※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#SEP cat /storage/sdcard0/ZooperWidget/txt/HONOKA/0$#Ds#>=00&&#Ds#<=10?(floor(random()*7))$.txt#

最初のSEPはSEXでも動作するっぽいです
/storage/sdcard0/ZooperWidget/txt/HONOKA/0に関しては人により変わるかと
最後の0もいらないかもです
秒数の指定に関してはご自由に弄っていただいて大丈夫です
後はタップで動作させるコードが見つかればいいんですけど
※txtファイルを書き出すには
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.mightyfrog.android.simplenotepad
※有料版ならForce Zooper Updateでタップしたウィジェットを更新する動作を選べるようになるから
指定したフォルダに入れている画像やtxtなどをランダムに表示するコードと組み合わせればタップで動作は可能
あとは無料版でも単純にホームを開くたびにランダムなセリフを言わせるコードもあるからそっちでもいい


詳しいやり方


1、セリフのtxtファイルを作る

これを作るのにSimple notepad(https://play.google.com/store/apps/details?id=org.mightyfrog.android.simplenotepad)を使うと便利

こんな感じで、保存をタップすると(自動で保存してくれるが、一応)、俺(情報提供者)のスマホだと
/storage/emulated/0/simplenotepad/auto_exported
に保存されてるから、好きな場所に動かす



ここでは/storage/sdcard0/ZooperWidget/txtに動かした

IZZZ9Ze.png

動かすにはファイルマネージャー系のアプリを使う。
俺はファイルマネージャー(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rhmsoft.fm)ってアプリを使ってる
新しいバージョンのAndroidだとPlayストアからダウンロードしたファイルマネージャー系のアプリは使えないから注意な。その場合はもともと入ってるFile commanderってアプリを使うと動かせる

2、txtファイルに正しく番号をつける

1,2,3,…10,11,…とつける。そうしないと後で述べるコードで場所を指定出来なくなるから

3、Zooperでセリフを言わせる

レイアウト>右上の+ボタンをタップ>リッチテキストを選択
高度なテキスト編集で以下の文章を打ち込む

#SEP
cat 【さっき移動させたtxtファイルの場所】/$#Ds#>=0&&#Ds#<=【好きな秒数】?(floor(random()*【txtファイルの総数】))$.txt#

※【】のところは自分で指定
catの前後に空白があるのを確認してください


俺の場合はこう打ち込んだ
改行みたいになってるけど、改行はしていない。

改行は絶対にしちゃだめだぞ。変になるからな



これで完成!


豆知識(って程でもないかもしれない)だが、このtxtファイルの中にZooperのタグ使うとちゃんと反映されるから、その日の天気とか言わせたり、時間帯の条件つけてセリフ言わせたり色々出来るぞ
最終更新:2015年05月08日 20:09