カードリスト > 武田家 > Ver.1.0 > 021_武田信玄

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 たけだしんげん 甲斐の虎
SR武田信玄 甲斐守護。自身を廃嫡しようとした父の信虎
を追放し、家督を継ぐ。孫子の旗を掲げ、天
下最強といわれた騎馬軍団を率い、甲斐・信
濃・駿河と勢力を拡大した。好敵手、上杉謙
信とは五度にわたり川中島で対決した。

「風林火山の旗を背に
         我が軍団は天下へ向かう」
出身地 甲斐国
コスト 3.5
兵種 騎馬隊
能力 武力10 統率11
特技 魅力
計略 風林火山 武田家の味方の武力と統率力と移動
速度と兵力が上がる。
必要士気9
Illustration : JUNNY

今の世においても甲斐の虎・戦国の巨獣・軍神・その他諸々、讃える二つ名には事欠かない、有名戦国大名の一人である。
その名が示す通り、武力・統率共に驚異的な高さを誇っている。
特に統率は11と非常に高く、適当に突撃するだけでほとんどの敵部隊を吹き飛ばしていく。
反面、コストの重さも折り紙付きで、なんと仰天の3.5コストである。
デッキ編成はかなり悩ましいが、武田家は1.5コストの層が厚いので比較的組みやすいのが救いか。

計略は武田家の味方を武力+6・統率+4・速度を40%上昇させ、兵力を35%回復する采配。
範囲は自身を中心とした横に長い長方形。
効果時間は7.5c。(以上 3.20H)

移動速度と統率が上がるので一気に戦線を押し上げられる。
味方を敵城に貼り付けてからの信玄マウントは計略の移動速度UPもあり、非常に強力である。
また兵力回復を活かして素の状態で殴りあってからの後撃ち、また守りからのカウンターでも効果が高い。
風林火山の名のごとく、様々な戦況に対応できる万能計略と言えるだろう。
(ちなみに統率依存は0.2cと低めでR初に撹乱の呪いを打たれて統率1になっても5c強は持つ)
しかし「消費士気9」と非常に高いのが難点で、闇雲に使って大した戦果が挙がらなかった場合、
士気がまるでない状態で、次の風林火山までしばらく耐えねばならなくなってしまう。
また風林火山と同時に使えるのは士気3以下の計略のみで、コンボ等は非常に狙いづらい。
さらに士気総量(25)の都合上、1試合で風林火山を使用できる回数は2回しかないため、
こちらの士気が無い時に相手の計略とぶつかっても勝ち目はほとんどない。
高統率かつ武力10を活かして乱戦で相手をまとめて押し返す、高統率騎馬ならでは突撃で弾くなど、
高いスペックを活かした時間稼ぎの立ち回りが必要となる。

総じて、スペックと計略は抜群の性能を誇るものの、本人の3.5コストと消費士気の重さに問題点が集約されているカードと言える。
大戦国などでコストや士気の潤沢な環境だと、その恩恵を強く受けてより一層の輝きを放つだろう。

Ver1.04A期には高コスト帯としては珍しく、使用率が15位前後と人気を集めていたのだが
Ver1.04Bになり大幅な弱体化(効果時間減少・兵力回復量減少)をくらい、使用率が一気に下がってしまった。
Ver1.11Dでは微強化(兵力回復量上昇)となったが初期の性能には及ばず。
Ver1.20Aでは速度上昇値減少(騎馬隊の突撃準備オーラ中は迎撃されない)、効果時間短縮(7.3c→6.7c)、統率依存上昇(0.2c→0.4c)と修正。
Ver1.20Cでは兵力回復量減少(+45%→+40%)と弱体修正され、ほとんど使われない一枚となっていた。
Ver2.00Aでは速度上昇が、Ver2.01Bでは効果時間が1C延長と少しずつ調整されている。
それでも、依然として士気9計略という重さは変わらず、プレイヤーの大局観、戦術眼が試されるカードとなっている。