root取得後に行うこと

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


/System以下のバックアップ(要コマンドライン知識、AndroidSDKインストール)

  1. 端末をデバッグモードにて接続し、PCとUSBにて接続
    デバッグモードを有効にするには、設定→アプリケーション→開発→USBデバッグをONに。
  2. 適当なところに、フォルダ作成(例:C:\SC02Cと作ったとする)
  3. PCににて、cmd(コマンドプロンプト)
  4. cmdから、下記コマンドを実行
    adb pull /system C:\SC02C
    

これで、System以下のファイルを全てPC内SC02Cフォルダにコピー出来る。
すべてのファイルをとっておくことで対応できる事も多くなります。

CWM Recoveryを利用したフルバックアップ(要CWM Recovery導入済みカーネル)

バックアップ手順

  1. リカバリーモードに入る
  2. 「backup and restore」を選択
  3. 「Backup to Internal sdcard」を選択
  4. 終了までしばらく待つ
  5. バックアップしたファイルは、/sdcard/clockworkmod/backup/YYYY-MM-DD.hh.mm.ssディレクトリに作成されている。
    お好みで別の場所に保存する。

リストア手順

  1. リカバリーモードに入る
  2. 「backup and restore」を選択
  3. 「Restore from Internal sdcard」を選択
  4. 終了までしばらく待つ

CWM Recovery v5.0.2.6_r4を搭載したカスタムカーネルでは、
「toggle target sdcard」を選択することで、バックアップ・リストア対象を外部SDに切り替えられる。

Titanium Backup rootを利用したアプリケーションのバックアップ

略。

手動でフルバックアップ

efs.imgは絶対に持っておいた方が良い。 ※root化必須

フルバックアップ

adb shell

$ su

# cd sdcard/userdata

# mkdir backup_dump

# dd if=/dev/block/mmcblk0p1 of=/sdcard/userdata/backup_dump/efs.img bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p2 of=/sdcard/userdata/backup_dump/Sbl.bin bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p3 of=/sdcard/userdata/backup_dump/Sbl2.bin bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p4 of=/sdcard/userdata/backup_dump/param.lfs bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p5 of=/sdcard/userdata/backup_dump/zImage bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p6 of=/sdcard/userdata/backup_dump/recovery.img bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p7 of=/sdcard/userdata/backup_dump/cache.img bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p8 of=/sdcard/userdata/backup_dump/modem.bin bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p9 of=/sdcard/userdata/backup_dump/factoryfs.img bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p10 of=/sdcard/userdata/backup_dump/data.img bs=4096

# dd if=/dev/block/mmcblk0p12 of=/sdcard/userdata/backup_dump/hidden.img bs=4096

/sdcard/userdata/backup_dump/配下をPC等に待避

フルリストア

adb shell

$ su

# reboot recovery

adb shell

$ su

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/efs.img of=/dev/block/mmcblk0p1 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/Sbl.bin of=/dev/block/mmcblk0p2 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/Sbl2.bin of=/dev/block/mmcblk0p3 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/param.lfs of=/dev/block/mmcblk0p4 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/zImage of=/dev/block/mmcblk0p5 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/recovery.img of=/dev/block/mmcblk0p6 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/cache.img of=/dev/block/mmcblk0p7 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/modem.bin of=/dev/block/mmcblk0p8 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/factoryfs.img of=/dev/block/mmcblk0p9 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/data.img of=/dev/block/mmcblk0p10 bs=4096

# dd if=/sdcard/userdata/backup_dump/hidden.img of=/dev/block/mmcblk0p12 bs=4096

# reboot

最終更新:2012年03月26日 03:47
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。