支払った上で場所を利用している。\n なお、電線やケーブルなど電柱利用業者が複数の場合は電柱の所有者に事前許可を取り、利用料を払わなければならない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.473866",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.473866",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52875,
             "title": "電柱を地中にする場合",
             "description": " 電柱を地中に埋めてしまう地中化がある。従来の電柱よりもコストはかかるが、電柱が交通の邪魔になったりせずスッキリする。\n いずれにせよ双方メリット、デメリットがあり、各国の状況、事情により地中化を行っている、行っていないという違いが出てくる。\n また一部の繁華街では地中化するなどの利用方法もあり、最終的な判断は各藩国に委ねられている。\n ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.49467",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.49467",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52876,
         "title": "送電線と天候との戦い",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:36.538893",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.538893",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52877,
             "title": "海の近辺",
             "description": " 鉄塔には碍子と呼ばれる電線と鉄塔の間を絶縁する絶縁体がある。この碍子は特に臨海部における海塩などの付着を防ぐために連結して使用されている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.540395",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.540395",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52878,
             "title": "落雷に対して",
             "description": " 碍子が絶縁体であるとはいえ、落雷などで絶縁しきれない時には碍子についている2本の角(アークホーン)の間でアーク放電させてがいしを守り、電流を地面に逃がす構造となっている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.571952",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.571952",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52879,
             "title": "風と振動",
             "description": " 送電線には風による電線の振動を抑えるために以下のような対策をしている。\n 防振装置であるダンパによる振動の吸収剤としての効果、アーマロッドで電線の補強、電線の接触を避ける相間スペーサなど。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.60311",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.60311",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52880,
             "title": "雪を積もらせない",
             "description": " 雪に対する対応策としては電線に雪が付きにくくなる難着雪リング、雪の重さで電線を回転させて着雪を防ぐねじれ防止ダンパなどを使い守っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.639663",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.639663",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52881,
         "title": "メンテナンス",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:36.723602",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.723602",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52882,
             "title": "定期巡回",
             "description": " 全ての変電所は定期的に巡回を行っています。技術員が監視制御しているといっても限界があるのでメンテナンス技術者が各変電所を周り、おかしい所はないか? 変わった事はないかを聞き取り、後日そのデータを取りまとめます。\n 取りまとめたデータに有用な事柄があった場合はマニュアルの更新、後日に各変電所へと申し送りを行ったりします。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.729571",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.729571",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52883,
             "title": "チェック作業",
             "description": " 同じ変電所で監視、制御作業をしている技術者にとっては毎日のルーチンワークとなり、油断が生じているかもしれません。メンテナンス技術員は監視制御担当者とは別に各動作チェック、スイッチのチェックなどを行い問題がないかどうか再確認します。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.797075",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.797075",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52884,
             "title": "各警報機器の確認",
             "description": " 非常時に使用される機器は定期巡回の時に正常に使えるかどうか実際に動作させて確認しています。毎日の勤務で確認する事ではないので常勤の技術員ではなく、メンテナンス技術員のお仕事です。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:36.876906",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:36.876906",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52888,
         "title": "常務勤務員の福利厚生",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:53:37.501954",
         "updated_at": "2017-08-23 15:53:37.501954",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52889,
             "title": "休暇と派遣技術者",
             "description": " 変電所の管理において、監視・制御を担当する業務勤務委員は三交代勤務制が命じられています。休んだら他のメンバーにしわ寄せが行く環境といえるでしょう。\n\n 定期的に完全に変電所を気にしないで休めるように技術者を派遣し、順番に休めるように勤務体制が整っています。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:37.503746",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:37.503746",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52890,
             "title": "連休休暇申請",
             "description": " 変電所では休暇用の派遣技術員の勤務を調整して各常務技術員が連休休暇を申請できるように取り組んでいます。各藩国の休暇事情により実際の連休休暇日数は変化しますが、派遣技術者を雇用することにより調整ができるようにしているのです。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:53:37.524107",
             "updated_at": "2017-08-23 15:53:37.524107",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]