キャラクター

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物

主人公

精鋭部隊“首領蜂隊”に所属する戦闘機パイロット。
歴代の部隊員と同じく、首領の為に意志を殺し、忠を尽くす男。
  • メインビジュアル凪良氏によってパイロットスーツ着用姿が描かれている。

オペレーター

(CV.下田麻美)
母艦からルート指示等の管制を行う首領蜂隊所属のオペレーター。
的確で時に激を飛ばしてくれる懸命な姿と声に部隊員達からの人気も高い。

  • ハイパーLVアップのコールもしてくれるが、1レベルづつ律儀にコールするお茶目さん。
  • 公式ブログによると、本来ビジュアルが無かったものの、ロケテからのファンの声に応え、納期ギリギリで無理を言って描いてもらったようだ。
    • 声優:下田麻美氏に告げたイメージが「ボロボロの高校野球チームに声援を送るマネージャー」。

エレメントドール

パイロットと共に乗り込む第二パイロット的なアンドロイド。
火器管制を担ってくれており、人に極めて近い外観と思考パターンから高い信頼を得ている様子。

朱理

(CV.ゆかな)
高飛車で攻撃的。ベテランのエレメントドール。
自信過剰なところがあり、半端者には心を開かない厳しさを持つ。
蓄積されたデータを重要視し、“歴戦の猛者”に対して絶対的な信頼を寄せる。
  • TYPE-A担当。成熟した成人女性の体形。
    • TYPE-Aの理由は「攻撃は最大の防御」という信念からか。 事実、本作ではトップクラスの火力を持つ機体。
  • 性格も勝気な姉御肌。
    • 「ハチの巣にしてやりましょう」等、非常に攻撃的。 SかMかで言ったら間違いなくS!
    • 「やっぱり私よね?」という機体選択台詞から、主人公の実力はある程度認めており、デレている様子。
    • ドレス選択台詞は比較的落ち着いている。水着(EX強化)選択時の反応はまさに“大人の対応”。
  • 三面クリア絵ではワインを片手に佇むアダルティな雰囲気を醸し出している。
    • 背景の大佐の肖像画に食われている感のある一枚絵であるが……

(CV.喜多村英梨)
比較的新しいエレメントドール。
パイロットに意見を求めがちで自信が無く、優柔不断のように見られがちだが、
それは歴代の記録よりもパイロットの判断を優先する志向ゆえ。
  • TYPE-B担当。最も幼い少女型。
    • パイロットの意志を尊重しすぎてショット曲がりすぎです。もう少しマイルドでお願いします。
  • 台詞は全体的に気弱。
    • ……の筈が、「あなたならできます……よね?」といった台詞が悪質な煽りに聞こえてくる不思議。
      • 『応援のつもりが悪質な煽りになった』系のエピソードは稼働時期の近い原作がRPGの格ゲーでもあったような……
  • ドレスがどれも犯罪臭が凄まじい
    • 水着(EX強化)は言わずもがな。私服(L強化)はよく見ると体のラインがよくわかる。
    • じゃぁ戦闘服(S強化)はマシかと思えば二面クリア絵で衝撃の構造が明らかに。

真璃亜

(CV.能登麻美子)
主人に忠実にあるよう作られたエレメントドール。
状況を総合的に分析、パイロットの意志を促す形のサポートを志向している。
標準的・中庸であることを望む。
  • TYPE-C担当。年頃の少女型。
    • カーソル初期位置であり、公式サイトの表紙に映っていることから、メインヒロインという扱いだろうか。
  • 口数が少なく、第二のオペレーター的なポジション。
    • ドレス選択の際は饒舌。どれも面白い台詞が用意されている。
    • 水着(EX強化)時は胸のサイズが減少しているように見えるが…。

その他

???

(CV.???)
1周目を攻略すると通信に割り込んでくる存在。
  • 割り込んできた通信でシルエットが映る。
    • ……が、その直前の5面クリアCGから姿見がバレバレである。
      • ツインテールの少女型エレメントドールのようだ。
  • 彼女の発言から「もっと早く主人公が到達していれば逃げ切れなかった」とのこと。
    • ある意味、二周目突入のヒントになっている……のかもしれない。
    • 今回の事件の真相を知る貴重な証人である。
最終更新:2012年06月17日 05:52
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。